ツワモノの教え


2019年5月5日(日)晴れ

・ツワモノの教え 1億円長者、機動力で増やす。
昨年末、トランプ米大統領が利上げを続ける米連邦準備理事会(FRB)を批判。
米金融政策の機能不全が問題視され、米国株が急落する「クリスマス・ショック」が起きた。
日本株市場でも多くの売りが出たこの局面でとりでみなみさん(43歳)は
ソフトバンクグループ(SBG)<9984> [終値11555円]をほぼ底値で1000株買い増す。
足元の株価は60%以上戻し、この取引だけで含み合益は400万円超す。
とりでみなみさんは会社員として働く傍ら、資産を約1億5000万円まで積み上げた「ツワモノ投資家」。
「一時的な要因で下落した銘柄は積極的に買っていく」野が基本方針。

・ツワモノの教え 1億円長者、機動力で増やす。
日経ヴェリタスは4月、調査会社マクロミル <3978> [終値1271円]通じて
1億円以上の金融資産を持つ富裕層とそれ以外の一般層を合わせた1000人にアンケート実施。
そこでは、チャンスとあれば積極的に取引を仕掛けながらも、リスク管理は徹底する富裕層が多いことが分かった。

・ツワモノの教え 1億円長者、機動力で増やす。
「高リスクでも高リターンを追及する」とした富裕層は20%と、一般層の10%を大きく上回る。
富裕層は狙っている銘柄が割安になった時点で積極的に買い増す。
「株価が高騰する『お祭り』は売りで、急落は買い」。
約2億円の資産を持つ30代の男性投資家、v-com2さんは、有望銘柄のうち、
個人をはじめとした「投げ売り銘柄」を片っ端から買いに行くという。

・ツワモノの教え 1億円長者、機動力で増やす。
1億円長者は保有資産も積極的に見直す。
調査ではポートフォリオの見直し頻度を「半年に1回以上」とした富裕層は59%に上った。
テスタさん(30代)も「これまでは運用先が日本に偏っていた。今後は米国の個別株にも投資してリスク分散進めたい」と。
機動的な資産見直しで、高いリターンを確保しつつ、リスクも分散するのがツワモノ投資家の流儀だ。

・ツワモノの教え 1億円長者、機動力で増やす。
リスク分散の対象は金融資産以外にの投資先を複数回答できいたところ、
富裕層の79%が不動産投資を、21%が絵画投資を検討。
リスク管理の手法は、他にもある。100億円超の金融資産を持つ片山晃さん(36)は信用取引の売りポジションを増やした。
日本株の伸びは鈍く、急落場面も増えてきた。

・ツワモノの教え 1億円長者、機動力で増やす。
世界景気の下振れ懸念が消えない中、株価急落はいつ訪れてもおかしくない。
1億円長者は割安局面を捉え、高収益資産に投資し、かつリスク管理も怠らない。
いずれも機動力を発揮して着実に資産を殖やす。

・ツワモノの教え 第一部 買い時は逃さない
日米の株式相場が再び高値圏で推移する一方で、世界景気の減速懸念はなおくすぶり続けている。
金融資産を1億円以上に積み上げた「ツワモノ投資家」は、狙った銘柄を買う機会を虎視眈々とうかがう反面、
リスクにも備え始めた。

・ツワモノの教え 第一部 買い時は逃さない
リスクとリターンの考え方
ある程度のリスクは許容し、リターンは中程度(年5%前後)を追求 富裕層41.8% 一般層35.2%
なるべくリスクを抑え、小さなリターンを積み上げる 富裕層27.4%% 一般層33.0%
リスクは高くても大きなリターン(年10%以上)を追求 富裕層19.7% 一般層9.6%
元本割れリスクのある投資はほとんどしない 富裕層11.0% 一般層22.2%

・ツワモノの教え 第一部 買い時は逃さない
株価急落の曲面でどう動く?
狙った銘柄を安値で買う 富裕層70% 一般層60%
痛手が小さいうちに損切り 富裕層30% 一般層40%

・ツワモノの教え 第一部 買い時は逃さない
相場情報は?
いつも気にしている 富裕層57% 一般層47%
たまに確認 富裕層43% 一般層53%

・ツワモノの教え 第一部 買い時は逃さない
投資の決断は?
タイミングと思い切り 富裕層62% 一般層50%
後悔しないように熟慮 富裕層38% 一般層50%

・ツワモノの教え 第一部 買い時は逃さない
投資判断のよりどころは?
自分の意見を重視 富裕層79% 一般層74%
専門家の意見を重視 富裕層21% 一般層26%

・ツワモノの教え 第一部 買い時は逃さない
投資対象は絞る?
なるべく絞るのが望ましい 富裕層37% 一般層45%
複数の投資商品に分散することが重要だ 富裕層63% 一般層55%

・ツワモノの教え 第一部 買い時は逃さない
高成長・高配当株を重視 こまめに資産見直し、海外株・REITにも照準
今後1年以内で買いたい日本株・海外株

日本株:トヨタ <7203> [終値6905円]ソフトバンクグループ(SBG)<9984> [終値11555円]
ソフトバンク(SB)<9434> [終値円1312.0]ソニー <6758> [終値5212円]三菱商事 <8058> [終値3056.0円]
三菱UFJFG <8306> [終値549.9円]NTT <9432> [終値4616円]ホンダ <7267> [終値3101.0円]

海外株:米アマゾン・ドット・コム、米アップル、米アルファベット(グーグル)、米IBM、トヨタ <7203> [終値6905円]
JR西日本 <9021> [終値8262円]米ボーイング、米ビザ、米エヌビディア、米ファイザー、中国華為技術(ファーウェイ)

・ツワモノの教え 第一部 買い時は逃さない
1億円長者の間ではリスク分散として実物投資に関心を寄せる人も増えている。
アンケートでは4人に1人が「すでに不動産などの実物資産に投資し、追加投資も検討」と答えた。
「不動産」への投資を検討する富裕層が79%と最も多く、「絵画」が21%、「彫刻」が7%に。
最近、億り人の間で新たな脚光を浴びているのがダイヤモンド投資。

・ツワモノの教え 第一部
足元の日経平均株価は2万2000円台で推移、昨年末の株安からは持ち直してきたが、
依然として米中貿易摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱問題などによって先行き不透明感が強い。
アンケートでは、1年後の日経平均予想について一般層の平均が2万1128円だったのに対し、富裕層の平均が2万2090円。
「2万2000円以上」と回答した人は、一般層が35%だったのに対し、富裕層は54%だった。
富裕層では「2万3000円台」が16%、「2万5000円以上」になるとみる人も12%に上った。
「2万円未満」を予想する人は、富裕層が16%だったのに対し、一般層では29%に達した。

・ツワモノの教え 第一部
今後の投資の好材料を聞いたところ、富裕層は「人工知能(AI)などイノベーションの拡大」を上げる人が最も多い37%。
一般層は「2020年東京五輪効果による経済成長」が31%で最多。
億り人は今後身構えるリスクについても「日本企業の競争力低下」は33%と、一般の26%より高く。
同じ金融資産を「10年以上」保有する富裕層は約4割、「5年以上」では6割超す。
一般層は「5年未満」が5割以上を占める。億り人は一過性の経済効果でなく中長期的な成長を重視していると言える。

・ツワモノの教え 第一部
1年後のドル円相場については、一般層の平均は1ドル=106円18銭、富裕層の平均は109円37銭。
富裕層では「110~115円」と答えた人が33%と最も多かった。
一般層では「105~110円」が最も多い28%を占めた。

・米景気の拡大局面が、戦後最長に迫ろうとしている。
4月の雇用統計は失業率(速報値)が3.6%と、49年4カ月ぶりの低水準となった。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済  http://www.koronoasa.com/info/

・中国企業の収益回復が遅れている。
上海、深圳上場3519社(金融除く)の2019年1-3月期の純利益合計は前年同期比1.5%増にとどまった。
6割を超す最終減益となった18年10-12月期からは持ち直したが、戻りは鈍い。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済  http://www.koronoasa.com/info/

・イノベーション 植物肉 味・触感 分子レベルで改良
「植物肉」が進化。カロリーを気にする消費者にも支持広げている。
訪日外国人の増加とともにホテルやレストランなどの需要も拡大。

主な植物肉の関連銘柄
三井物産 <8031> [終値1794.0円]米ビヨンド・ミート社に出資
大塚HD <4578> [終値3969円]子会社の大塚食品が植物肉のハンバーグ発売
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済  http://www.koronoasa.com/info/

・MARKETS STOCK 日経平均株価、夏にも18年高値。
2019年の日経平均は、世界の株式が大幅に反発する中で出遅れているが、日本企業の業績回復は続く見通し。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済  http://www.koronoasa.com/info/

・MARKETS FOREX 秋口にかけ115円目指す
今後の円相場は秋口にかけて1ドル=115円を目指し、年末に掛けて調整するだろう。
起点は、※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済  http://www.koronoasa.com/info/

・MARKETS COMMODITY
中国の景気対策により、今年半ばには景気の減速感は底を打つとみる。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済  http://www.koronoasa.com/info/

・世界株式番付:先週の世界の株式相場は主要24の株価指数のうち11指数が上昇(日本は休場)。

上位1位香港週間騰落率1.61% 2位台湾1.31% 3位フィリピン1.27% 4位シンガポール1.05% 5位南アフリカ0.87%
下位24位ポーランド▲2.24% 23位メキシコ▲1.55% 22位インドネシア▲1.28% 21位トルコ▲0.88% 13位米国▲0.14%

日経ヴェリタスを含め、日経新聞、日経産業新聞、日刊工業新聞
そして産経新聞を元証券マンの目でいいとこ取り!?
ディトレード・スイングトレードの種が満載。市場の噂も好評です。
忙しい朝の時間と手間の短縮と費用の縮小に『コロ朝プレミアム』
こちらをクリック  http://www.koronoasa.com/info/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
GW連休最終土曜日!!週明けの準備に!!

坂本慎太郎(Bコミ)氏&スパローズ大和一孝氏 (ビデオダウンロード)

2019年5月4日(土)開催

相場観アップデート

大和さんの銘柄ピックアップ&Bコミさん解説 豪華二本立て

おまけに「福の神」ミニミニセミナー

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4768
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから