米3指数とも3%超下落


2018年12月5日(水)曇りのち晴れ

・政府は老朽化した重要インフラを補修するため、2018年度から20年度までの3年間で3兆円超投じる方針へ。
年末に決める19年度予算案では1兆円程度計上する。
当初予算ベースの公共事業関係費は前年度比最大で2割増の7兆円規模と、10年ぶりの高水準に。

・2018年ヒット商品番付
東の横綱 安室奈美恵 西の横綱 サブスクリプション(製品やサービスなどの一定期間の利用に対し、代金支払う方式)
張出大関:羽生結弦 大坂なおみ 関脇:キリンビール「本麒麟」ゾゾスーツ
小結:Vチューバ― eスポーツ 前頭:U.S.A カメラを止めるな 日本橋高島屋S.C 東京ミッドタウン日比谷

・日産自 <7201> [終値994.6円]元会長カルロス・ゴーン容疑者(64)の報酬過少記載事件で、東京地検再逮捕へ。
2016年3月期~18年3月期の先送り報酬計約40億円過少記載の疑い。

・経済協力開発機構(OECD)の景気先行指数はすでにピークアウトしており、世界的な景気減速の影は濃くなっている。
日本にとっては、貿易戦争の逆風受ける中国景気の影響が焦点。
日本経済は世界景気との連動性が高まっている。
内閣府によると世界の国内総生産(GDP)が1%増えると日本のGDPは0.31%増える。06年時点では押し上げ効果は0.08%。

・原油価格が乱高下。口先介入と予測不能の政策を繰り返すトランプ米大統領が相場を振り回し、
国際指標の先物価格は足元で10月の高値から約3割下落。
政治要因で乱高下する原油価格は、投機マネーによってさらに値動きが増幅されやすくもなる。
安定を欠く価格は石油会社の開発投資に過剰と過少の両面のリスクをもたらす。

・文部科学省の生命倫理・安全部会は4日、
狙った遺伝子を効率よく改変できる「ゲノム編集」を人の受精卵に施す研究について指針案了承。
不妊治療などの基礎研究に限って認め、人の子宮や動物の子宮に戻し、妊娠、誕生させることは禁止。

・政府や三菱重工 <7011> [終値4324円]などの官民連合がトルコの原子力発電所の建設計画を断念する。
福島第1原発事故機に安全対策コストが跳ね上がり、官民一体で進めてきた原発輸出は袋小路に入った。
日本の原発事業を支える技術力の維持に黄信号がともる。

・日本政府内で2019年5~6月にトランプ米大統領が2度来日する案浮上。
6月末に大阪で開く20カ国・地域(G20)首脳会議に加え、それに先立ち国賓として招く構想。
国賓待遇なら新天皇と会見も。

・自動車税を引き下げるための財源として、エコカー減税を縮小する案、
車検時の免税を電気自動車(EV)やプラグインハイブリッド車(PHV)などに絞る。

・買い物や飲食の支払いに現金を使わないキャッシュレス化進める機運が急速に高まっている。
業種問わず新規参入やサービスの拡大が相次ぐ。
決済データの蓄積は人工知能(AI)を賢くし「第4次産業革命」の肝になるだけに、
政府もキャッシュレス化に成長戦略の柱に据える。
ヤフー <4689> [終値323円]とソフトバンクグループ <9984> [終値9505円]の共同出資会社で
QRコードやバーコード使ったスマートフォン(スマホ)決済手掛けるペイペイ(東京・千代田)4日から、
利用料金の2割を消費者に還元する大規模キャンペーン開始。
キャンペーン初日で購入者が集中、アプリが起動しづらいシステム障害も。
ペイペイの狙いは加盟店からの手数料収入ではなく、
スマホ決済を顧客のネットとリアルのデータを集めるインフラにすること。
中山一郎社長「ペイペイの基盤を生かし、ネット広告、ニュースなどのサービスを上乗せする。
個人に最適な情報を配信でき、収益にもつながる。」と意気込む。

・4日の東京株式市場で日経平均株価は前日比538円71銭(2%)安、2万2036円5銭と大幅反落。
米長期金利が節目の3%を下回り、米国の景気減速が意識された。
米中首脳会談を材料に日経平均は前日までに7日間で1000円以上上昇、目先の利益確定する動きが優勢に。

・オリックス <8591> [終値1792.0円]酪農関連機器を輸入するコーンズ・エージー(北海道恵庭市)を買収する。
買収総額約400億円規模。同社は人手をかけずに乳牛の乳を自動で搾れる搾乳ロボットで、国内シェア7割。

・米債券市場で期間の長い金利が短い金利を下回る「長短逆転(逆イールド)」が起き始めた。
3日は5年物国債の利回りが2年債を11年ぶりに下回る。
注目される10年債と2年債の差も急縮小している。
米利上げの打ち止め観測が強まり、米景気の先行きにも警戒感が芽生えているため。
長短逆転は景気後退の予兆とされ、米金利の動向に関心集まる。
10年債利回りが2.97%に低下(債券価格は上昇)、
5年債利回り2.81%と横ばい、2年債利回りは2.82%と前週末比0.03%上昇。

・フランスフィリップ首相は4日、2019年1月予定していた燃料税の引き上げを6カ月延期へ。
仏政権への抗議デモの沈静化が狙いで、マクロン大統領が初めて自身の改革で大幅譲歩。

・欧州連合(EU)3日、EU域内の電子商取引巡り、顧客の住む国によって販売制限することを禁じる新法施行した。
EUの消費者がインターネット上で家電製品を購入したり、レンタカーを予約したりする場合、
どの加盟国のウエブサイトでも、その国の住民と同じ条件で買い物できる環境整える。
欧州のデジタル市場の統合を進めるのが狙い。

・欧州連合(EU)4日、財務相理事会で、米グーグルなどIT(情報技術)分野の大企業を主な対象とする
「デジタルサービス税」を協議したが、目標としていた年内合意を断念。

・南アフリカ政府統計局4日、2018年7-9月期の実質国内総生産(GDP)が前期比2.2%増。事前予想は1.6%増。
2四半期連続のマイナスの景気後退局面から脱し、プラス成長に転換。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年9/11)
http://www.koronoasa.com/?p=43479

新規【コロ朝プレミアム】割引キャンペーン
http://www.koronoasa.com/?p=43993

・日本の朝鮮半島統治下で徴用工だったと主張する韓国人らが起こし、
韓国最高裁が新日鉄住金 <5401> [終値2060.5円]に賠償命じた訴訟の原告代理人らが4日、
東京都内の新日鉄住金本社を訪れ、賠償方法などに関する協議申し入れる要請書手渡す。
24日までに同社から回答が無ければ、年内に韓国内の資産の差し押さえ手続きに入る考え明らかに。

・音楽ライブやスポーツイベントのチケットの高額転売を規制する法案が4日の衆院本会議で全会一致で可決され、衆院通過。
衆院審議を経て今国会で成立する見通し。「チケット転売を法規制するのが最善の策」と。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

新規【コロ朝プレミアム】割引キャンペーン(12/10まで)
http://www.koronoasa.com/?p=43993

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

公募・売り出し価格

アルテリア・ネットワークス <4423> [IPO]1250円

TOB(公開市場買い付け)

イオンディライト <9787> [終値3970円]買い手自社 買い付け価格 3669円 期間 12/5~2019年1/8

—————————————————————————————

(今日の一言)

海外NY株式市場は、急落。
3指数とも下落率が3%超となる大幅安。
米国債利回り下落を受け景気への懸念台頭、貿易摩擦を巡る懸念も再燃。
過去50年の米リセッション(景気後退)の前にはいずれも2年債が10年債利回りを下回る現象が見られたことから、
市場は警戒感強める。

今夜はブッシュ元大統領の追悼で、米国株式市場は休場となります。

アップル(-4.40%)グーグル(-5.03%)フェイスブック(-2.24%)アリババ(-3.30%)エヌビディア(-7.60%)
ネットフリックス(-5.16%)アマゾン・ドット・コム(-5.87%)バイオジェン(-2.85%)バークシャー(-4.84%)
ラッセル2000(-4.40%)HTG(ハイイールドファンド)(-0.62%)NBI(バイオテクノロジー株指数)(-3.52%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約90億株、過去20日間平均約77億株を上回る。

欧州株式市場の主要3指数は2営業日ぶり反落。
ギリシャ(アテネ総合)株価指数(-0.42%)、イタリア(MIB)株価指数(-1.37%)と下落。

4日の東京株式市場で日経平均(-2.39%)は8日ぶり大幅反落。
東証株価指数(TOPIX)(-2.36%)も8日ぶり反落。

明確な大幅安の理由が見当たらないようなところも・・・・
米景気の先行きに警戒感から、世界の景気減速を先どる動きと言う声も・・・

東証マザーズ(-1.48%)、日経ジャスダック平均(-0.28%)は8日ぶり反落、東証2部(-0.98%)は2日ぶり反落で終了。

東証1部出来高は15億5187万株、売買代金は2兆7343億円。
東証1部騰落数は値上がり125(5%)銘柄、値下がり1,960(92%)銘柄、変わらず34(1%)銘柄に。

業種別ランキングでは全業種下落に。
値下がり上位は、海運、石油石炭、建設、ガラス土石、その他製品、その他金融、サービス業、・・・

東証1部値上がり上位は、トリケミカル <4369> [現在600円 +840円]ティーライフ <3172> [現在1128円 +150円]
グレイステクノロジー <6541> [現在2491円 +242円]アトラ <6029> [現在559円 +28円]

値下がり上位は、DLE <3686> [現在280円 -43円]IDOM <7599> [現在518円 -72円]
gumi <3903> [現在685円 -79円]川崎汽船 <9107> [現在1515円 -169円]

3メガバンク三菱UFJ <8306> [現在616.3円 -13.7円]みずほ <8411> [現在185.9円 -2.6円]
三井住友 <8316> [現在4099円 -115円]

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年9/11)
http://www.koronoasa.com/?p=43479

続きの個別銘柄等は【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

米国株式市場の大幅急落も『機械』の仕業も・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】櫻井英明氏新春特別独演会(東京・日本橋室町)

2019年1月5日(土)14:30~16:50(開場14:15)

『2019年株式劇場 初め良ければ総て良し!!』

亥年の相場展望と有力注目銘柄の解説をたっぷり!!

ハロー貸会議室日本橋・室町

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-11-5 イーストンビル 3F

セミナー翌日にビデオダウンロードでご覧いただけます

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4659
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】新年特別篇 藤本誠之氏登壇(東京・茅場町駅前)

2019年1月12日(土)開催14:20~16:50(開場 14:10)

ハロー貸会議室茅場町駅前 相場の福の神参上

「相場の福の神」1月もベストパフォーマンスです。

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

2019年1月の相場展望と有望注目銘柄。

お申し込み・詳細は⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4667
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して朝8時前後に
配信しております。
ディトレード、スイングトレードの種があなたのピックアップを
待っております。
詳細はこちらまで⇒ http://www.koronoasa.com/info/

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年9/11)
http://www.koronoasa.com/?p=43479
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝NEWS】をメール(無料)にてお届けいたします。
https://www.directform.info/form/f.do?id=308
『コロ朝メールマガジン登録』で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ヘッジファンド運用助言会社の
ミョウジョウ・アセット・マネジメント
インターネットを通じた新サービスを開始。
http://www.myojoam.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。
また株式・債券等の有価証券の投資には<<手数料等およびリスクについて>>
記載したとおり、株価・債券価格等の有価証券価格等の下落や
発行者の信用状況の悪化等により、投資元本を割り込むおそれがあります。
銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様自身の判断で行なうようにお願いいたします。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから