米テスラも株式分割

2020年8月12日(水)晴れのちくもり

・新型コロナウイルス禍で急ブレーキがかかった世界経済。
スマートの位置情報、オンライン求人情報といったリアルタイムのデータや現場の声からは、急収縮後の回復の足取りの重さが浮かぶ。
米国は4‐6月期の実質国内総生産(GDP)が前期比年率換算で32.9%減と、記録の残る1947年以降で最悪の落ち込みになった。
「社会的距離指数」経済のすそ野支える中小企業の活動と連動性がある。コロナ前の1-2月の平均値と比べ、4月は9割以上も下がった。
足元は地域差も。日系の製造業などが多く立地するオハイオ州やインディアナ州はマイナス幅が3割台まで縮んだ。
新規感染者が高止まりするカリフォルニア州やテキサス州は7月下旬になっても5割前後の落ち込みが続き、全米の経済回復の重荷になっている。
日本も例外でなく、日本の小売店や飲食店を含む娯楽施設の人手は緊急事態宣言下の4-5月にコロナ前より4割近く減った。
8月にかけては再び2ケタのマイナスに。感染再拡大が影を落とす。

・世界の新型コロナウイルスの感染者の増加は歯止めがかからずヒトとモノの動きにはなお制約がある。
危機前と同じ水準の需要は当面見込みにくい。
春先にあったコロナ禍早期収束の楽観論は後退。
ビジネスも暮らしも新常態への適応力が試される。

・国民民主党玉木雄一郎代表11日、立憲民主党に合流する議員と、合流しない議員で党を分けると表明。
「解党した上で分党する」と述べ、いったん党を解散して複数の党にすると説明。
玉木氏自身は立民との合流に参加しない意向も示す。

・トランプ米政権が2018年3月発動した鉄鋼とアルミニウムのつか関税について、約7割の日本製品が適用除外されていることがわかる。
米国メーカーでは自動車の高機能鋼材などの分野で十分な量を作れず、日本の鉄鋼大手から購入しているため。

・ソフトバンクグループ(SBG)<9984> [終値6361円]11日、2020年4‐6月期連結決算純利益が前年同期比12%増の1兆2557億円に。
1-3月期は1兆4381億円の最終赤字だったが、資産現金化に伴って売却益など計上。投資事業の運用成績が改善。
SBGは新型コロナウイルスで市場が混乱した3月に4兆5000億円分の資産を現金化することを決め、4‐6月期はそれらの資産売却・資金化が貢献。

・香港警察が10日に逮捕した10人のうち、6人が香港国家安全維持法に問われ、外国人とのつながりを問題視。
民主派を取り巻く環境は厳しさを増す。

・ソフトバンクグループ(SBG)<9984> [終値6361円]資産売却を進め業績改善したが、本業と位置付ける投資事業は厳しい状況が続いている。
新型コロナウイルスによる生活様式の変化が逆風となる投資先もあり、売却分を除くと依然として含み損を抱える。
運用成績が停滞し、新たなファンド立ち上げの敷夏目は難航する。

・ソフトバンクグループ(SBG)<9984> [終値6361円]孫正義会長兼社長が初めて売却に言及した英半導体大手アームは、
次世代通信規格「5G」向けで存在感が高まっている。
世界のIT(情報技術)大手が買収に関心示す。
2016年に3.3兆円投じた案件の回収が見えれば25%を出資するファンド事業の損益改善にもつながる。
投資の「出口」戦略と将来への関与を両にらみで最善の策を探っていくことになる。

・トランプ米大統領10日、
8月末にも首都ワシントンでの開催めざしていた主要7カ国首脳会議(G7サミット)を11月の大統領選後に先送りする意向を示した。
「落ち着いた良い雰囲気の中で開けるだろう」と話した。

・国内旅行の需要喚起策「Go To トラベル」に登録した旅館・ホテルが全体の3割程度にとどまっている。
大手旅行会社の商品に組み込まれた大型旅館・ホテルなどが中心で、中小・零細の宿泊施設の登録は進んでいない。
1兆円を超える巨大事業の恩恵が大手事業者に偏りかねない。

・内閣府11日、7月の景気ウォッチャー調査、街角の景気実感を映す現状判断指数(DI)前月比2.3ポイント高い41.1となった。
3カ月連続の上昇だが、上昇幅は過去最大だった6月(23.3ポイント)から縮小。
先行きの判断DIも3カ月ぶりに低下し、新型コロナウイルスの感染再拡大への懸念が目立つ。

・東京商工リサーチ11日、7月の企業倒産件数は前年同月比2%減、789件。減少は2カ月ぶり。
新型コロナウイルス禍に対応した政府や金融機関の資金繰り支援が、経営の厳しい企業を一定程度支えているとみられる。

・新型コロナウイルスの流行が長期化する中、将来発生する損失を前倒し処理する地銀が増えてきた。
ふくおかファイナンシャルグループ <8354> [終値1725円]に続き、福島銀行 <8562> [終値158円]東京スター銀行(東京・港)も最終赤字計上。

・マネックス証券 <8698> [終値242円]TOB(株式公開買い付け)代理業務に参入する。
この分野に強みを持つ三田証券(東京・中央)と業務提携。
大手証券が手を出しにくい敵対的TOBも手掛ける方針。
TOBは今後も日本で増える見通しで、代理人業務通じて個人投資家の取り込みを進める。

・三菱UFJFG <8306> [終値430.0円]イスラム金融にのっとったリースをインドネシアで実行する。
同国最大の病院グループシロアム・インターナショナル・ホスピタルズに対し、
新型コロナウイルスの治療に使う医療機器などの提供で1700億ルピア(約12億円)の契約を結ぶ。

・欧州経済のけん引役であるドイツ製造業が立ち直り始めた。
生産水準はなお低いが、先行きへの楽観論が広がりつつある。
回復を支えているのは中国向け輸出で、中国市場への依存度が一段と高まりかねない危うさも浮かびあがっている。

・トランプ政権が大統領選前に対中包囲網を一段と強めている。
中国企業の排除や高官への制裁に続き、」対中輸出が合意通りに増えないことを受け、制裁関税を課す可能性も。
中国企業上場監査問題も、民主党候補となるバイデン前副大統領への攻撃材料として急浮上。

・ロシア、プーチン大統領11日、同国の国立研究所が開発した新型コロナウイルスのワクチンを承認。
新型コロナウイルスワクチンの承認は世界で初めて。
ただ国際的に承認に必要とされる大規模な臨床試験(治験)を完全に終了しておらず、安全性を懸念する声も強い。

・世界各国・地域の新型コロナ感染者数(死者数)8/11午後4時現在、米ジョンズ・ホプキンズ大まとめ 世界全体2009.2万人(736254人)
米国5094565(163465)ブラジル3027470(101752)インド2268675(45257)ロシア890799(14973)南アフリカ563598(10621)メキシコ485836(53003)
ペルー483133(21276)コロンビア397623(13154)チリ375044(10139)イラン328844(18616)スペイン322980(28576)英国313392(46611)

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

2020年前半 週末の【銘柄研究】検証(2020年7/23現在)
パフォーマンス30%以上上昇は48.0% 2倍4銘柄、3倍銘柄も!!
http://www.koronoasa.com/?p=50158

8/8(土) 【コロ朝セミナー】馬渕治好氏 特別講演会(ダウンロード)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5155

8/22(土) 【コロ朝セミナー】岡本昌巳氏 大阪にいけない夏の陣 (ダウンロード)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5145

・各地で河川の氾濫による水害が相次ぐ中、「浸水想定区域」での人口増加が目立っている。
国民の3割が同地域に住んでいることが判明。安価で容易に土地を確保できることによる開発の進展が要因と。
高リスク地域の住民に集団移転促す制度もあるが、利用低調。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

2020年前半 週末の【銘柄研究】検証(2020年7/23現在)
パフォーマンス30%以上上昇は48.0% 2倍4銘柄、3倍銘柄も!!
http://www.koronoasa.com/?p=50158

8/8(土) 【コロ朝セミナー】馬渕治好氏 特別講演会(ダウンロード)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5155

8/22(土) 【コロ朝セミナー】岡本昌巳氏 大阪夏の陣 (ダウンロード)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5145

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

立会外分売

ディーエムソリューションズ <6549> [終値961円]8/26-31 5万9800株

—————————————————————————————

(今日の一言)

海外NY株式市場は、下落。
ダウ工業株30種平均は一時は360ドルあまり上げる場面があった。
ただ、引けにかけて急速に上げ幅を縮め、結局は下げて終えた。
原油先物の下落も響いた。
新型コロナウイルス経済対策巡る協議の行き詰まりを嫌気したところも。
機関投資家が運用指標とするS&P500種株価指数が過去最高値に近づき、一部の投資家が利益確定や持ち高調整の売りに動いた。

アップル(-2.97%)グーグル(-1.05%)フェイスブック(-2.61%)アリババ(+0.12%)エヌビディア(-2.82%)
ネットフリックス(-3.40%)アマゾン・ドット・コム(-2.14%)バイオジェン(-3.44%)バークシャー(+0.04%)
マイクロソフト (-2.34%)ズーム(-7.58%)テスラ(-3.11%)ラッセル2000(-0.60%)HTG(ハイイールドファンド)(-0.90%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約112.4億株、過去20日間平均約103.2億株。

欧州株式市場の主要3指数は3営業日続伸。
米国の景気刺激策への期待や、中国とドイツの好調な経済指標を受け上昇。
ギリシャ(アテネ総合)株価指数(+1.47%)、イタリア(MIB)株価指数(+2.84%)と上昇。

11日の東京株式市場で日経平均(+1.88%)は4日ぶり反発。
東証株価指数(TOPIX)(+2.54%)も4日ぶり反発。

日経平均株価は4営業日ぶりに大幅反発。
米トランプ大統領が現地8日に追加経済対策の大統領令に署名し、10日のNYダウが上昇。
円安・ドル高もあって、朝方は買いが先行。
中国・上海総合指数や香港ハンセン指数の上げも支えとなった。

東証マザーズ(-0.47%)は2日ぶり反落、日経ジャスダック平均(+0.32%)は3日ぶり反発、東証2部(+1.56%)は2日続伸で終了。

東証1部出来高は16億2714万株、売買代金は2兆7430億円。
東証1部騰落数は値上がり1,763(81%)銘柄、値下がり373(17%)銘柄、変わらず34(1%)銘柄に。

業種別ランキングでは31業種上昇、2業種下落に。
値上がり上位は、不動産業、鉄鋼、銀行業、輸送用機器、空運業、ゴム製品、・・・
値下がり上位は、情報・通信業、その他製品。

東証1部値上がり上位は、ダントーHD <5337> [現在184円 +41円]アクセル <6730> [現在948円 +150円]
飯田GHD <3291> [現在1992円 +312円]蛇の目ミシン <6445> [現在643円 +100円]

値下がり上位は、ファイズHD <9325> [現在1125円 -209円]KINK&M <2170> [現在291円 -54円]
イーレックス <9517> [現在1251円 -225円]クックパッド <2193> [現在319円 -56円]

三菱UFJ <8306> [現在430.0円 +15.9円]みずほ <8411> [現在139.9円 +7.0円]三井住友 <8316> [現在3041.0円 +139.0円]

野村 <8604> [現在533.7円 +19.2円]大和 <8601> [現在478.1円 +16.4円]ソフトバンクグループ <9984> [現在6361円 -160円]

続きの個別銘柄等は【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

8/8(土) 【コロ朝セミナー】馬渕治好氏 特別講演会(ダウンロード)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5155

8/22(土) 【コロ朝セミナー】岡本昌巳氏 大阪にいけない夏の陣 (ダウンロード)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5145

本日は最近はそれほど言われませんが、SQ前の「魔の水曜日」。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】2020年

8/1(土)  【コロ朝セミナー】8月特別篇 相場の福の神参上(ダウンロード)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5151

8/8(土) 【コロ朝セミナー】馬渕治好氏 特別講演会(ダウンロード)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5155

8/22(土) 【コロ朝セミナー】岡本昌巳氏 大阪でない夏の陣 (ダウンロード)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5145

8/29(土) 【コロ朝セミナー】坂本慎太郎(Bコミ)氏 独演会(ダウンロード)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5144

9/5(土)  【コロ朝セミナー】9月特別篇 相場の福の神参上(東京・飯田橋駅前)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5150

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
岡本昌巳氏 渾身の執筆
新刊「40年稼ぎ続ける投資のプロの 株で勝つ習慣」ダイヤモンド社
https://honto.jp/netstore/pd-book_28530556.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して朝8時前後に
配信しております。
ディトレード、スイングトレードの種があなたのピックアップを
待っております。
詳細はこちらまで⇒ http://www.koronoasa.com/info/

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

2020年前半 週末の【銘柄研究】検証(2020年7/23現在)
パフォーマンス30%以上上昇は48.0% 2倍4銘柄、3倍銘柄も!!
http://www.koronoasa.com/?p=50158
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝NEWS】をメール(無料)にてお届けいたします。
https://www.directform.info/form/f.do?id=308
『コロ朝メールマガジン登録』で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから