米朝非核化交渉再び物別れ


2019年10月7日(月)曇りのち雨

・日本の出生数は急減。
1~7月は前年同期比5.9%減、30年ぶりの減少ペースとなった。
団体ジュニア世代が40代後半になり、出産期の女性が減ったことが大きい。
2016年に100慢人を下回ってからわずか3年で、19年は90万人を割る可能性が高い。

・グローバルに事業を展開する企業への適切な課税に向け、経済協力開発機構(OECD)によるデジタル課税の枠組み案わかる。
国別の売上高の割合に基づいて各国に利益への課税権を持たせる。
新しい枠組みはIT(情報技術)をはじめすべてのグローバル企業対象とし、事業展開の実態に合わせた課税目指す。
第1段階はグローバル企業の利益を切り分けること。
拠点の固定資産などから上がる一般的な利益を除いた部分を、
ブランド力や知名度といった「無形資産」で全世界の消費者から稼いだ利益だとみる。
この利益を各国税収の原資とする。
第2段階は利益がどの国に帰属するかを各国における売上高の割合に基づいて算出する。

・米国と北朝鮮は5日、スウェーデン首都ストックホルムで非核化巡る実務協議開いた。
北朝鮮は協議後、米国の姿勢に変化が見られなかったと「交渉は期待に沿わず、決裂した」との認識表明。
米国は北朝鮮の発言を「議論の中身を反映していない。よい議論ができた」と反論、2週間後の再協議に前向きな姿勢示した。

・日本経済新聞社、主要30業種を対象に2019年10-12月期の産業天気図予測、
アパレル、食品・飲料、鉄鋼・非鉄、貨物輸送、アミューズメントの5業種が悪化。

・国会は7日、衆院本会議で安倍晋三首相の所信表明演説への各党代表質問実施し、与野党の論戦が始まる。
代表質問は衆院で7,8両日、参院で8,9両日に実施。
10日からは衆院予算委員会で、首相出席の基本的質疑が始まる。

・安倍晋三首相6日、科学技術に関する国際会議(京都市)で講演、
プラスチックごみによる海洋汚染問題に関し「プラスチックの敵視や利用者の排斥はすべきでない」と指摘。
「必要なのはごみの適切な管理で、イノベーションによる解決を求めることだ」と述べ、技術革新で解決目指すべきとの考え示した。

・金融庁、生命保険会社による保険商品の売り方に対して監視強める。
商品内容やリスクを十分に顧客に説明したうえで販売しているか重点的に調べる。
新商品を認めるときの審査も厳しく。

・年金積立金管理運用独立行政法人(GPIF)が運用する公的資金の運用実績、2019年7-9月に2兆円規模の黒字になった模様。
米中貿易摩擦の激化で株式相場は一時大きく下落した。
9月に入って持ち直し、黒字を確保。運用収益は国内外の株式と債券の全ての資産で黒字となった。

・香港6日、デモ参加者のマスク着用禁じる「覆面禁止規則」に反対する大規模デモがあり、数万人の市民がマスク姿で参加。
一部の若者らは複数の幹線道路を占拠し、火をつけたり、政府施設を破壊したりした。
警察は最榴弾を使って居いう姓排除に乗り出し、各地でデモ隊と衝突。5日には13人が覆面していた容疑で逮捕された。

・約7カ月ぶりとなる米朝の実質的な非核化交渉は、再び物別れに。
北朝鮮は米国の姿勢を「手ぶらで来た」と非難、年末までの一方的な期限を切り再考迫った。
中距離弾道ミサイル発射を再開する可能性ちらつかせ、緩和的姿勢示す米国に一段の譲歩迫る交渉戦術とみられる。

・トランプ米大統領がバイデン前副大統領に対する批判強めている。
バイデン氏の息子ハンター氏が中国で不正なビジネスをしていたと主張、中国に対して腐敗撲滅のための協力求めた。
2020年の大統領選で最大のライバルとなりうるバイデン氏の疑惑をたたきつけ支持率下げる狙い。
中国への協力要請は今週の米中貿易協議に影響との見方も。

・中国人民銀行(中央銀行)6日発表、2019年9月末の外貨準備は前月末比147億ドル少ない3兆924億ドル(約330兆円)に。
今年の2月以来7か月ぶりの低水準。ドルがユーロや円に対して値下がりしたことや、金利上昇で債券価格が下落したことが影響。

・外食業界で大手企業による小規模な企業のM&A(合併・買収)が広がる。
吉野家HD <9861> [終値2561円]やクリエイト・レストランツHD <3387> [終値1807円]が相次ぎ地域展開にとどまるチェーンを買収。
味などのノウハウや常連客を引き継ぎ、成長の足掛かりにする。

・住友商事 <8.53> [終値1664.5円]とベトナム不動産大手BRGグループは6日、
ベトナムの首都ハノイ市でスマートシティー開発に乗り出すと発表。
2020年にも着工し、まずは約7千戸のマンションや住居など建設。最終的な投資額は4500億円規模に。

・体に備わる仕組みを利用するがん免疫薬について、効果を事前に予測する技術が実用化に近づいている。
東京慈恵医大などは99%の精度で識別できる技術開発。
川崎医科大や名古屋大などはそれぞれ2~3種類のがん免疫薬の効果を予測する目印を見つけた。
無駄な投与が減れば、副作用だけでなく、医療費の抑制にもつながる。

・日本経済新聞社、主要30業種を対象に2019年10-12月期の産業天気図予測、
「晴れ」2(-)建設・セメント、旅行・ホテル
「薄日」8(-2)アミューズメント、食品・飲料が曇りへ
「曇り」10(-)電子部品・半導体小雨から曇り 、
「小雨」6(+2)鉄鋼・非鉄、アパレル、貨物輸送が曇りから小雨
「雨」4(-)電力、外食、プラント・造船、産業・工作機械

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

10/12(土) 【コロ朝セミナー】大魔神氏 特別講演  (東京・日本橋室町)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4924

・プロ野球で唯一400勝達成、金田正一(86歳)さんが6日死去。

・米中両国の閣僚級貿易協議が10日から米ワシントンで開かれる。
約2カ月半ぶりの開催となるが、この間だけでも対立点が為替や投資分野へ飛び火。
深刻さを増す香港情勢や、トランプ米大統領がバイデン前副大統領に関する疑惑調査を中国に呼びかけたことも懸念事項として浮上。

・ラグビーワールドカップ日本大会、世界ランキング8位の日本は5日、サモア(世界ランキング15位)を38対19で破り、3連勝。
初のンベスト8に前進。13日のスコットランド(同9位)戦に勝つか引き分けでベスト8に進出決まる。

・インフルエンザが例年より2カ月早く流行の兆し。
9月に沖縄や九州中心に患者数が急増し、東京でも一時、流行の目安とされる1医療機関あたりの患者数が1人を上回った。
国内で開催されているラグビー・ワールドカップにはインフルエンザが流行中の南半球の参加国が多く、
来日した外国人患者から感染拡大する可能性もあり、警戒が必要になりそう。

・UUUM(ウーム)<3990> [終値5150円]急成長。
ビジネスモデルはクリエーターをメディアに見立てた「広告代理店」。
ウーム専属の著名クリエイターたちはテレビ番組やCMにも進出し存在感発揮。
ただ、売上高の6割がユーチューブから受け取る広告収入という「一本足」の側面もあり、
巨大プラットフォーマー(基盤提供者)への依存度の高さというリスクも抱える。

・農林水産省4日、群馬県の検査で豚コレラに感染した疑いのある野生イノシシ2頭、国の検査で陽性と確定。
これまで飼育豚や野生イノシシでの感染が確認されたのは計10県に拡大。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

10/12(土) 【コロ朝セミナー】大魔神氏 特別講演  (東京・日本橋室町)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4924

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

新規公開株

銘柄  コード  市場   発行株数  公募価格  主幹事証券 注目度

2019/10/8 HENNGE 4475  マザーズ 公開株数 1,504,200 公開価格 1,400円 引受証券 野村他 注目度
事業内容:企業向けクラウドセキュリティーサービス「HENNGE One」の提供

2019/10/8  AI CROSS 4476 マザーズ 公開株数 699,700 公開価格  1,090円 引受証券 SBI他 注目度 B
事業内容:SMS(ショート・メッセージ・サービス)メッセージングサービス、
ビジネスチャットサービス、AI Analyticsサービスの開発・提供

2019/10/9 アンビスホールディングス 7071  JQS  公開価格  2,800円 引受証券 野村他 注目度 B
事業内容:住宅型有料老人ホームなど「医心館」施設内における訪問看護、訪問介護、
居宅介護支援および障害者支援などの各種サービスの提供と施設運営による「医療施設型ホスピス」事業

—————————————————————————————

(今日の一言)

週末の海外NY株式市場は大幅続伸。
主要3指数とも、1.4%以上の大幅続伸で終了。
ダウ工業株30種平均はこの日の高値圏で終了。

注目された米労働省4日発表、9月の雇用統計(速報値)、景気動向を敏感に映す非農業部門の就業者数が前月比13万7千人増にとどまる。
だが、過去分が上方修正され、失業率は3.5%と前月から0.2ポイント改善し、50年ぶり低水準となった。
米雇用統計が警戒したほど悪くないとの見方から米景気後退の懸念が和らいだ。
賃金の伸び鈍化で追加の米利下げ観測も続き、相場を押し上げた。ハイテクや銀行株など中心に幅広い銘柄に買いが入った。

アップル(+2.80%)グーグル(+1.81%)フェイスブック(+0.60%)アリババ(+0.51%)エヌビディア(+0.36%)
ネットフリックス(+1.73%)アマゾン・ドット・コム(+0.88%)バイオジェン(+0.67%)バークシャー(+1.51%)
ラッセル2000(+0.97%)HTG(ハイイールドファンド)(+0.31%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約億株、過去20日間月初平均約億株を上回る。

週間ベースでは、ダウは0.009%安、3週続落(累計2.3%下落)、ナスダック総合指数は0.005%高、3週ぶりの反発、
S&P500種指数は0.003%安、3週続落(同1.8%下落)で取引を終えた。

欧州株式市場の主要3指数は上昇。
週間ベースでは、英FTSEは2週ぶり下落、独DAXは3週続落、仏CAC40は、2週続落。
ギリシャ(アテネ総合)株価指数(+0.18%)、イタリア(MIB)株価指数(+0.75%)と上昇。

週末4日の東京株式市場で日経平均(+0.32%)は3日ぶり反発 高値引け。
東証株価指数(TOPIX)(+0.26%)も3日ぶり反発。

なかなかエキサイティングな10月第1週でした。

東証マザーズ(+1.28%)、日経ジャスダック平均(+0.38%)は3日ぶり反発、東証2部(+0.60%)は2日ぶり反発で終了。

東証1部出来高は11億0345万株、売買代金は1兆8219億円。
東証1部騰落数は値上がり1,191(55%)銘柄、値下がり858(39%)銘柄、変わらず102(4%)銘柄に。

業種別ランキングでは22業種上昇、11業種下落に。

値上がり上位は、石油石炭製品、陸運業、不動産業、空運業、サービス業、食料品、サービス業、食料品、・・・
値下がり上位は、銀行業、海運業、保険業、鉄鋼、非鉄金属、卸売業、ガラス土石製品、建設業、小売業、・・・

東証1部値上がり上位は日本エンター <4829> [現在287円 +59円]サイバネット <4312> [現在735円 +65円]
カナミックN <3939> [現在628円 +54円]エイトレッド <3969> [現在1669円 +130円]

値下がり上位は、アトラ <6029> [現在437円 -58円]KLab <3656> [現在1018円 -85円]
ノムラシステム <3940> [現在658円 -48円]インソース <6200> [現在2620円 -177円]

三菱UFJ <8306> [現在537.7円 -4.2円]みずほ <8411> [現在163.2円 -1.0円]三井住友 <8316> [現在3647.0円 -21.0円]

野村 <8604> [現在466.7 +5.2円]大和 <8601> [現在487.6円 +4.9円]ソフトバンクグループ <9984> [現在4120円 +5円]

週間ベースでは、日経平均株価は2.1%安、東証株価指数(TOPIX)2.0%安、ともに2週続落。
東証マザーズ指数は1.3%安、 3週ぶり下落、日経ジャスダック平均は0.1%安、5週ぶり下落、東証2部指数は1.5%高、3週ぶり上昇で終了。

安倍晋三首相6日、科学技術に関する国際会議(京都市)で講演、
プラスチックごみによる海洋汚染問題に関し「プラスチックの敵視や利用者の排斥はすべきでない」と指摘。
「必要なのはごみの適切な管理で、イノベーションによる解決を求めることだ」と述べ、技術革新で解決目指すべきとの考え示した。

リファインバース <6531> [終値1503円]刺激も・・・

週末は【銘柄研究】はコロ朝プレミアムに掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

続きの個別銘柄等は【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

10/12(土) 【コロ朝セミナー】大魔神氏 特別講演  (東京・日本橋室町)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4924

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】2019年

9/28(土) 【コロ朝セミナー】アポロ氏&株勝千人 テクノ・ファンダの会 勉強会(ダウンロード)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4928

10/5(土)  【コロ朝セミナー】10月特別篇 相場の福の神参上(ダウンロード)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4932

10/12(土) 【コロ朝セミナー】大魔神氏 特別講演  (東京・日本橋室町)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4924

10/26(土) 【コロ朝セミナー】坂本彰氏 独演会(東京・茅場町駅前B)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4926

11/9(土)  【コロ朝セミナー】11月特別篇 相場の福の神参上(東京・茅場町駅前B)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4931

11/16(土) 【コロ朝セミナー】岡本昌巳氏 秋の陣 (東京・日本橋室町)

11/23(土) 【コロ朝セミナー】馬渕治好氏 特別講演会(東京・表参道)

11/30(土) 【コロ朝セミナー】坂本慎太郎(Bコミ)氏 独演会 (東京・八重洲ファーストビル8F)

12/7(土)  【コロ朝セミナー】12月特別篇 相場の福の神参上(八重洲ファーストビル4F)

12/21(土) 【コロ朝セミナー】アレス投資顧問株式会社 (八重洲ファーストビル4F)

12/28 (土) 【コロ朝セミナー】アポロ氏 テクノ・ファンダ 分析の極意( 東京・茅場町)

2020年

1/4(土)  【コロ朝セミナー】2020年新春特別講演会 櫻井英明氏独演会(東京・日本橋室町)

1/11(土) 【コロ朝セミナー】2020年新春特別篇 相場の福の神参上(東京・茅場町駅前B)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
岡本昌巳氏 渾身の執筆
新刊「40年稼ぎ続ける投資のプロの 株で勝つ習慣」ダイヤモンド社
https://honto.jp/netstore/pd-book_28530556.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して朝8時前後に
配信しております。
ディトレード、スイングトレードの種があなたのピックアップを
待っております。
詳細はこちらまで⇒ http://www.koronoasa.com/info/

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年12/24)
3カ月間で50%超上昇銘柄18.4%
http://www.koronoasa.com/?p=44478
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝NEWS】をメール(無料)にてお届けいたします。
https://www.directform.info/form/f.do?id=308
『コロ朝メールマガジン登録』で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ヘッジファンド運用助言会社の
ミョウジョウ・アセット・マネジメント
インターネットを通じた新サービスを開始。
http://www.myojoam.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。
また株式・債券等の有価証券の投資には<<手数料等およびリスクについて>>
記載したとおり、株価・債券価格等の有価証券価格等の下落や
発行者の信用状況の悪化等により、投資元本を割り込むおそれがあります。
銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様自身の判断で行なうようにお願いいたします。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから