人民元が急落


2018年6月30日(土)晴れ 福の神セミナー開催

・働き方改革関連法が29日の参院本会議で可決、成立。
企業はIT(情報技術)使った業務の効率化急ぐ。
帝人 <3401> [終値2032円]やJFEスチール <5411> [終値2096.0円]は
定型の事務作業自動化するソフト「RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)」の導入推進。
単純な作業は機会にまかせ、不必要な残業はしない。

・政府、米国を除く環太平洋経済連携協定(TPP)参加11カ国の新協定「TPP11」の関連法が
29日の参院本会議で可決・成立したのを受け、TPP加盟国の拡大に向け働きかけ強める。

・上場企業の役員報酬で「1億円プレーヤー」が増加。
2018年3月期に1億円以上の報酬を得た役員の人数は前の期比15%増、538人と初めて500人超。

・株式市場の取引量が落ち込む。
東京証券取引所第1部の売買高は1~6月に1日当たり15億株強と前年同期比で2割減、
年前半としては2004年以来、14年ぶりの低水準。
米国の政策金利の引き上げ続き、中国や欧州との貿易摩擦も歯止めがかかる兆しが見えず。
先行きが不透明だとして投資家は取引を手控える動き強めている。

・中国の通貨人民元が急落。
上海外国為替市場の29日終値は1ドル=6.6246元と昨年11月以来、7カ月ぶりの元安・ドル高水準。
6月の月間下落率は3%を超え、人民元の切り下げがあった15年8月の2.7%を上回った。
米国の利上げと中国経済の減速に加え、米中の貿易摩擦が響く。

・北朝鮮の非核化の具体策話し合う米朝高官協議の日程がずれ込む。
トランプ米大統領が6月下旬開催を目指すとしていた当初の予定は7月上旬以降になる見通し。
ポンペオ国務長官による3回目の訪朝案浮上も。
早期の非核化の先行きは一段と不透明感が増す。

・内閣府29日、6月の消費動向調査、消費者心理示す消費者態度指数(2人以上世帯)43.7と前月比0.1ポイント低下。
2カ月ぶりに前月下回る。ガソリン価格や電気料金などの上昇が心理の悪化につながる。

・米商務省29日、5月の個人消費支出(PCE)統計、米連邦準備理事会(FRB)重視するPCE物価指数、前年同月比2.3%上昇。
伸び率前月比0.3ポイント拡大、6年2カ月ぶりの大きさに。利上げペースの加速論後押ししそう。

・高速道路6社による2018年度の道路整備事業で、05年の民営化以降初めて修繕更新費用が新規建設費用上回る見通しに。
開通から50年近く経過した路線が増え老朽化対策急務になる。
各社は今後、修繕更新に比重映していく方針。

・日立化成 <4217> [終値2235円]29日、
ビルや工場で使うバックアップ電源用鉛蓄電池で、顧客と取り決めた品質検査のデータを改ざんしていたと発表。
不正は少なくとも2011年4月から18年6月まで7年以上続き、約6万台を500社程度に納入。

・サッカーワールドカップ(W杯)ロシア大会、日本16強。2大会ぶり3度目の決勝トーナメント進出。
アジア勢5チームで16強入りは日本のみ。
7/2午後9時(日本時間3日午前3時)から、G組1位ベルギーと対戦。

・NEC <6701> [終値3040円]29日、10月末から希望退職募集へ。
募集人数定めず。45歳以上かつ勤続5年以上の間接部門などのグループ従業員が対象。

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

公募・売り出し価格

ジェイ・エス・ビー <3480> [終値6680円]公募20万株 売り出し37万株

シャープ <6753> [終値2700円]公募中止

MTG <7806> [IPO]5800円

TOB(公開市場買い付け)

DCMHD <3050> [終値1038円]買い手自社 買い付け価格 996円 期間 7/2~20

新規公開株

上場日     銘柄  コード  市場   発行株数  公募価格  主幹事証券 注目度

2018/7/4 ロジザード 4391 / マザ  公開株数 954,500  公開価格 900円 引受証券 野村他  注目度 B
事業内容:在庫管理システムのクラウドサービスによる提供

2018/7/5 キャンディル 1446  マザ 公開株数 1,322,500 公開価格 1,180円 引受証券 野村他 注目度 B
事業内容:建築サービス関連事業(リペアサービス、住環境向け建築サービス、商環境向け建築サービス、商材販売)

—————————————————————————————

(今日の一言)

週末の海外NY株式市場は、小幅高で2営業日続伸。
ハイテク、一般消費財が底堅く、原油価格上昇を好感したエネルギー株がけん引。

アップル(-0.21%)グーグル(+0.13%)フェイスブック(-0.97%)アリババ(-1.51%)エヌビディア(-1.64%)
ネットフリックス(-1.01%)アマゾン・ドット・コム(-0.10%)バイオジェン(+052%)バークシャー(-0.24%)
ラッセル2000(-0.12%)HTG(ハイイールドファンド)(-0.23%)NBI(バイオテクノロジー株指数)(+1.66%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約71.6億株、過去20日間平均約72.8億株を下回る。

週間ベースでは、ダウは1.3%安、3週続落(累計4.1%下落)
ナスダック総合指数は2.4%安、2週続落(同3.0%下落)S&P500種指数は1.3%安、2週続落(同2.2%下落)で取引を終えた。

月間ベースでは、ダウは0.6%安、3カ月ぶりに下落。
ナスダック総合指数は0.9%高、3カ月続伸(累計6.3%上昇)S&P500種指数は0.5%高、3カ月続伸(同2.9%上昇)で終了。

欧州株式市場の主要3指数は2営業日ぶり反発。
貿易摩擦巡る懸念は後退、中国政府が対中投資に関する規制緩和を好感。
テクノロジー株が持ち直し、鉱業株や銀行株も上昇。
ギリシャ(アテネ総合)株価指数(+1.28%)、イタリア(MIB)株価指数(+0.90%)と上昇。

29日の東京株式市場で日経平均(+0.15%)は3日ぶり反発。
東証株価指数(TOPIX)(+0.23%)も4日ぶり反発。

東証マザーズ(+2.14%)は3日ぶり反発、日経ジャスダック平均(+0.43%)、東証2部(+0.52%)は2日ぶり反発で終了。

東証1部出来高は12億8824万株、売買代金は2兆2986億円。
東証1部騰落数は値上がり1,167(55%)銘柄、値下がり829(39%)銘柄、変わらず96(4%)銘柄に。

業種別ランキングでは22業種上昇、11業種下落に。
値上がり上位は、医薬品、繊維、非鉄、輸送用機器、食料品、その他製品、鉄鋼、銀行、・・・
値下がり上位は、石油石炭、パルプ・紙、陸運、海運、倉庫運輸、水産・農林、保険・・・

東証1部値上がり上位は、シャープ <6753> [現在2700円 +356円]エボラブルアジア <6191> [現在2654円 +271円]
ジーンズメイト <7448> [現在706円 +56円]シグマクシス <6088> [現在1331円 +95円]

値下がり上位は、値日本海洋掘削 <1606> [現在59円 -10円]ヒマラヤ <7514> [現在1059円 -160円]
二ホンフラッシュ <7820> [現在2593円 -295円]USEN-NEXT <9418> [現在1233円 -118円]

三菱UFJ <8306> [現在631.1円 +0.9円]みずほ <8411> [現在186.5円 +0.6円]
三井住友 <8316> [現在4306円 +11円]
野村 <8604> [現在538.2円 +3.7円]大和 <8601> [現在643.3円 +10.3円]
ソフトバンク <9984> [現在7973円 +131円]トヨタ <7203> [現在7170円 +54円]

週間ベースでは、日経平均株価は0.9%安、東証株価指数(TOPIX)0.8%安、ともに2週続落。
東証マザーズ指数は1.4%安、日経ジャスダック平均は1.5%安、東証2部指数は1.3%安、それぞれ2週続落で終了。

月間ベースでは、日経平均株価は0.5%高、2カ月ぶりの反発東証株価指数(TOPIX)0.9%安、2カ月続落。
東証マザーズ指数は4.0%安、5カ月続落(累計17.0%下落)
日経ジャスダック平均は2.0%安、5カ月続落(同9.0%下落)東証2部指数は1.3%高、2カ月続伸で終了。

続きの個別銘柄等は【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

週末は【銘柄研究】配信中⇒ http://www.koronoasa.com/info/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
明日にはビデオでご覧いただけます!!

お席もまだございまっせ!!

7月特別篇 藤本誠之氏登壇(東京・茅場町駅前)

2018年6月30日(土)開催14:30~16:50(開場14:15)

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

ハロー貸会議室茅場町駅前 相場の福の神参上

7月の相場展望と有望注目銘柄。

お申し込み・詳細は⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4529
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】坂本彰氏 独演会(東京・八重洲)

2018年7月14日(土)14:30~16:50開催(開場 14:15)

「株で成功するための投資ノウハウ&有望株情報」

現物投資のみで億利人達成できます!!

ビデオダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4528
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式投資セミナー 大魔神氏&アポロ氏 2018年 7月

2018年7月21日(土)14:20~16:50 開催(開場 14:10)

『2018年夏は大相場も 波乱含みながら面白い!!』

チャート分析は一生ものです!!

ビデオダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細は⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4543
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。
また株式・債券等の有価証券の投資には<<手数料等およびリスクについて>>
記載したとおり、株価・債券価格等の有価証券価格等の下落や
発行者の信用状況の悪化等により、投資元本を割り込むおそれがあります。
銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様自身の判断で行なうようにお願いいたします。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから