カジノ法案成立


2018年7月21日(土)晴れのち曇り 大魔神氏&APORO氏セミナー

・日本企業が世界のM&A(合併・買収)市場で存在感強めている。
2018年1~6月の海外企業をターゲットにしたM&Aは1122億ドル(約12.7兆円)と過去最高、欧州勢を上回る。
割高な案件も目立つようになり、M&A戦略の巧拙が厳しく問われる時代になってきた。
調査会社ディールロジック、18年1~6月の日米欧企業による海外M&A(公表ベース)は合計3816億ドル。
内訳は米国勢が1751億ドルでシェア46%占める。日本は1122億ドル、29%で、欧州勢(941億ドル 25%)を超えた。

・安倍晋三首相20日夜、9月の自民党総裁選への対応について
「(西日本豪雨)災害対応に全力を尽くさなければならない。この夏、せみ時雨を聞きながら、よく考えていきたい」と
述べ、8月に正式に出馬表明する意向示す。

・カジノを含む統合型リゾート(IR)実施法案が20日夜参院本会議で、自民、公明両党などの賛成多数で可決、成立。
同法はIRの施設数を当面全国で3カ所までとし、日本人や日本に住む外国人が払うカジノの入場料を1日当たり6000円に。
ギャンブル依存症対策として、日本人客の入場回数は「週3回かつ月10回」までに限る。
入場回数はマイナンバーカードで管理。カジノの面積はIR施設全体の延べ床面積の3%まで。
カジノ事業者は収益の30%を国や自治体に納めなければならない。

・日本の太陽光パネルメーカーが新たな荒波に直面する。
中国政府の政策転換や米国の保護主義背景に、安いパネルが日本に流れ込む。
国内勢は2017年に初めて海外勢に国内シェア首位明け渡したが、反転攻勢の糸口は見えず。

・トランプ米大統領が米連邦準備理事会(FRB)の利上げ路線とドル高の再燃に公然と不満を表明。
米大統領による金融政策批判は極めて異例。
封印してきた低金利・通貨安志向を表面化させ、
20日にも改めて通商問題で対立する中国と欧州を名指しして「通貨安誘導」を批判した。
唐突に発表したロシアプーチン大統領の訪米要請も波紋広げ、経済・外交両面で独断専行の危うさが強まっている。

・20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議をアルゼンチンで開く。
焦点は米国発の貿易戦争だが、中国や欧州連合(EU)などの反発は強く、解決の糸口はみえない。
新興国の市場安定策も急務に。

・韓国銀行(中央銀行)20日、2017年の北朝鮮の実質国内総生産(GDP)が前年比3.5%減、2年ぶりにマイナス成長に転落。
鉱業や製造業の生産の大幅減が響く。国際社会による経済制裁が直撃した格好。

・東証投資主体別売買動向(週間)7月第2週、外国人4週ぶり買い越し(3248億円)
個人4週ぶり売り越し(2458億円)信託銀行、4週ぶり売り越し(21億円)

・ジャスダック投資主体別売買動向(週間)、7月第2週
外国人2週ぶり売り越し(94.53億円)、個人2週ぶり買い越し(40.18億円)

・総務省20日、6月の全国消費者物価指数、前年同月比0.8%上昇、101.0に。
伸び率は5月の0.7%から拡大し4カ月ぶりに前月を上回った。エネルギー以外の伸びは引き続き弱い。
日銀 <8301> [終値43000円]30、31日に開く金融政策決定会合で2018年度以降の物価見通し下方修正へ。

週末の【銘柄研究】【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年7/12)
http://www.koronoasa.com/?p=42837

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

公募・売り出し価格

日本再生可能エネルギーインフラ投資法人 <9283> [終値108500円]2万4167口

新規公開株

銘柄  コード  市場   発行株数  公募価格  主幹事証券 注目度

2018/7/23 マネジメントソリューションズ 2018/7/23 7033  マザ-ズ  公開株数 517,500 公開価格 2,100円 引受証券 みずほ

他 注目度 B
事業内容:マネジメントコンサルティング、プロジェクトマネジメント実行支援、マネジメントトレーニング

2018/7/24 バンク・オブ・イノベーション 4393  マザ-ズ 公開株数 265,000 公開価格 960円 引受証券 大和他 注目度 B
事業内容:スマートフォンゲームアプリの開発・運営

2018/7/25 GA technologies 3491  マザ-ズ  公開株数 600,000 公開価格 2,510円 引受証券 SBI他  注目

度B
事業内容:中古不動産流通プラットフォーム「リノシー」の開発・運営、プラットフォームを通じた
中古不動産売買仲介およびリノベーションの企画・設計・施工

2018/7/26 エクスモーション 4394  マザ-ズ  公開株数 418,600 公開価格 3,340円 引受証券 SBI他 注目度 B
事業内容:システムおよびソフトウエアに対するテクニカルコンサルティングおよびエデュケーションサービス

2018/7/26  アクリート  4395  マザ-ズ  公開株数 1,058,000 公開価格 770円 引受証券 日興他  注目度 B
事業内容:個人認証、マーケティング、コミュニケーションなどを目的とした
企業から個人向けSMS(ショートメッセージ)配信サービス事業

2018/7/27 プロレド・パートナーズ 7034  マザ-ズ 公開株数 713,000  公開価格 4,250円 引受証券 みずほ他 注目度 B
事業内容:成果報酬型の経営コンサルティングの提供

—————————————————————————————

(今日の一言)

週末の海外NY株式市場は、ほぼ横ばいながらも小幅下落。
好決算と貿易摩擦拡大懸念との綱引きとなっているようだと。
「貿易摩擦を巡っては、今後世界的な景気後退(リセッション)に発展するか、
交渉を目的としたパフォーマンスに過ぎないか、見方が分かれている」との声も。

企業決算は、S&P500社中、87社が発表、約84%が市場予想上回っていると。

アップル(-0.23%)グーグル(-0.17%)フェイスブック(+0.89%)アリババ(-0.05%)エヌビディア(-0.45%)
ネットフリックス(-0.87%)アマゾン・ドット・コム(+0.04%)バイオジェン(+0.17%)バークシャー(-0.36%)
ラッセル2000(-0.26%)HTG(ハイイールドファンド)(+0.05%)NBI(バイオテクノロジー株指数)(-0.14%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約60億株、過去20日間平均約64.2億株を下回る。

週間ベースでは、ダウは0.2%高、3週続伸(累計3.2%上昇)、
ナスダック総合指数は0.1%安、3週ぶり小反落、S&P500種指数は0.0%高、3週続伸(同3.1%上昇)で取引を終えた。

欧州株式市場の主要3指数はそろって下落。
独DAX指数は2営業日続落で下落率も1%弱となった。
貿易摩擦懸念から自動車銘柄の下落が目立った。
ギリシャ(アテネ総合)株価指数(-1.60%)、イタリア(MIB)株価指数(-0.41%)と下落。

週末20日の東京株式市場で日経平均(-0.29%)は2日続落。
東証株価指数(TOPIX)( -0.26%)も2日続落。

東証マザーズ(+0.31%)は2日ぶり反発、
日経ジャスダック平均(-0.10%)は2日続落、東証2部( -0.07%)は5日ぶり反落で終了。

週間ベースでは、日経平均株価は0.4%高、東証株価指数(TOPIX)0.9%高、ともに2週続伸。
東証マザーズ指数は0.1%高、日経ジャスダック平均は0.3%高、東証2部指数は0.4%高、それぞれ2週続伸で終了。

東証1部出来高は12億6202万株、売買代金は2兆3975億円。
東証1部騰落数は値上がり672(31%)銘柄、値下がり1,342(63%)銘柄、変わらず89(4%)銘柄に。

業種別ランキングでは11業種上昇、22業種下落に。
値上がり上位は、食料品、石油石炭、空運、電気・ガス、陸運、医薬品、繊維、・・・
値下がり上位は、非鉄、海運、ゴム、鉄鋼、保険、卸売業、証券商品、金属、機械、・・・

東証1部値上がり上位は、レノバ <9519> [現在2111円 +242円]エラン <6099> [現在2986円 +324円]
インターアクション <7725> [現在1366円 +138円]サニックス <4651> [現在311円 +25円]

値下がり上位は、ゲンキードラッグ <9267> [現在3870円 -480円]Olympic <8289> [現在1085円 -126円]
アイビーシー <3920> [現在2167円 -214円]レッグス <4286> [現在1060円 -90円]

バイオ関連が個別にいくつか物色されて、新興市場の復調の兆しとも言えますね・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式投資セミナー 大魔神氏&アポロ氏 2018年 7月

2018年7月21日(土)14:20~16:50 開催(開場 14:10)

『2018年夏は大相場も 波乱含みながら面白い!!』

チャート分析は一生ものです!!

ビデオダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細は⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4543
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】8月特別篇 藤本誠之氏登壇(東京・茅場町駅前)

2018年8月4日(土)開催14:30~16:50(開場 14:15)

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

8月の相場展望と有望注目銘柄。

お申し込み・詳細は⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4546
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式セミナー 岡本昌巳VS大魔神 大阪・夏の陣 2018(大阪・新大阪)

2018年8月18日(土)13:30~16:00開催(開場 13:15)

『20年連続!? 8月に開催 日本で最も長く続いている大阪株式セミナー』

「秋相場、みんなで宝物を掘り出すぞ」

新大阪 東口 丸ビル 新館 300号(35名限定)

ビデオダウンロードでもご覧いただけます。

お申し込み・詳細は⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4547
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
坂本慎太郎(Bコミ)氏 独演会 (東京・日本橋室町)

2018年8月25日(土)14:20~16:50 (開場14:10)

『2018年終盤の市場動向、決算発表から読みとれること』

有望個別材料株と投資タイミング

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細は⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4561
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して朝8時前後に
配信しております。
ディトレード、スイングトレードの種があなたのピックアップを
待っております。
詳細はこちらまで⇒ http://www.koronoasa.com/info/

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年7/12)
http://www.koronoasa.com/?p=42837
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝NEWS】をメール(無料)にてお届けいたします。
https://www.directform.info/form/f.do?id=308
『コロ朝メールマガジン登録』で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。
また株式・債券等の有価証券の投資には<<手数料等およびリスクについて>>
記載したとおり、株価・債券価格等の有価証券価格等の下落や
発行者の信用状況の悪化等により、投資元本を割り込むおそれがあります。
銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様自身の判断で行なうようにお願いいたします。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから