SBG磁力と死角(上)


2019年9月4日(水)くもり

・ソフトバンクグループ <9984> [終値4726円]磁力と死角(上)
投資会社に転身したソフトバンクグループ(SBG)が「ソフトバンク・ビジョン・ファンド」の第2号設立し、近く投資始める。
課題だった米通信大手スプリントの合併にめど付け、投資会社として日本企業が出遅れがちなデジタル革命の先端を走る。
ベンチャー投資市場の3割弱に相当する引き寄せる一方、会長兼社長の孫正義が主導する矢次早の決定には「投資ありき」の危うさも。
「創業者を手助けし、経営を前進させながら投資資金を注入する」。孫氏が自負する他の投資家にはない強みは事業家の経験。
孫氏を突き動かすのはネット革命時に米アマゾン・ドット・コムに投資できなかった後悔。
3割の株取得に1億ドルを提案したが創業者ジェフ・ベゾス氏の希望に3千万ドル届かず、今の時価総額から計算すると30兆円逃した。
今回のAI革命では企業を「総取りする」という思いがある。
ファンドの投資が企業の成長を加速し、高い運用利回りを生んでいる。
00年までのIT(情報技術)バブルは、IT革命の高揚感と低金利政策が連動し、破裂するとアマゾン株でさえ20分の1に下がった。
企業間電子商取引の企業の数多く傘下に収めた投資会社インターネット・キャピタル・グループ株も212ドルから1ドル以下になった。
技術革新と金融緩和が重なる環境は当時と似る。今回は上場株ではなく未上場株にマネーは流れ込み、SBGはその先頭を行く。
AIへの期待が揺らげばマネーの磁力は消えかねない。

・英国の欧州連合(EU)離脱巡る情勢が一段と緊迫。
3日に再開した英議会では、「合意なき離脱」に反対する労働党など野党が来年1月末までの離脱延期を要請する法案を提出する。
一方、10月末の離脱にこだわるジョンソン氏は同法案の審議入りに過半数が賛成した時点で、解散総選挙を提案する方針。
英議会は再開と同時にヤマ場迎えた。

・最高裁や法務省が参加する研究会が、民事裁判の審理を半年以内に終える新制度検討。
当事者双方が合意すれば主張や争点を絞り込み、通常の3分の1程度に短縮して結論を出す。
迅速な訴訟に向けた裁判のIT(情報技術)化が2023年度以降の完了を目標に進んでおり、それに合わせて新制度の導入目指す。

・10/1の消費税率10%への引き上げまで1カ月を切り、家電製品や比較的高額な衣料品の売れ行きが伸びる。
住宅や自動車では増税前後の需要変動を鳴らすために政府が購入支援策導入しているが、対象外の高額品で駆け込み需要が出てきた。

・就職情報サイト「リクナビ」運営するリクルートキャリア(東京・千代田)<6098> [終値3208.0円]が
就活生の同意を得ず「内定辞退率」の予測を顧客企業に販売していた問題で、厚生労働省が近く同社に職業安定法に基づき行政指導する。

・10月末の欧州連合(EU)離脱に一転集中するジョンソン英首相の型破りな手法が、金融市場を翻弄している。
3日のロンドン外国為替市場では英通貨ポンドが売られ、対ドルで約3年ぶりの安値を付けた。
強行突破も辞さない姿勢に、市場では「合意なき離脱」への懸念が強まっている。
3日にポンドは一時1ポンド=1.19ドル台と、対ドルで2016年10月以来の水準に沈む。
ジョンソン英首相就任直前の7月下旬から4%ほど水準切り下げ。

・人材派遣会社が派遣社員の待遇改善に動き出す。
これまで少なかった交通費の支払いをうたう求人案件が全体の半数程度に達した。
「同一労働同一賃金」ルールの適用が2020年4月に始まる。各社前倒しで、派遣社員の確保につなげる。
待遇改善の流れが重なり、派遣先企業の人件費の負担は増えそうだ。

・中高年の消費者心理が悪化。
消費者態度指数は8月まで前年同月比で14カ月連続で下がったが、
年齢別でみると39歳以下の心理はさほど変わらず、40歳以上の心理悪化が全体を押し下げている。
年金生活者が消費増税への不安強めたのに加え、40~50代の賃金の伸び悩みが響いているとみられる。

・金融庁は銀行が地域商社を作りやすいように9月にも規制見直す。
監督指針で銀行が取り組める事業範囲を明確にし、地方銀行に設立促す。
地域商社は地銀の活路になるとみて環境を整える。

・SBIHD <8473> [終値2162円]北尾吉孝社長3日、
「国内外の様々なフィンテックを活用し、地域金融機関と『第4のメガバンク構想』を実現していく」と。
「システム費用を固定費から変動費に変え、高コスト体質を解決できる」とした。
SBIグループ、ベンチャー企業、地銀が共同で使えるクラウド上につくる。

・南アフリカ政府統計局が3日、4-6月期の実質国内総生産(GDP)は前期比年率で3.1%増とプラスに転じたものの、本格的な景気浮揚は遠い。
50%を超える若年失業率に国民の不満高まっており対策は急務だが、汚職や無駄のはびこった前政権下で傷んだ構造改革の実行は容易ではない。

・米国が7月末に利下げに踏み切ったにもかかわらず、ドル高が続いている。
ドルの総合的価値示す名目実効レートは約2年半ぶりの高値。
米国の景気は欧州やアジアに比べ底堅く、消去法でマネーが流入。

・中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)3日、自社製品の詳細な技術情報を公開することを日本政府に提案。
通信機器などに搭載するソフトの内容開示し、検証してもらう。
透明性を訴え、現状打開する狙い。

・インドで遅れていた物流インフラの近代化が加速する。
国営物流会社は10月にも鉄道使った低温輸送を始める。
コンビニエンスストアの進出などで生鮮・冷凍食品の需要が伸びる。
インドの物流産業は2021年ごろ、日本に匹敵する年間20兆円規模に成長する見通し。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

2019年週末の【銘柄研究】検証(2019年7/12)
パフォーマンス30%以上上昇は11.1%
http://www.koronoasa.com/?p=46566

9/7(土)  【コロ朝セミナー】9月特別篇 相場の福の神参上(東京・茅場町駅前)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4892

・ゼンショーHD <7550> [終値2422円]傘下のすき家本部3日、牛丼チェーン「すき家」での10/1からの消費税率引き上げの対応で、
「牛丼 並盛」の税込み価格を店内飲食か持ち帰りかを問わず、現行価格の350円に据え置く。
外食業界では「消費者へのわかりやすさ」など理由に、同様の動きが広がりつつある。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

9/7(土)  【コロ朝セミナー】9月特別篇 相場の福の神参上(東京・茅場町駅前)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4892

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

立会外分売

巴川製紙 <3878> [終値781円]9/4 761円 5万7400株

ピアラ <7044>[終値2273円]9/4 2204円 4万1100株

公募・売り出し価格

タカミヤ <2445> [終値663円] 申込み9/4-5 払込日9/10

—————————————————————————————

(今日の一言)

海外NY株式市場は、下落。
米中摩擦の長期化や英国の欧州連合(EU)離脱問題の混迷で市場心理が悪化しているところに、
米供給管理協会(ISM)が3日公表した8月の製造業購買担当者景気指数(PMI)が2016年8月以来、景気拡大・縮小の節目となる50を割り込み、
投資家心理に影響、リスク回避姿勢が強まった。

ダウ工業株30種平均は一時420ドル安の場面もあったが、引けにかけて若干下げ幅縮小した。

アップル(-1.46%)グーグル(-1.76%)フェイスブック(-1.77%)アリババ(-1.50%)エヌビディア(-1.99%)
ネットフリックス(-1.52%)アマゾン・ドット・コム(+0.76%)バイオジェン(-1.05%)バークシャー(-1.23%)
ラッセル2000(-1.51%)HTG(ハイイールドファンド)(-0.29%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約67.2億株、過去20日間平均約69.9億株を下回る。

欧州株式市場の主要3指数は反落。
英国は政局不安も相場の重しに。
軟調な米製造業統計受け、世界経済への懸念が高まった。
ギリシャ(アテネ総合)株価指数(-0.77%)、イタリア(MIB)株価指数(-0.25%)と下落。

3日の東京株式市場で日経平均(+0.02%)は2日ぶり小幅反発。
東証株価指数(TOPIX)(+0.37%)も2日ぶり反発。

東証マザーズ(+0.61%)、日経ジャスダック平均(+0.07%)は3日続伸、東証2部(-0.31%)は3日ぶり反落で終了。

東証1部出来高は8億4123万株、売買代金は1兆3874億円。
昨日よりほんの少し商い増も、後場の上下幅は38円。マザーズの商いは今年最低。

東証1部騰落数は値上がり1,485(69%)銘柄、値下がり561(26%)銘柄、変わらず104(4%)銘柄に。

業種別ランキングでは28業種上昇、5業種下落に。
値上がり上位は、証券商品先物、海運業、パルプ・紙、鉄鋼、その他金融業、金属製品、水産・農林業、・・・
値下がり上位は、鉱業、ゴム製品、建設業、保険業、電気機器。

東証1部値上がり上位は、アトラ <6029> [現在373円 +80円]マイネット <3928> [現在543円 +46円]
曙ブレーキ <7238> [現在154円 +13円]チェンジ <3962> [現在2088円 +175円]

値下がり上位は、ホットランド <3196> [現在1192円 -164円]東祥 <8920> [現在2313円 -216円]
ブレインパッド <3655> [現在6330円 -390円]チャームケア <6062> [現在2066円 -123円]

三菱UFJ <8306> [現在511.2円 -0.5円]みずほ <8411> [現在155.1円 -0.1円]三井住友 <8316> [現在3478.0円 +3.0円]

野村 <8604> [現在436.8円 +11.4円]大和 <8601> [現在464.2円 +6.4円]ソフトバンクグループ <9984> [現在4726円 -28円]

ソフトバンクグループ <9984> [終値4726円]磁力と死角 素晴らしい面、不安な面はありますが、少しだけでももっていたく感じます。

2019年週末の【銘柄研究】検証(2019年7/12)
パフォーマンス30%以上上昇は11.1%
http://www.koronoasa.com/?p=46566

続きの個別銘柄等は【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

9/7(土)  【コロ朝セミナー】9月特別篇 相場の福の神参上(東京・茅場町駅前)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4892

ノーベル賞関連の銘柄候補を【コロ。の独り言】に掲載。
待ち伏せて、吹き値売り候補です。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】9月特別篇 藤本誠之氏登壇(東京・茅場町)

2019年9月7日(土)開催 14:20~16:50(開場 14:10)

ハロー貸会議室茅場町駅前 3階 相場の福の神参上

2019年9月の相場展望と有望注目銘柄と戦い方

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4892
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】アレス投資顧問株式会社代表取締役社長CEO阿部隆氏&取締役CIO齊藤浩友氏(東京・日本橋室町)

2019年9月14日(土)開催14:30~16:50(開場 14:10)

ハロー貸会議室日本橋室町 3階

東京市場現状分析と今後の展望 有望個別銘柄群

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4900
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】アポロ&株勝千人の勉強会 (東京・茅場町)

2019年9月28日(土)開催14:20~16:50(開場 14:10)

ハロー貸会議室茅場町 3階 特別料金

テクニカル分析とファンダ分析で相場解説と銘柄研究

TD net活用

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4901
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して朝8時前後に
配信しております。
ディトレード、スイングトレードの種があなたのピックアップを
待っております。
詳細はこちらまで⇒ http://www.koronoasa.com/info/

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年12/24)
3カ月間で50%超上昇銘柄18.4%
http://www.koronoasa.com/?p=44478
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝NEWS】をメール(無料)にてお届けいたします。
https://www.directform.info/form/f.do?id=308
『コロ朝メールマガジン登録』で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ヘッジファンド運用助言会社の
ミョウジョウ・アセット・マネジメント
インターネットを通じた新サービスを開始。
http://www.myojoam.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。
また株式・債券等の有価証券の投資には<<手数料等およびリスクについて>>
記載したとおり、株価・債券価格等の有価証券価格等の下落や
発行者の信用状況の悪化等により、投資元本を割り込むおそれがあります。
銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様自身の判断で行なうようにお願いいたします。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから