世界のマネーサプライ90兆ドル


2017年7月14日(土)晴れ 馬渕さんセミナー日

・米連邦準備理事会(FRB)に続き、主要な中央銀行が2008年のリーマン危機後、
ほぼ10年にわたり続けてきた金融緩和の解除に動く。
カナダは12日、7年ぶりに利上げを決断。
英中銀も10年ぶりの金融引き締めを視野に入れ、
欧州中央銀行(ECB)やスウェーデン中銀も「緩和方向」の政策方針を中立に戻した。
「超低金利時代」が続いた金融政策は大きな転換点に差し掛かり、正常化へ向けて試練の時を迎える。
世界の通貨量(マネーサプライ)は危機前の2006年に約50兆ドル(約5650兆円)が、14年に約1.8倍の90兆ドルに達した。

・海運大手3社、日本郵船 <9101> [終値216円]商船三井 <9104> [終値353円]川崎汽船 <9107> [終値283円]
2017年4-6月期連結経常損益はそろって黒字確保。3社とも経常黒字確保するのは7四半期ぶり。
荷動きの増加で市況が底入れし、運航ルートの見直しなど合理化効果も出た。

・ソニー <6758> [終値4499円]インディーズ(独立系)楽曲をインターネット配信大手に配給する
仏音楽会社ビリーブデジタル(パリ)を400億円超で買収する最終調整に入った。
ソニーの業績は回復、収益源である音楽分野で攻めの買収に動く。

(日経1面)

・中国系5社連合は14日、シンガポールの物流施設大手、グローバル・ロジスティック・プロパティーズ(GLP)を
約160億シンガポールドル(約1兆3000億円)で買収する。
中国勢のグローバル展開が不動産分野でも鮮明に。

・2025年までに大企業の健康保険組合の4分の1は財政悪化で解散の危機に追い込まれるといった内部試算明らかに。
高齢者向け医療費を補てんするための「支援金」が急増するのが主因。
医療費抑制の議論が避けて通れない。

・米政権が検討する鉄鋼の輸入制限巡り、トランプ大統領が関税引き上げと輸入割り当てを同時に課す考え表明。
世界貿易機関(WTO)ルールの抜け穴になりかねず、各国は対抗措置検討する。
秩序なき「貿易戦争」の懸念が強まる。

・欧州自動車工業会(ACEA)14日、1-6月の欧州主要18カ国の新車販売台数(乗用車)は前年同期比3.7%増、779万3千台。
英国は減速も南欧の好調が補い、上半期ベースでは4年連続のプラスになった。

・6月の米消費者物価指数前月比横ばい。市場予測(0.1%程度の上昇)を下回る。前年同月比では1.6%上昇。

・6月の米小売売上高、前月比0.2%減。2カ月連続の減少、市場予測(0.1%程度の上昇)に反し、減少。

・携帯電話大手3社、あらゆるモノがネットにつながる「IoT」活用した農業向けサービスを海外展開へ。
米調査会社マーケッツ・アンド・マーケッツ、
先端技術使う「スマート農業」の関連市場は2016年で51億8千万ドル(約5800億円)。22年には112億ドルに拡大する見通し。

ソフトバンクグループ <9984> [終値9106円]PSソリューションズ(東京・港)は南米コロンビアで、
IoT活用しコメの生産量増やす実証実験を7月末から始める。
熟練の農家が栽培する水田のデータと組み合わせ、それぞれの農家ごとにコメの収穫量を増やすための栽培マニュアルつくる。
コロンビアの研究機関である国際熱帯農業センター(CIAT)や日立 <6501> [終値724.1円]と共同で実施。

NTTドコモ <9437> [終値2640.5円]北米やアジアで遠隔監視サービス始める。
畜産農家向けには牛の体内に体温のデータ取れるセンサー取り付け、分娩の兆候をスマホに知らせる。
稲作農家向けには水位や水温データ取得するサービス提供。データ分析し生産量や品質を維持する。
畜産向けは初期費用約35万円、月額利用料が4千円から。稲作向けは初期費用約5万円、月額約2千円から。

KDDI <9433> [終値2920.0円]グループはレタス育てる水耕栽培キット販売する。
内部のカメラで植物を監視し、スマホのアプリで給水のタイミングを知らせる。
KDDI総合研究所(埼玉県ふじみ野市)と沖縄セルラー電話 <9436> [終値3785円]が開発、
今年度中に韓国や中国、台湾でも発売する計画。

ここから【コロ朝プレミアム】
詳細はこちらまで⇒  http://info.koronoasa.com/

・放射性物質を使った核テロを防ぐため、空港の手荷物検査で核物質を検知する装置や、
結晶構造などが個々に異なっている核物質の「指紋」(特徴)をデータ登録して不正な拡散防ぐ技術を、
日本原子力研究開発機構(茨城県)開発へ。

・上院共和党13日、トランプ大統領が公約する医療保険制度改革(オバマケア)改廃に向けた法案の新たな素案発表。
素案には早くも党内から異論噴出し、先行きは不透明。

・環境省14日、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」が横浜港で700匹超見つかる。
500匹が働きアリ、さなぎと幼虫もそれぞれ100匹超確認され、女王アリもいるとみられる。

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり売り気配になる場合も
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

第三者割当

ジャパン・フード&リカ― <2538> [終値49円]4255万3200株 47円 8/1 割当先 アスラポート・ダイニング

株式分割

ライク <2462> [終値3220円]8/31  1株→2株

富士山マガジン <3138> [終値2682円]8/31  1株→2株

ファーストブラザーズ <3454> [終値1671円]8/31   1株→2株

シーティーエス <4345> [終値1430円]7/31  1株→2株

立会外分売

日宣 <6543> [終値2519円]7/21-24 3万1400株

新規公開株

銘柄  コード  市場   発行株数  公募価格 主幹事証券 注目度

7/19 ユニフォームネクスト 3566 マザ―ズ  230,000株 2,800円  野村他 注目度 B

事業内容:業務用ユニホームの通信販売

7/20 ジェイ・エス・ビー 3480  東2  518,300株 3,200円 三菱UFJ他 注目度 B

事業内容:学生向け物件を中心とした不動産賃貸管理事業、高齢者住宅事業およびその他の事業
7/20クロスフォー 7810  JQS  1,725,000株 730円 みずほ他 注目度 B

事業内容:ジュエリー・アクセサリーの開発・製造・販売

—————————————————————————————

(今日の一言)

週末の海外NY株式市場は、続伸。
ダウ工業株30種平均とS&P500種株価指数は最高値更新。
ナスダック総合指数も最高値に20ポイント弱(0.3%)に迫る。
6月の消費者物価指数(CPI)は前月比横ばい、市場予想下回り、6月の小売売上高は前月比0.2%減と、2カ月連続のマイナスに。
景気の回復が緩やかで、金利引き上げも緩やかで株式市場は好感したところも。
長期金利低下で金融株は軟調に。

アップル(+0.86%)グーグル(+0.93%)フェイスブック(+0.45%)アリババ(+1.54%)エヌビディア(+2.69%)
ネットフリックス(+1.84%)アマゾン・ドット・コム(+0.12%)バイオジェン(+0.88%)ドイツ銀(-0.91%)
ラッセル2000(+0.22%)HTG(ハイイールドファンド)(+0.28%)NBI(バイオテクノロジー株指数)(+0.05%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約53億株、過去20日間平均約67億株を下回る。

週間ベースでは、ダウは1.1%高、S&P500種指数は1.4%高と2週続伸、
ナスダック総合指数は2.6%安、2週ぶり反落で取引を終えた。

欧州株式市場の主要3指数は下落。
ギリシャ(アテネ総合)株価指数(+0.34%)、イタリア(MIB)株価指数(-0.14%)で終了。

14日の東京株式市場で日経平均株価は2日続伸。
東証株価指数(TOPIX)は3日ぶり反発。
東証1部出来高は20億4329万株、売買代金は1兆9963億円。
東証1部騰落数は値上がり1,241(61%)銘柄、値下がり635(31%)銘柄、変わらず147(7%)銘柄に。

東証マザーズは3日続落、日経ジャスダック平均は8日ぶり反落、東証2部は2日続落で終了。

週間ベースでは、日経平均株価は1.0%高、東証株価指数(TOPIX)1.1%高、ともに3週ぶり反発。
東証マザーズ指数は1.0%高、2週ぶり反発、日経ジャスダック平均は0.9%高、4週続伸(累計2.3%上昇)、
東証2部指数は0.4%高、4週続伸(同3.2%上昇)で終了。

日経平均株価は日足で見ると、アイランドリバーサルが続いています。

アイランドリバーサルとは、株価のテクニカルチャート(ケイ線、ローソク足)において、
ギャップ(窓)を空けるように株価が上(または下)にジャンプした後に再度、
下(または上)側にギャップを空けジャンプして戻る値動きをすることでき、離れ小島のように見える部分のこと。
一般に、下落トレンドからの底入れや上昇トレンドでの天井にあたる相場の転換点を示唆する動きとして捉えられることが多い。

上げきれず、かといって下落には下支えが入っているような展開が続いています。
ただ、下値は切り上がっていますので、今の状況では上げに多少優位性があるようにも見えます。
7/7の安値1万9856円を下回らないことが注目も・・・

一方マザーズ指数は週間ベースでは2週ぶり反発も、上値が重たいような絵面にもなっております。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬渕治好の世界から見た株式金融市場

【2017年後半、世界金融市場の見通し】

講師:馬渕治好 (ブーケ・ド・フルーレット代表)

2017年7月15日(土) (東京・日本橋) 14:30~16:50(開場14:15)

ビデオダウンロード(後払い)でもご覧いただけます。

詳細・お申込み⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4279
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】8月特別篇 株式セミナー

2017年7月29日(土)開催14:30~15:50(開場14:20)

ハロー貸会議室日本橋室町 相場の福の神参上

8月の相場展望と有望注目銘柄。

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

https://www.directform.info/form/f.do?id=4311
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
岡本昌巳氏VS大魔神氏 株式セミナー 恒例の大阪夏の陣 2017

『20年連続!? 8月に開催 日本で最も長く続いている大阪株式セミナー』

「秋相場、みんなで宝物を掘り出すぞ」

2017年8月19日(土)開催 14:10~15:50(開場14:00)

ビデオダウンロード(後払い可能)でもご覧いただけます。

詳細・お申込み⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4292
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して朝8時前後に
配信しております。
ディトレード、スイングトレードの種があなたのピックアップを
待っております。
詳細はこちらまで⇒  http://info.koronoasa.com/

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

週末の【銘柄研究】の検証(2017.6.11)です。
http://blog.livedoor.jp/kabucoro/archives/52086168.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝プレミアム】価格改定のお知らせ
現行1カ月2940円(税込み)1ヵ年29400円(同)
http://www.koronoasa.com/?p=38228
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝NEWS】をメール(無料)にてお届けいたします。
https://www.directform.info/form/f.do?id=308
『コロ朝メールマガジン登録』で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。
また株式・債券等の有価証券の投資には<<手数料等およびリスクについて>>
記載したとおり、株価・債券価格等の有価証券価格等の下落や
発行者の信用状況の悪化等により、投資元本を割り込むおそれがあります。
銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様自身の判断で行なうようにお願いいたします。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
———————————————————————–