プレミアム市場


2019年2月12日(火)晴れ 新聞休刊日

・航空機の電動化に向けた技術革新が始まる。
米ボーイングや欧州エアバスという両巨頭に、スタートアップも電動航空機の研究を本格化。
電池やモーター、軽量化など電動化の技術は日本勢にとっての金城湯池。
電動航空機は従来の競争地図を塗り替える可能性も秘める。

・ソフトバンクグループ(SBG)<9984> [終値10015円]11日、
自動運転技術を開発する米新興企業のニューロに9億4000万ドル(約1040億円)の出資。
ニューロは2016年創業の未上場企業で、自動運転車を使ったオンデマンド型の宅配サービスの開発に取り組んでいる。
SBGは10兆円ファンドと呼ばれる「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」を通じてニューロに出資。

・米中両政府は11日、北京市内で次官級の貿易協議を始めた。
中国の構造問題を中心に意見を交わすとみられる。
14、15日に開く閣僚級協議に向け、両者の隔たりをどこまで埋められるかが注目。

・英国経済の鈍化が鮮明に。
英政府統計局が11日発表した2018年の実質国内総生産(GDP)速報値は前年比1.4%増と、12年以来6年ぶりの低成長だった。
伸び率は前年より0.4ポイント縮んだ。
19年3月末に予定される欧州連合(EU)離脱後の姿を見通せないなか、企業投資が落ち込む。輸出や個人消費も減速した。

・フランス自動車大手ルノーのジャンドミニク・スナール会長が、14日から来日し
日産自 <7201> [終値914.3円]の西川広人社長兼最高経営責任者(CEO)と面会する。
2人が会うのは、1月31~2月1日にオランダ・アムステルダムで開かれた会議に続いて2度目となる。

・米金融大手モルガン・スタンレーは11日、
企業向けに株式報酬プランの管理サービスを手がけるカナダのソリアム・キャピタルを9億ドル(約990億円)で買収。
ソリアムは新興企業向けサービスに強く、
大企業中心のモルガンは顧客層の拡大と資産運用ビジネスとの相乗効果が見込めると判断した。

・11日のロンドン株式市場で、FTSE100種総合株価指数は4営業日ぶりに反発。
通信関連株、金融株を中心に買いが広がり、構成銘柄の9割が上昇。
下落基調が続いていたことから割安感に着目した買いが入った。

・11日のフランクフルト株式市場で、ドイツ株式指数(DAX)は4営業日ぶりに反発。
下げ基調が続いていたこともあり、幅広い銘柄が買い戻された。
欧州の主要株式市場も総じて上昇、上昇率はいずれも1%前後に達した。

・55の国・地域で構成するアフリカ連合(AU)は11日、
エチオピアの首都アディスアベバで開いた2日間の首脳会議を終えて閉幕。
難民の抑制や帰還に向けて関係国が協力することを確認した。

・英政府は11日、欧州連合(EU)離脱後も現在と同様の貿易条件を維持するための協定をスイスと締結したと発表。
関税が急激に引き上げられるといった事態が避けられることになる。
英政府によると、英国の自動車産業は今回の合意によって最大で年間800万ポンド(約11億円)の輸出関税を回避できる。
英政府は他のEU域外国とも、通商条件の維持や改善を狙って貿易協定の締結を目指す。
だが日本を含む大半の国との交渉は進んでいない。
このため何の取り決めもない状態で3月末にEUから離脱した場合、直後から高関税を課されることになり、
経済界に懸念が広がっている。

・米調査会社IDCが11日発表した中国の2018年のスマートフォン(スマホ)出荷台数、17年比10.5%減の3億9770万台に。
2年連続で前の年の実績を下回り、17年の4.9%減に比べ下げ幅は広がった。
4億台の大台を下回るのは13年以来、5年ぶり。
市場の飽和感が強まるなか、中国の景気減速やスマホの買い替えサイクルの長期化が響いた。

・ライク <2462> [終値966円]介護事業者に外国人材を仲介するサービスに乗り出す。
外国人材の受け入れを拡大する改正出入国管理法の4月施行後から始める。
語学力や専門スキルが必要な介護業界ではこれまで外国人材の活用が進んでいなかった。
ライクは人材サービスと介護の両事業を展開しているのが強み。
業界は人手不足に悩んでおり、将来は年間3千人規模の仲介を目指す。

・「さっぽろ雪まつり」が11日閉幕、期間中の来場者は過去最多の273万7000人に。
現在と同じ規模になった1993年以降では最多。中国の旧正月「春節」も重なったため、例年以上に大勢の人が訪れる。

・東京証券取引所は東証1部とそれ以外の市場との違いが分かりにくいとの指摘などから、
東証1部に上場する条件を厳しくする方向で検討に。
東証では、ジャスダックと2部を統合した上で“中堅企業向け市場”を創設、
“大企業向けの1部市場”と“新興企業向けのマザーズ”という3市場体制にすることを検討している。
東証1部に新たに上場する場合、現在は250億円以上の時価総額が必要。
一方で、すでに東証2部や新興企業向けのマザーズに上場している場合は、
時価総額が40億円以上あれば東証1部にくら替えできる。
関係者によると、これらのルールを統一して今後、
東証1部に上場するには時価総額500億円以上を最低条件とする案が検討されていると。
特に時価総額が大きい企業を集めた「プレミアム市場」を作る案も。

・トランプ米大統領は自国の通信網への中国製品の利用を禁じる大統領令を検討しているが、
中国の華為技術(ファーウェイ)の設備を通信網に利用している地方の通信会社の抵抗に直面している。
大統領令は個別企業を名指ししない見込みだが、主な標的はファーウェイだとみられている。
米当局者は、ファーウェイが中国政府に近く、自社製品を使って米国内の通信を監視・かく乱する恐れがあると主張。

・ロシア最大の金鉱山会社ポリウスによると、シベリア南東部スホイ・ログの一画に巨大な金鉱床が眠っている。
この金を採掘すれば、ロシア銀行(中央銀行)が通貨を防衛する上で、
西側諸国の制裁による影響をほぼ全く受けずに済む強力な安全網が構築されることになる。

・ウォール・ストリート・ジャーナル(WSJ)のエコノミスト調査によれば、米連邦政府機関が再び閉鎖した場合、
米国経済は打撃を受け、企業と消費者の心理も影響を受ける見通し。
米議会とホワイトハウスがメキシコとの「国境の壁」建設費などの予算案で合意する期限は15日に迫っている。

・米国で国境警備予算を巡る超党派の交渉が決裂。
内情に詳しい側近やその他の当局者が10日に明かに。
今週末に政府機関の一部がまたしても閉鎖される可能性が高まった。

・ポンペオ米国務長官11日、
中国・華為技術(ファーウェイ)の通信機器を国内に配備すれば、米国との関係は複雑になると警鐘鳴らす。

・中国では今月、大型の支払い遅延が2件起きた。
債務不履行(デフォルト)に陥る企業が記録的水準に増える中、信用市場で山積みしつつあるリスクが浮き彫りに。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年12/24)
http://www.koronoasa.com/?p=44478

・中国通信機器大手、華為技術(ファーウェイ)への対応で、欧州舞台とした米中の綱引きが激化。
米国は安全保障上の懸念から同盟国への華為排除の働きかけを活発化。
欧州を重要市場に持つ華為は抵抗に必至。
狭間に立つ欧州は華為への警戒を強めるが、経済産業省への影響を恐れジレンマ抱える。

・先端産業での中国の追随に危機感持つトランプ米政権は、国内での中国製品の締め出しを強化する方針。
トランプ米大統領が近く、第5世代(5G)などの無線通信網について、
中国製機器の使用禁じる大統領令に署名するとも報じられた。

(11日 産経新聞)

・農林水産省、2022年度の市販化に向けて
普及価格帯の無人草刈りロボットや小型の自動走行農機をメーカーなどと開発している。
機能を絞り込むことで低価格化につなげる。
農家の「農業ロボ」導入時の費用負担を軽減し、普及図る。

・米ホワイトハウスは8日、
米通商代表部(USTR)ライトハイザー代表らが訪中して14、15日に中国との閣僚級貿易協議開くと発表。
中国による知的財産権保護や、米国産品の輸入拡大策などが議論される見通し。11日から次官級協議も実施される。
一部の米メディアは8日、米政府が期限を延長する可能性が浮上していると伝えた。

・3月期決算企業の2018年4-12月期決算発表が8日にピーク。
SMBC日興証券集計、7日までに発表した東証1部上場の909社(金融除く、全体の67.8%)のうち、
2019年3月期通期の最終利益の予想を引き下げた企業は121社と上方修正した73社を上回る。
最終利益の合計は23.9兆円と3年ぶりに前年を下回る見通し。
米中貿易摩擦などに伴う中国経済の減速背景に、輸出企業の不振目立つ。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

【コロ朝プレミアム】の記事例載せました
http://www.koronoasa.com/blog2/

週末の【銘柄研究】3月配信
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=420

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年12/24)
3カ月間で50%超上昇銘柄18.4%
http://www.koronoasa.com/?p=44478

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

第三者割当

メドレックス <4586> [終値545円]17万株 561円 3/5 割当先 MM

中央可鍛 <5607> [終値404円]62万300株 403円 3/1 割当先 豊田自動織機

株式分割

キャピタル・アセット・マネージメント <3965> [終値2851円]2/28  1株→2株

持田製薬 <4534> [終値10400円] 3/31  1株→2株

オリンパス <7733> [終値4645円] 3/31   1株→4株

立会外分売

美濃窯業 <5356> [終値560円]2/26-3/1 30万株

Game With <6552> [終値1100円]訂正 2/26-28 13万9500株

公募・売り出し価格

大和ハウスリート投資法人 <8984> [終値257000円]国内外で13万8000株

TOB(公開市場買い付け)

フルキャストHD <4848> [終値1966円]買い手自社 買い付け価格 1767円 期間 2/12~3/11

新規公開株 2/22~

—————————————————————————————

(今日の一言)

週明けの海外NY株式市場は、まちまち。
本日は終日小動きに推移。

アップル(-0.58%)グーグル(-0.00%)フェイスブック(-0.92%)アリババ(+0.07%)エヌビディア(-1.16%)
ネットフリックス(-0.53%)アマゾン・ドット・コム(+0.18%)バイオジェン(+0.56%)バークシャー(+1.09%)
ラッセル2000(+0.73%)HTG(ハイイールドファンド)(+0.04%)NBI(バイオテクノロジー株指数)(+0.52%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約億株、過去20日間月初平均約億株を上回る。

先週は週間(2/4~8日)ベースでは、ダウは0.2%高、7週続伸(累計11.9%上昇)、
ナスダック総合指数は0.5%高、7週続伸(同15.2%上昇)、S&P500種指数は0.1%高 2週続伸(同1.6%上昇)で取引終了。

欧州株式市場の主要3指数は4営業日ぶり反発。
米中両政府が新たな通商協議始めたことで、市場心理好転。
銀行や消費関連株が好調。
ギリシャ(アテネ総合)株価指数(+1.46%)、イタリア(MIB)株価指数(+1.21%)と大幅上昇。

週末8日の東京株式市場で日経平均(-2.01%)は大幅続落。
東証株価指数(TOPIX)(-1.89%)も3日続落。

東証マザーズ(-1.97%)、日経ジャスダック平均(-1.05%)、東証2部(-1.23%)はそれぞれ2日続落で終了。

東証1部出来高は14億6383万株、売買代金は2兆8334億円。
東証1部騰落数は値上がり288(13%)銘柄、値下がり1,801(84%)銘柄、変わらず38(1%)銘柄に。

業種別ランキングでは1業種上昇、32業種下落に。
値上がり上位は、パルプ・紙。
値下がり上位は、繊維、非鉄、金属製品、機械、海運、鉱業、化学、卸売業、石油石炭、ガラス土石、・・・

東証1部値上がり上位は、オプトHD <2389> [現在2003円 +400円]ピーエス三菱 <1871> [現在676円 +100円]
日総工産 <6569> [現在2480円 +355円]ウィルグループ <6089> [現在1081円 +150円]

値下がり上位は、レオパレス21 <8848> [現在415円 -100円]アリアケジャパン <2815> [現在5940円 -1070円]
ヨータイ <5357> [現在603円 -97円]淺沼組 <1852> [現在2571円 -393円]

3メガバンク三菱UFJ <8306> [現在571.0円 -7.1円]みずほ <8411> [現在171.0円 -2.4円]
三井住友 <8316> [現在3861円 -67円]

週間ベースでは、日経平均株価は2.2%安、5週ぶり反落、東証株価指数(TOPIX)1.6%安、2週続落(累計1.7%下落)。
東証マザーズ指数は3.8%安、2週続落(同11.9%下落)、日経ジャスダック平均は0.2%安、2週続落(同0.4%下落)、
東証2部指数は0.0%安、2週続落(同0.1%下落)で終了。

ソフトバンクグループ(SBG)<9984> [終値10015円]の決算&自社株買いで2/7ストップ高(1500円高)
サンバイオ <4592> [終値3155円]2/5に4日連続ストップ安比例配分から完全合致(2440円)で反転(3690円 2/8)など
大きな動きがありました。

東京市場は米中通商協議の行方を、悲観過ぎに捉えたようなところも・・・
連休中に新たな米中通商協議が始まり、進展への期待も高まり、買い物優先となりそうなところも・・・

ライク <2462> [終値966円]介護事業者に外国人材を仲介するサービスに乗り出す。
外国人材の受け入れを拡大する改正出入国管理法の4月施行後から始める。
語学力や専門スキルが必要な介護業界ではこれまで外国人材の活用が進んでいなかった。
ライクは人材サービスと介護の両事業を展開しているのが強み。
業界は人手不足に悩んでおり、将来は年間3千人規模の仲介を目指す。

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年12/24)
3カ月間で50%超上昇銘柄18.4%
http://www.koronoasa.com/?p=44478

続きの個別銘柄等は【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

ポンペオ米国務長官11日、
中国・華為技術(ファーウェイ)の通信機器を国内に配備すれば、米国との関係は複雑になると警鐘鳴らす。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
岡本昌巳氏 東京・新春の陣 2019 (東京・八重洲4F)

2019年2月16日(土)開催 14:30~16:50(開場 14:15)

アベノミクススタートから4度目の上昇相場に突入

“往復ビンタ”(笑)最も個別が取れやすい2~3月相場がやって来ました

ビデオ・ダウンロード(後払い可能)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4688
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
坂本慎太郎(Bコミ)氏 独演会 (東京・八重洲 5F)

2019年2月23日(土)開催 14:30~16:50(開場 14:15)

『2019年春の市場動向、決算発表から読みとれること』

有望個別材料株と投資タイミング

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4689
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】3月特別篇特別篇 藤本誠之氏登壇(東京・茅場町駅前)

2019年3月2日(土)開催14:20~16:50(開場 14:10)

ハロー貸会議室茅場町駅前 相場の福の神参上

「相場の福の神」3月は中小型材料株相場も。

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

2019年3月の相場展望と有望注目銘柄。

お申し込み・詳細は⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4695
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ブーケ・ド・フルーレット馬渕治好氏独演会(東京・日本橋室町)

2019年3月9日(土)開催14:30~16:50(開場 14:15)

世界経済・市場展望~

2019年前半、ゴールデンウィーク10連休 世界金融市場の行方

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細は⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4699
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して朝8時前後に
配信しております。
ディトレード、スイングトレードの種があなたのピックアップを
待っております。
詳細はこちらまで⇒ http://www.koronoasa.com/info/

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年12/24)
3カ月間で50%超上昇銘柄18.4%
http://www.koronoasa.com/?p=44478
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝NEWS】をメール(無料)にてお届けいたします。
https://www.directform.info/form/f.do?id=308
『コロ朝メールマガジン登録』で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ヘッジファンド運用助言会社の
ミョウジョウ・アセット・マネジメント
インターネットを通じた新サービスを開始。
http://www.myojoam.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。
また株式・債券等の有価証券の投資には<<手数料等およびリスクについて>>
記載したとおり、株価・債券価格等の有価証券価格等の下落や
発行者の信用状況の悪化等により、投資元本を割り込むおそれがあります。
銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様自身の判断で行なうようにお願いいたします。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから