「ドリアン」がフロリダへ接近


2019年9月3日(火)曇り夕方小雨も

・政府は今秋、医療や年金など社会保障制度の全体像は見渡した改革を再稼働する。
生活習慣病の早期治療などに力入れる。
予防医療に積極的に取り組む企業を補助金などで支援し、社員の負担軽減する案など検討する。
年金改革は公的年金の受給開始年齢の上限を75歳に上げ、パートにも適用拡大する方向。

・中国商務省2日夜、米国が1100億ドル分(約11兆円)の中国製品に1日から15%の4追加関税をかけた措置に対し、世界貿易機関(WTO)に提訴。
米中は9月初めにワシントンで閣僚級の貿易協議を予定、実現はさらんみ不透明になった。

・経済産業省は電気自動車(EV)に内蔵した電池の寿命がどのくらい残っているかを表示するよう自動車各社に要請する方針。
9月にも指針案公表、年内にも決定へ。自動車各社も前向きに対応するとみられる。

・トランプ米政権は1日、中国製品への制裁関税「第4弾」発動。
中国も米農産品などを対象に報復措置をとり、米中の貿易戦争は泥沼化。
中国は対米貿易戦争を「持久戦」と位置付ける姿勢明確にした。
「北戴河会議」も無事終了、習主席の党内基盤が強固になれば、対米交渉には余裕が増す。
一方、民主主義体制の米国のトランプ氏の政治基盤は盤石ではない。
再選目指す来年11月の大統領選まで1年2カ月。トランプ氏にそれほど余裕はない。
トランプ氏は中国に弱腰を見せずに休戦に持ち込む高度な技術求められる。
だが、予測不能のトランプ氏、暴走リスクもある。

・アルゼンチンの債務危機が再燃。
財政悪化懸念から通貨ペソの下落止まらず、マクリ政権は債務返済の猶予申請や外貨購入を制限する資本規制に踏み切った。
通貨防衛で外貨準備高はこの1カ月で2割減ったが、資金流出が続く。
同国9度目のデフォルト(債務不履行)懸念が強まっている。

・日本経済新聞社、売上高100億円以下の上場企業約1000社「NEXT(ネクスト)1000」対象に、2018年度まで3年間の売上高伸び率調べ。
3割の企業が30%以上伸びた。上位には働き方改革や消費の変化を捉えたインターネット関連企業が目立つ。
首位クラウドワークス <3900> [終値1145円]兼業や副業で働きたい人のニーズが高まっており、現在の登録者数は294万人に上る。
8位オークファン <3674> [終値781円]ネット上で売買されている商品の価格比較サイトなど手掛ける。個人も所有品売り出す。

・米中摩擦の長期化懸念を背景とした世界経済の先行き不透明感から、世界の製造業が設備投資にブレーキをかけ始めた。
財務省2日、4-6月期法人企業統計、製造業の設備投資が前年同期比6.9%減、2年ぶりのマイナスに落ち込む。
4-6月期全産業の設備投資(ソフトウエア含む)前年同期比1.9%増で、前期比プラス幅が4.2ポイント縮小。
非製造業は7.0%増で、製造業(6.9%減)の失速鮮明。情報通信機器が前年同期比43.4%減と急減。

・企業が設備投資に足踏みする流れは世界に広がっている。
中国政府によると2019年1-7月の製造業の設備投資は前年同期比3.3%増にとどまった。
9.5%増えた18年通年から減速。自動車が国内販売の低迷を受け1.8%増にとどまり、米中摩擦の影響を受ける紡織なども減速。
次世代通信規格「5G」など中国政府が育成を後押しする先端分野では高水準が続く。
一方、米中貿易摩擦の制裁関税回避するため、東南アジアに投資移す動きも目立つ。

・企業が設備投資に足踏みする流れは世界に広がっている。
米国の4-6月期設備投資は前期比年率0.6%減と、約3年ぶりにマイナスに転じた。
半導体大手マイクロン・テクノロジーは19年8月期の設備投資当初計画比減らす見通し、USスチールなど減産表明相次ぐ。
ドイツでは4-6月期の機械・設備への投資が前年同期比1.5%増と、1‐3月期の2.7%増から減速。
米中摩擦や英国の欧州連合(EU)離脱の不透明感が企業心理冷やしているとの警戒感強まる。

・調査会社IHSマークイット、グローバルの製造業購買担当者景気指数(PMI)は5月、好不況の目安となる50を約3年ぶりに割り込んだ。
製造業の心理悪化は今後、世界の設備投資意欲を一段と後退させかねない。

・国土交通省2日、2020年3月予定、羽田空港国際線の増便(1日50便)について就航先や国内航空会社への配分正式発表。
50便のうち25便は国内航空会社に割り振る。
全日空(ANA)<9202> [終値3599.0円]13.5便、日本航空(JAL)<9201> [終値3313.0円]11.5便配分。

・安倍晋三首相2日、内閣改造を来週に実施する方針示した。
今回の人事に当たり「骨格を維持する」との表現を使っていない。「安定と挑戦」へ。主要ポストに変動観測。

・厚生労働省、体内に遺伝子を入れて病気を治す遺伝子治療薬など再生医療製品の製造販売に必要な審査期間短縮する。
画期的な新薬などを優先して審査し、おおむね1年前後かかる審査期間を9カ月以内めざす。
日本での開発を促すのも狙いだが、画期性に見合う公定価格(薬価)をどう設定するかという課題も残る。

・東京証券取引所 <8697> [終値1687円]がほぼ一手に担う株取引に変化も。
金融庁は8月、私設取引所(PTS)2社に対して信用取引の取り扱い認可。
一部ネット証券が投資家向けにサービス始めた。
信用取引は個人売買の7割を占める。PTSの存在感が高まれば、米国に比べ寡占状態となっている日本の取引所の競争が活発化も。

・サブスクリプション(継続課金 サブスク)サービスが中国で独自の進化遂げ、勢い見せている。
一般的な音楽や映画など「ソフト」の月決めサービスの普及に留まらず、洋服の1カ月の借り放題など「モノ」の提供にまで広がりを見せる。
背景には世界最大の通販サイトで培われた中国全土をカバーする宅配網があり、得意の無人化技術や人工知能(AI)技術も普及を後押し。

・トルコ経済が低迷から抜け出せずにいる。
トルコ統計局2日、2019年4-6月期実質国内総生産(GDP)前年同期比1.5%減、3四半期連続でマイナスに。
通貨安の影響で所得増を上回る物価高が続き、消費低迷。

・ドイツのザクセン州とブランデンブルク州で1日投開票された州議会選挙で、極右政党の「ドイツのための選択肢(AfD)」が躍進。
メルケル政権を支えるキリスト教民主同盟(CDU)とドイツ社会民主党(SPD)は両州で得票率が過去最低、退潮に歯止めかからず。

・2017年終盤から下落続いていたオーストラリアの住宅価格が8月、1年10カ月ぶりに上昇に転じた。
全国住宅価格指数が8月、前月比0.8%上昇、シドニーで同1.6%、メルボルンで同1.4%上昇。

・英国の欧州連合(EU)離脱巡り、ジョンソン首相が与党内の反対勢力への締め付けを強める。
近く野党に提出する予定の「合意なき離脱を阻止する法案」に賛成した保守党議員を党から除名、次期総選挙で公認しない検討へ。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

9/7(土)  【コロ朝セミナー】9月特別篇 相場の福の神参上(東京・茅場町駅前)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4892

・8月の国内新車販売台数、前年同月比6.7%増、38万8600台。1-8月累計は1.8%増にとどまり、力強さ欠く。
5年前の前回の消費税率アップ前には3割増に迫った駆け込み需要もみられないまま。

・香港の抗議活動が3カ月近く続いている。
観光業など経済への影響が深刻化するだけでなく、デモ賛否で社会の二分化が進み、双方の対立が激化しているのが現状。
混乱が長期化すれば、社会の亀裂が修復不能なほど広がりかねない。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

9/7(土)  【コロ朝セミナー】9月特別篇 相場の福の神参上(東京・茅場町駅前)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4892

2019年週末の【銘柄研究】検証(2019年7/12)
パフォーマンス10%以上上昇は48.1%
http://www.koronoasa.com/?p=46566

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

立会外分売

ベクター <2656> [終値290円]9/3 282円 65万800株

二ホンフラッシュ <7820> [終値2454円]9/10-13 16万株

公募・売り出し価格

ホットランド <3196> [終値1356円]261万株

ピー・ビーシステムズ <4447> [IPO]1380円

—————————————————————————————

(今日の一言)

9/2の海外NY株式市場は、レーバーデーで休場。

欧州株式市場の主要3指数は続伸。
英国市場は、1.04%高、4営業日続伸。
英総選挙巡る観測が強まる中、通貨ポンドが下落、輸出関連銘柄が上昇。
独仏は小幅ながらも、3営業日続伸。
ギリシャ(アテネ総合)株価指数(-0.87%)、イタリア(MIB)株価指数(+0.61%)とまちまち。

週明け2日の東京株式市場超薄商い。
2014年4月以来の低水準らしいです。
また、日経平均株価の価格の高低差も終日で53円と今年最低と・・・

日経平均(-0.41%)は2日ぶり反落。
東証株価指数(TOPIX)(-0.44%)も2日ぶり反落。

東証マザーズ(+0.56%)、日経ジャスダック平均(+0.07%)、東証2部(+0.42%)はそれぞれ2日続伸で終了。

東証1部出来高は8億0281万株、売買代金は1兆3299億円。
東証1部騰落数は値上がり506(23%)銘柄、値下がり1,569(72%)銘柄、変わらず74(3%)銘柄に。

業種別ランキングでは4業種上昇、29業種下落に。
値上がり上位は、海運業、非鉄金属、その他金融業、保険業。
値下がり上位は、鉱業、陸運業、水産・農林業、倉庫運輸関連、サービス業、小売業、食料品、・・・

東証1部値上がり上位は、アトラ <6029> [現在293円 +80円]テモナ <3985> [現在566円 +80円]
トリケミカル <4369> [現在5930円 +650円]パイプドHD <3919> [現在1255円 +102円]

値下がり上位は、ワイヤレスゲート <9419> [現在795円 -113円]DeNA <2432> [現在2034円 -209円]
宮越HD <6620> [現在995円 -88円]三菱製紙 <3864> [現在457円 -33円]

三菱UFJ <8306> [現在511.8円 +1.4円]みずほ <8411> [現在155.2円 +0.5円]三井住友 <8316> [現在3475.0円 -9.0円]

野村 <8604> [現在425.4円 -2.7円]大和 <8601> [現在457.8円 0.0円]ソフトバンクグループ <9984> [現在4754円 -70円]

なんともやる気のないような相場となっています。
その中でごく一部の銘柄が物色されているようなところも、上値追いにはなかなかならない状況です。

9/7(土)  【コロ朝セミナー】9月特別篇 相場の福の神参上(東京・茅場町駅前)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4892

続きは【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

この「ハリケーン」で対中政策の変更(貿易戦争してる場合でない)の「言い訳・建前」になってほしいところも・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
坂本慎太郎(Bコミ)氏 独演会 (ダウンロード)

2019年8月31日(土)開催 定期セミナー

『2019年後半の市場動向、決算発表から読みとれること&個別材料株特集』

ダウンロードで(料金後払い)すぐにご覧いただけます

お申込み・詳細⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4911
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】9月特別篇 藤本誠之氏登壇(東京・茅場町)

2019年9月7日(土)開催 14:20~16:50(開場 14:10)

ハロー貸会議室茅場町駅前 3階 相場の福の神参上

2019年9月の相場展望と有望注目銘柄と戦い方

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4892
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】アレス投資顧問株式会社代表取締役社長CEO阿部隆氏&取締役CIO齊藤浩友氏(東京・日本橋室町)

2019年9月14日(土)開催14:30~16:50(開場 14:10)

ハロー貸会議室日本橋室町 3階

東京市場現状分析と今後の展望 有望個別銘柄群

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4900
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】アポロ&株勝千人の勉強会 (東京・茅場町)

2019年9月28日(土)開催14:20~16:50(開場 14:10)

ハロー貸会議室茅場町 3階 特別料金

テクニカル分析とファンダ分析で相場解説と銘柄研究

TD net活用

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4901
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。
また株式・債券等の有価証券の投資には<<手数料等およびリスクについて>>
記載したとおり、株価・債券価格等の有価証券価格等の下落や
発行者の信用状況の悪化等により、投資元本を割り込むおそれがあります。
銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様自身の判断で行なうようにお願いいたします。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから