シャイヤー買収 株主の承認


2018年12月6日(木)冷たい雨 米国株式市場休場

・金融庁は上場企業に役員報酬の決め方を開示するよう義務付け。
業績によって変わる業績連動報酬が総額に占める割合や、どの指標に基づいて算出するかなどのルールを公開へ。

・武田薬品 <4502> [終値4240円]アイルランド製薬大手シャイヤーは5日、
それぞれ臨時株主総会を開き、武田によるシャイヤー買収につい株主の承認得た。
買収総額460億ポンド(約6兆6000億円)と日本企業で過去最高額。
売上高世界8位のお日本発メガファーマ(巨大製薬会社)誕生。
2019年1月にも買収手続きを完了させる。買収の対価は現金約3兆円と4兆円相当の新株で賄う。現金は借り入れなどで調達。
買収後の純有利子負債は5兆4000億円と、18年3月末時点の約8倍となり財務リスクは膨らむ。

・中国の名門校、清華大が日本のスタートアップ企業支援へ。
人工知能(AI)やロボットの技術発掘し、数年で40億元(650億円)を投資する方針で、国内有数の規模になる。
日本発の技術革新を中国資金が支える。

・自民党が今国会で目指していた衆参両院の憲法審査会での党憲法改正案の提示は見送られる公算も。
野党反発で仕切り直しへ。

・原子力発電所の燃料となるウラン資源が世界的に余剰となり、日本の核燃料リサイクル政策に影。
政策の柱となる高速炉研究を共同で進めてきたフランスが、ウランが余る現状から建設計画を凍結する方針示したから。
日本のサイクル政策は完全に行き詰っている。

・経済産業省が経営方針を巡って対立している産業革新投資機構(JIC)に対して圧力強めている。
省内では2019年度の概算要求に盛り込んだ予算の取り下げ案を議論しており、JICの田中正明社長の進退の決断迫る形。
対立が解消する兆しは見えない。

・武田薬品 <4502> [終値4240円]今後の課題は財務の立て直しと収益力の改善に移る。
買収額のうち4兆円規模を新株発行で、3兆円超は借り入れや社債などで賄う計画。
株式数の増加で1株利益が希薄化するとの懸念から、
武田株は買収計画が表面化した3月下旬から2割超下落、年初来安値圏で推移。
合併効果でいかに収益力を高められるかが財務改善の最大のカギとなる。

・米債券市場で期間が長めの金利が、短めの金利よりも低くなる「逆イールド」と呼ぶ逆転現象が起き始めた。
将来の景気後退の予兆とされる動きで、4日に米国株が急落する要因となる。
10年物国債利回りは2.91%、5年物は2.79%とそれぞれ11月の直近ピーク比で0.3%程度低下。
一方、低下が限定的な2年物は2.80%でとどまっている。
指標として注目される10年と2年の格差も2007年6月以来の狭さになっている。
2000年代以降では00年前半、05年末以降に逆イールドが生じ、どちらの場合もその後、米景気は後退に陥っている。
長めの金利は将来の景気を映し、短めの金利は金融政策に連動しやすい。

・米長短金利の逆転を受け、景気の先行きを不安視した売りが株式市場では膨らむ。
4日の米市場ではボーイングやキャタピラーなど中国をはじめ世界経済の動向に敏感な銘柄の下げが目立つ。
「逆イールド」というキーワードに反応して機械的に売りを出すように取引プログラムを設定していたファンドも。
米ダウ工業株30種平均は799ドル安と史上4番目の下げ幅記録。

・政府は2030年をめどに道路や橋梁などのインフラの補修データを全国で共有し、活用する仕組み整える。
台風や地震などで大きな被害が出る例が多発、メンテナンスの重要性は増している。
データを共有化することで、点検や補修に必要な木間の短縮や費用圧縮を狙う。

・投資家が金融機関に運用任せる「ラップ口座」が拡大。
日本投資顧問業協会が5日、9月末時点の契約残高は8兆7469億円と、6月末より6%増、過去最高に。
件数は初めて80万件超。運用成績が好調、資産配分を自動で提案する「ロボットアドバイザー(ロボアド)」の拡大も寄与。
野村証券 <8604> [終値484.2円]5%増の2兆8438億円。大和証券 <8601> [終値616.6円]6%増、2兆1627億円。
SMBC日興証券が5%増の1兆9317億円と続く。
ロボアド大手ウェルスナビ(東京・渋谷)残高は24%増、1073億円に拡大。

・SBIHD <8473> [終値2578円]ブロックチェーン(分散型台帳)開発手掛ける米国のR3社と2019年1月に合弁会社設立する。
ブロックチェーンの基盤「コーダ」の普及促進目指す。

・中国商務省は5日、アルゼンチンでの米中首脳会談後初めて貿易摩擦に関する声明出す。
米中が構造問題など巡って90日の期限設けて協議する方針明記。
「明確なスケジュールに沿って積極的に交渉進める」と協議の進展に意欲示した。

・米国の原油生産が過去最高水準に。
11月の生産量は10月から8%増加。
足元の原油価格は下落基調にあるが、シェールオイルの生産性が向上し、利益確保しやすくなっている。

・石油輸出国機構(OPEC)は非加盟国含む産油国と実施する協調減産を2019年も継続する方向で調整に入った。
原油価格は供給過剰懸念から10月上旬の高値から約3割安で、18年末終了予定だった減産を継続し価格引き上げ狙う。

・オーストラリア統計局5日、前期比で0.3%増。
家計消費や輸出の伸びが鈍化、成長率は4-6月期の0.9%から減速、市場予想(0.6%)を下回る。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年9/11)
http://www.koronoasa.com/?p=43479

新規【コロ朝プレミアム】割引キャンペーン
http://www.koronoasa.com/?p=43993

・サイバー攻撃に関する官民の情報共有態勢を強化する改正サイバーセキュリティ基本法が5日参院本会議で可決、成立。
2020年東京五輪・パラリンピックのサイバー攻撃対策に向け、
政府機関と電気、鉄道といった重要インフラ企業、サイバー対策の関連業者らでつくる協議会の新設が柱。

・英下院5日も欧州連合(EU)と合意した離脱案を審議する本会議開催、移民問題など審議する。
4日から始まった5日間の審議初日に喫した主要採決での相次ぐ敗北は、メイ氏にとって大きな痛手に。

・東日本、西日本中心に、師走としては異例の暖かい陽気。
気象庁5日、全国926観測点のうち3地点で12月の最高気温に並ぶか更新。4日も352地点で並ぶか更新。
一方、今週後半は気圧配置が西高東低の冬型となるため、雷や雨の日が多くなる見通し。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

新規【コロ朝プレミアム】割引キャンペーン
http://www.koronoasa.com/?p=43993

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

株式分割

JMC <5704> [終値3585円]12/31  1株→2株

立会外分売

地域新聞社 <2164> [終値3180円]12/6 3084円 8万株

公募・売り出し価格

ティア <2485> [終値679円]658円 申込み12/6-7 払込日12/12

マネーフォワード <3994> [終値4190円]海外募集250万株 払込日12/20

オーウエル <7670> [IPO]750円

—————————————————————————————

(今日の一言)

海外NY株式・債券市場は、パパ・ブッシュ元大統領の追悼で1日休場。
米ダウCFDは、小幅高の水準。

欧州株式市場の主要3指数は2営業日続落。
米国の大幅安は前日の欧州株式市場の引け後もあり、影響受けたものの、1%超の下落にとどまった。
ギリシャ(アテネ総合)株価指数(-0.01%)、イタリア(MIB)株価指数(-0.13%)と続落も下げ幅縮小し小幅安で終了に。

米市場大幅安を受けた5日の東京株式市場で日経平均(-0.40%)は2日続落。
東証株価指数(TOPIX)(-0.29%)も2日続落。
ただ前日の500円超下がっており、寄り付きは300円安程度に突っ込んだものの下げ渋った。

東証マザーズ(-0.12%)、日経ジャスダック平均(-0.22%)、東証2部(-0.50%)はそれぞれ2日続落で終了。
新興市場も下げ幅は思いのほか小幅で、個別物色の色彩は色濃く。

東証1部出来高は7億7366万株、売買代金は1兆2753億円。
東証1部騰落数は値上がり839(39%)銘柄、値下がり1,206(56%)銘柄、変わらず74(3%)銘柄に。

業種別ランキングでは11業種上昇、22業種下落に。
値上がり上位は、電気・ガス、その他製品、建設、食料品、水産・農林、不動産、陸運、・・・
値下がり上位は、保険、石油石炭、証券商品、、銀行、機械、ゴム、化学、ガラス土石、・・・

東証1部値上がり上位は、アトラ <6029> [現在628円 +69円]アダストリア <2685> [現在1968円 +174円]
VIX短期先物 <1552> [現在12880円 +860円]DIT <3916> [現在1806円 +100円]

値下がり上位は、三菱ガス化 <4182> [現在1705円 -138円]IDOM <7599> [現在482円 -36円]
長谷川香料 <4958> [現在1555円 -94円]TOWA <6315> [現在732円 -44円]

3メガバンク三菱UFJ <8306> [現在609.5円 -6.8円]みずほ <8411> [現在184.0円 -1.9円]
三井住友 <8316> [現在4074円 -25円]

続きの個別銘柄等は【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

2019年度めどに事業として立ち上げ、幅広く顧客を開拓する。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】櫻井英明氏新春特別独演会(東京・日本橋室町)

2019年1月5日(土)14:30~16:50(開場14:15)

『2019年株式劇場 初め良ければ総て良し!!』

亥年の相場展望と有力注目銘柄の解説をたっぷり!!

ハロー貸会議室日本橋・室町

〒103-0022 東京都中央区日本橋室町1-11-5 イーストンビル 3F

セミナー翌日にビデオダウンロードでご覧いただけます

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4659
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】新年特別篇 藤本誠之氏登壇(東京・茅場町駅前)

2019年1月12日(土)開催14:20~16:50(開場 14:10)

ハロー貸会議室茅場町駅前 相場の福の神参上

「相場の福の神」1月もベストパフォーマンスです。

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

2019年1月の相場展望と有望注目銘柄。

お申し込み・詳細は⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4667
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日経ヴェリタスを含め、日経新聞、日経産業新聞、日刊工業新聞
産経新聞そして新たに化学工業日報を加え、元証券マンの目でいいとこ取り!?
ディトレード・スイングトレードの種が満載。市場の噂も好評です。

忙しい朝の時間と手間の短縮と費用の縮小に『コロ朝プレミアム』
こちらをクリック http://www.koronoasa.com/info/

ザラ場の「独り言」も好評です。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=359

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年9/11)
http://www.koronoasa.com/?p=43479
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝NEWS】をメール(無料)にてお届けいたします。
https://www.directform.info/form/f.do?id=308
『コロ朝メールマガジン登録』で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ヘッジファンド運用助言会社の
ミョウジョウ・アセット・マネジメント
インターネットを通じた新サービスを開始。
http://www.myojoam.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。
また株式・債券等の有価証券の投資には<<手数料等およびリスクについて>>
記載したとおり、株価・債券価格等の有価証券価格等の下落や
発行者の信用状況の悪化等により、投資元本を割り込むおそれがあります。
銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様自身の判断で行なうようにお願いいたします。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–