新規感染者数としては今月最低

2020年2月20日(木)くもり  水星逆行(2/17~3/10)

・三菱UFJFG <8306> [終値560.6円]シンガポールに本社を置く東南アジア配車最大手グラブに最大800億円出資して資本業務提携へ。
グラブが持つ1億7千万超の顧客基盤を活用し、スマートフォンアプリによる融資や保険の事業を共同で展開する。

・中国交通運輸省19日、2020年の春節(旧正月)前後40日間の旅客数は14億8千万人回と前年同期比50.3%減少。
1999年以来21年ぶりの低水準で、特に春節後の減少率は新型肺炎の影響で8割に達した。
春節休暇の小売売上高や旅行収入は5~8割減との見方が民間調査機関には多く「1-3月はマイナス成長」の試算も出始めた。
新型肺炎に収束のめどが立てば、4-6月以降の中国経済は回復に向かうとの見方も多い。

・新型コロナウイルスによる肺炎の入院患者が増えることを想定し、厚生労働省は19日までに、患者を受け入れる「感染症指定医療機関」について、
新型ウイルスによる肺炎以外の新規入院の受け入れを控えるよう各自治体などに依頼。、

・英国のジョンソン政権が次世代通信規格「5G」で中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)の製品使用を一部容認する方針。
英国の弱み(次世代技術の世界競争に出遅れる)を見透かした中国のしたたかな姿も透けてみえる。
英国にとって米国は自由貿易協定(FTA)の締結を目指す重要なパートナーである一方、経済成長が著しい中国との関係も切ることができず。
米中をてんびんにかける「いいとこ取り」がどこまで通じるか。

・引っ越しシーズンの前倒しが進む。
2年前に希望の時期や料金で移動できず、社会問題になった「引っ越し難民」を避けようと、
企業や消費者の間で2月の予約などでピークを避ける動き広がる。
需給は締まっており2月の料金は前年同期比9%上昇する見通し。

・中国湖北省武漢市で発生した新型コロナウイルスによる肺炎を巡り、
横浜港で3日から検疫を受けていたクルーズ船「ダイヤモンド・プリンセス」で19日、乗客の下船が始まった。
異例の船内検疫は未知の脅威に対応する難しさを浮き彫りにした。

・設備投資の先行指標である機械受注、1-3月期まで3四半期連続で前期を下回る見込み。
海外経済の減速に伴う製造業の停滞が長引いている。
投資の基調を左右する輸出は1月まで14カ月続けて前年を下回ったうえ、新型コロナウイルスが影を落とす。
1-3月期は変動の大きい船舶・電力除く民需が前期比5.2%減る見通し。
3四半期連続のマイナスになれば、直近の景気後退局面に重なる12年4-6月期から13年1-3月期(4四半期連続)以来。

・中国で春節(旧正月)休暇に故郷に戻った出稼ぎ労働者の年へのUターンが遅れている。
交通運輸省推計で15日時点でまだ2億2千万人が戻らず。
都市に帰っても2週間の自宅待機を求められることも多く、労働者不足は工場の操業再開の足かせにもなりかねない。

・厚生労働省は2020年度から介護付き有料老人ホームの新設支援に乗り出す。
公的施設の特別養護老人ホーム(特養)の入居待ちが深刻な状態が続く中、民間主体の施設整備を補助金で促す。
介護を理由に仕事を離れる「介護離職」をゼロにするという政府目標の実現につなげる狙い。

・2020年に4千万人の訪日外国人客を受け入れるとしてきた政府目標の達成が早くも厳しさを増している。
日本政府観光局(JNTO)19日、1月の訪日外国人客数が前年同期比1.1%減、266万1千人だった。
2月以降は新型コロナウイルスの感染拡大によって中国客の激減が避けられない見通しで、厳しいスタートとなった。

・国際通貨基金(IMF)19日、新型コロナウイルスによる肺炎が広がる中、世界経済への悪影響を抑えるため「国際協調が不可欠だ」とする提言を発表。
サウジアラビアで22~23日に開く20カ国・地域(G20)財務相・中央銀行総裁会議に向け、
金融緩和と財政出動を適切に組み合わせて世界経済を支えるよう各国に求めた。

・米資産運用業界に再編の波が押し寄せている。
業界大手米フランクリン・リソーシズは18日、同業レッグ・メイソンの買収を決めた。
手数料が得にくくなっているのは世界の運用業界に共通しており、日本でも再編圧力が強まる可能性がある。

・韓国航空業界の苦境が続いている。
前期は大韓航空を除き上場する6社のうち5社が営業赤字になった。
新型コロナウイルスに日韓関係の悪化、供給過剰、ウォン安と合わせた「4重苦」から脱却する道筋は見えにくい。

・トルコ中央銀行は19日、金融政策決定会合開き、主要な政策金利である1週間物レポ金利を11.25%から0.5%引き下げ、10.75%にすると決定。

・ファーストリテイリング <9983> [終値59990円]海外展開を加速。
「今後100年はアジアの時代」と柳井正会長兼社長が話す中、ユニクロは2019年にインドなどに出店。
GU(ジーユー)も東南アジア進出を視野に。
売上高2兆3000億円と上場後25年で70倍に拡大し、世界有数の衣料品会社になったが、企業体質に安全志向の一面も見え始めている。
積み上げた現預金の有効活用が行く末を占う。

・ソフトバンクグループ(SBG)<9984> [終値5351円]19日、
国内通信子会社ソフトバンク(SB)<9434> [終値1495.0円]の株式の一部を担保に最大5000億円を借り入れる。
SBGは単体で1.9兆円の手元資金を持つが、2年先までには合計で1兆4000億円の社債償還が控えている。

・ファミリーマート <8028> [終値2516円]19日、全社員の約15%にあたる1025人が希望退職すると発表。
募集人員(約800人)を上回ったが退職認める方針。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

2/22 (土) 【コロ朝セミナー】馬渕治好氏 特別講演会(収録・ダウンロード)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5025

・中国国家衛生健康委員会19日、新型コロナウイルスの感染ルートについて、飛沫感染と接触感染に加えて、
霧状に浮遊する粒子に混じったウイルスを吸引する「エアロゾル感染」の可能性があるとの見方示した。
中国政府が公式見解で認めたのは初めて。
新規の感染者数を1749人と発表したが、これは1日当たりの新規感染者数としては今月最低。
湖北省外での新規感染者数はわずか56人で、15日連続で減少している。

・中国国家衛生健康委員会19日、新型コロナウイルスによる肺炎の感染者が中国本土で計7万4185人、死者2004人に。
いずれも19日午前0時(日本時間同1時)時点。

・トランプ米政権18日、中国の国営メディア5社を「中国共産党のプロパガンダ(政治宣伝)機関」と認定。
国務省は5社に対し米国内にある外国の大使館や総領事館と同様、
米国で活動する従業員の名簿や雇用状況、米国内で保有・賃貸する不動産を届け出ることを義務付けた。
認定の対象は新華社通信、外国語放送の中国環球電視網(CGTN)、ラジオ部門中国国際放送、英字紙チャイナ・デーリーおよび同紙傘下企業。

・新型コロナウイルスの世界的な感染拡大を受け、米当局は中国からの帰国者らだけでなく、
季節性インフルエンザの症状示す人への新型コロナウイルス検査に乗り出す。
新型コロナウイルスの症状は発熱やせきなどで、インフルエンザと見分けがつきにくいため。
米疾病対策センター(CDC)資産、今シーズンのインフルエンザの感染者数は少なくても2600万人にのぼり、1万4千人がしぼうしたとされる。
一方、新型コロナウイルスの米国内感染者数は18日までに15人としている。

・トランプ米大統領18日、安倍晋三首相から東京五輪に招待されていることを明らかにした。
トランプ氏は「これから決める。まだ決めていない」などと述べ、検討中であるとした。

・JR西日本 <9021> [終値8903円]19日、2/1~14日のい山陽新幹線利用客数が前年同期比12%減と発表。
北陸新幹線は10%減、在来線特急も15%減と軒並み落ち込む。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

2/22 (土) 【コロ朝セミナー】馬渕治好氏 特別講演会(収録・ダウンロード)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5025

2019年週末の【銘柄研究】検証(2020年1/10現在)
パフォーマンス30%以上上昇は22.0% 3倍銘柄も!!
http://www.koronoasa.com/?p=48374

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

自己株処分

日本精鉱 <5729> [終値2195円]16万5000株予定を中止

立会外分売

レアジョブ <6096> [終値2214円]2/26-28 35万株

シライ電子 <6658> [終値266円]2/27-3/3 33万6000株

ダイコー通産 <7673> [終値1379円]2/20 1345円 10万株

公募・売り出し価格

ケネディクス・レジデンシャル・ネクスト投資法人 <3278> [終値213400円]20万8065円 申込み2/20-21 払込日2/26

大和ハウスリート投資法人 <8984> [終値295500円]28万3670円 申込み2/20-21 払込日3/2

TOB(公開市場買い付け)

東芝機械 <6104> [終値3275円]買い手シティインデックスイレブンス 期間 3/4までを4/16に変更

新規公開株

銘柄  コード  市場   発行株数  公募価格  主幹事証券 注目度

2020/2/20 ジャパン・インフラファンド 投資法人 9287  東イ 公開株数 72,900 公開価格 95,000円  引受証券 みずほ他 注目度 B
事業内容:太陽光発電設備を中心とする再生可能エネルギー発電設備などに投資
—————————————————————————————

(今日の一言)

海外NY株式市場は、上昇。
S&P500種株価指数とナスダック総合株価指数が最高値更新。
中国の追加嗜癖策への期待。
中国本土での新感染者数が2日連続で減少したことも投資家心理の改善を促した。
アップルが反発したことも好感。
新たな感染者数の減少で原油価格が上昇。

アップル(+1.45%)グーグル(+0.46%)フェイスブック(-0.14%)アリババ(+0.73%)エヌビディア(+6.11%)
ネットフリックス(-0.41%)アマゾン・ドット・コム(+0.67%)バイオジェン(+1.17%)バークシャー(+1.09%)
ラッセル2000(+0.54%)HTG(ハイイールドファンド)(+0.05%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約72.2億株、過去20日間平均約75.7億株を下回る。

欧州株式市場の主要3指数は2営業日ぶり反発。
仏CAC40株価指数は史上最高値更新。
新型コロナウイルスの中国fでの感染件数の伸びが減速したほか、中国人民銀行(中央銀行)が利下げするとの期待で相場上昇。

ギリシャ(アテネ総合)株価指数(+0.55%)、イタリア(MIB)株価指数(+1.01%)と上昇。

19日の東京株式市場で日経平均(+0.89%)は5日ぶり反発。
東証株価指数(TOPIX)(+0.37%)も8日ぶり反発。

外国為替市場で円が対ドルで1ドル=110円台に乗せ、中国、香港株式市場がしっかり。
一昨日の朝、ミニアップルショックで18日の米国市場を先どった形で売られていた日経平均株価は、
思った以上に米国株が下がらず買戻し先行とも・・・
また日経平均は4日続落、東証株価指数(TOPIX)は7日続落していたところで自律反発とも。
前日大きく下げた半導体関連や電子部品関連が買われ、指数を押し上げ。

東証マザーズ(+2.66%)は4日ぶり反発、日経ジャスダック平均(+0.66%)は6日ぶり反発、東証2部(+0.09%)は3日ぶり反発で終了。

東証1部出来高は11億3397万株、売買代金は2兆1108億円。
東証1部騰落数は値上がり1,245(57%)銘柄、値下がり801(37%)銘柄、変わらず114(5%)銘柄に。

業種別ランキングでは18業種上昇、15業種下落に。
値上がり上位は、精密機器、ゴム製品、海運業、金属製品、電気機器、倉庫運輸関連、医薬品、・・・
値下がり上位は、鉄鋼、銀行業、ガラス土石製品、非鉄金属、建設業、輸送用機器、繊維製品、・・・

東証1部値上がり上位は、有機合成薬 <4531> [現在338円 +80円]テモナ <3985> [現在697円 +100円]
ビーグリー <3981> [現在1492円 +211円]ITメディア <2148> [現在1096円 +103円]

値下がり上位は、アキレス <5142> [現在1915円 -215円]大幸薬品 <4574> [現在5150円 -530円]
ダイトウボウ <3202> [現在228円 -23円]サインポスト <3996> [現在2030円 -184円]

三菱UFJ <8306> [現在560.6円 -5.2円]みずほ <8411> [現在158.3円 -1.1円]三井住友 <8316> [現在3751円 -46円]

野村 <8604> [現在557.7円 +1.5円]大和 <8601> [現在536.1円 -11.8円]ソフトバンクグループ <9984> [現在5351円 +82円]

2/14のSQ値(23744円71銭)までまだ遠いものの、今週の射程距離にとらえたような機運も・・・

2019年週末の【銘柄研究】検証(2020年1/10現在)
パフォーマンス30%以上上昇は22.0% 3倍銘柄も!!
http://www.koronoasa.com/?p=48374

続きの個別銘柄等は【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

2/22 (土) 【コロ朝セミナー】馬渕治好氏 特別講演会(収録・ダウンロード)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5025

 

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬渕治好の世界から見た株式金融市場

【2020年前半、世界金融市場の見通し】(ダウンロード)

講師:馬渕治好 (ブーケ・ド・フルーレット代表)

2020年2月22日(土)収録いたします

ビデオダウンロードでご覧いただけます。

詳細・お申し込み⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=5025
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】 坂本慎太郎(Bコミ)氏 独演会 (ダウンロード)

2020年2月29日(土)収録いたします

『2020年の前半株式市場動向、決算発表から読みとれること』

有望個別材料株と投資タイミング

ビデオダウンロードでご覧いただけます

詳細・お申し込み⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=5033
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】3月特別篇 藤本誠之氏登壇(東京・日本橋室町)

2020年3月7日(土)開催 14:20~16:50(開場 14:10)

2020年3月の相場展望と有望注目銘柄。

乱高下の相場を読む

ハロー貸会議室日本橋室町 イーストンビル 3階(会場に注意してください)

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細は⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=5042
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して朝8時前後に
配信しております。
ディトレード、スイングトレードの種があなたのピックアップを
待っております。
詳細はこちらまで⇒ http://www.koronoasa.com/info/

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年12/24)
3カ月間で50%超上昇銘柄18.4%
http://www.koronoasa.com/?p=44478
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝NEWS】をメール(無料)にてお届けいたします。
https://www.directform.info/form/f.do?id=308
『コロ朝メールマガジン登録』で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ヘッジファンド運用助言会社の
ミョウジョウ・アセット・マネジメント
インターネットを通じた新サービスを開始。
http://www.myojoam.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから