総裁選 決選投票確実に

2021年9月28日(火)晴れ 水星逆行(9/27~10/19)天赦日 権利付き最終売買日

・政府28日、新型コロナウイルスワクチンウイルス対策で19都道府県に発令中の緊急事態宣言の全面解除を専門家に諮問する。
8県に出した宣言に準じる「まん延防止等重点措置」の解除も諮る。
宣言解除後も酒を提供する飲食店の営業時間やイベントなどで一定の制限を要請し、段階的に緩和する方針。

・日本経済新聞社とテレビ東京 <9413> [終値2230円]29日投開票の自民党総裁選の終盤情勢を探るため、党所属国会議員の動向調査。
岸田文雄氏がトップで議員票の3割超にあたる120票台確保。
河野太郎氏が2割超の100票以上、高市早苗氏が2割(80票弱)ほどそれぞれまとめて追い上げる。
態度未定の議員は全体の1割超の50人ほどいる。決選投票確実に。

・26日投開票のドイツ連邦議会選挙(総選挙)で、中道左派のドイツ社会民主党(SPD、社民党)が僅差で勝利。
16年首相を務めたメルケル氏の後継争いは、社民党の首相候補、ショルツ財務相が軸となる見込み。
過半数を確保するための連立交渉が焦点で、3党連立が有力に。
連立の行方は混とんとしている。

・韓国大法院(最高裁)三菱重工 <7011> [終値3009.0円]への賠償を命じた元朝鮮女子勤労挺身隊訴訟で、
韓国中部の大田地裁は27日までに、原告が差し押さえた同社の商標権と特許権の売却命令を決定した。
三菱重工「極めて遺憾。即時抗告するほか、政府とも連絡しつつ適切な対応を取っていきたい」とコメント。

・26日のドイツ総選挙で中道左派・社会民主党(SPD)が第1党になり、16年ぶりに左派主導の政権が現実味を帯びる。
だが政権基盤は弱く、内政を優先せざるを得ない。
長期政権を築いたメルケル氏が去り、ドイツがしばらく国際舞台から脱落するおそれもある。
環境論議などけん引してきた欧州連合(EU)の結束も揺らぎかねず。

・東京海上HD <8766> [終値6172円]10月から、石炭火力発電向けの炭鉱開発に関する新規の保険引き受けや投融資を停止する。
国内のほかの損保会社も追随する公算は大きく、日本企業が関わる国内外の新規株式公開(IPO)火力発電向け炭鉱開発は難しくなる。

・厚生労働省27日、新型コロナウイルス感染症の治療薬として英グラクソ・スミスクライン製の「ソトロビマブ」を承認。
国内では軽症・中等症向けの2種類目の新薬となる。
海外の臨床試験(治験)では入院や死亡のリスクが約8割減った。

・中国で深刻な電力不足が起きている。
当局が環境対策として石炭を主燃料とする火力発電所の発電抑制に動いたことが要因で、
同国メディアは全国の約3分の2の地域で電力供給を制限したと報じた。
米アップルや米テスラ向け部本を生産しているとされる工場が操業を停止し、日系企業にも影響が出始めている。

・日本経済新聞社を含む報道各社が9月に実施した世論調査によると、自民党の政党支持率が上がった。
菅義偉首相(党総裁)が退陣表明し、総裁選で4氏が争う構図になって支持が回復。
野党は衆院選控えて危機感を募らせる。

・政府は27日、新型コロナウイルスの水際対策を10月から緩和。
海外からの入国者のうち、ワクチン接種した人は14日間の自宅などの待機期間を10日に短縮。
米ファイザー、米モデルナ、英アストラゼネカを接種した人のみを緩和。

・政府27日の規制改革会議で、新型コロナウイルスの感染拡大防止に伴う行動制限緩和に向け、車両による移動式のPCR・抗原検査を解禁へ。
ワクチン接種の進展後に制限を緩め、感染抑制と経済活動の両立を目指す。

・厚生労働省27日、新型コロナウイルスの感染の有無を調べる「抗原検査キット」の調剤薬局での販売を解禁した。
自宅などで手軽に検査できるようにし、感染者の早期発見につなげる狙い。

・日銀 <8301> [終値29000円]10/1発表する9月の全国企業短期経済観測調査(短観)の民間エコノミスト予想出そろう。
大企業製造業の業況判断指数(DI)はプラス13と、6月のプラス14から小幅の悪化を見込む。
悪化すれば2020年6月調査以来となる。製造業・非製造業ともやや悪化する見通し。

・中国恒大集団の債務問題への市場の警戒が続いている。
2008年の米投資銀行リーマン・ブラザーズ破綻のように金融危機の引き金となるとの見方は現時点では限られる。
ただ共産党の締め付けが、企業の破綻リスクを軽視しながら膨張した中国の信用市場の転機となり、
信用収縮が経済を停滞させかねないと懸念されている。

・31年ぶりの高値 投資家たちの今(上)海外勢、日本株への期待再び
28日に緊急事態宣言の解除の可否決定、29日に自民党総裁選と重要な週を迎えた日本の株式市場では、
日経平均株価が3万円台で推移し14日につけた31年ぶりの高値に接近。
中国恒大集団の債務問題への警戒感はくすぶるが底堅い。
「デジタル化の進展という日本の構造変化に期待」「今後10年、20年の国の生産性向上にどうつながあるか見極めたい」との声も。

・中国人民銀行(中央銀行)27日、四半期に一度の金融政策委員会をこのほど開いたと発表。
同委員会は「不動産市場の健全な発展や住宅(購入者ら)消費者の合法的な権利を守る」と指摘。
中国恒大集団の経営不安が市場に与える影響を抑える狙いとみられる。

・26日投開票のドイツ連邦議会選挙(総選挙)で、中道左派ドイツ社会民主党(SPD、社民党)が16年ぶりに第1党になった。
次の焦点は議会での連立交渉で、選挙に敗れた中道右派キリスト教民主・社会同盟(CDU・CSU)にも政権獲得のチャンスは残る。
連立交渉長期化による政治の停滞は避けられない。

・英海軍の最新鋭空母の打撃郡構成する軍艦「リッチモンド」が27日、台湾海峡を通過して南シナ海に向かったことが分かった。
中国との緊張が一段と高まる可能性がある。

・中国の財政赤字が急拡大。2025年には10兆元(約170兆円)を突破し、21年の2.3倍になる見通し。
税収の伸びが鈍るほか、22年から中国版「団塊世代」の大量退職も始まり、年金や医療の給付に増える。
財政の急速な悪化は中国経済の新たな火種になる。

・世界各国・地域の新型コロナ感染者数前日比(死者数)9/27午後4時現在、米ジョンズ・ホプキンズ大まとめ 世界全体28.4万人(4547人)
米国-(282)インド26041(276)ブラジル8668(243)英国33068(64)ロシア22015(795)フランス4932(25)
トルコ25861(228)イラン13792(278)アルゼンチン562(13)コロンビア1422(43)スペイン0(0)イタリア3099(44)

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

2021年 週末の【銘柄研究】検証(2021年9/20現在)
http://www.koronoasa.com/?p=53765

10/2(土) 【コロ朝セミナー】10月特別篇 相場の福の神参上(東京・八丁堀)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=406133f168070bc

・タイやベトナムなど東南アジアでの新型コロナウイルス禍に伴う現地生産の混乱が、日本の消費生活にも余波及ぼす。
冷凍食品メーカーニチレイフーズ <2871> [終値2948円]タイの現地自社工場が1週間程度操業停止。
日本水産 <1332> [終値663円]9月家庭向け冷凍食品の新商品2品発売延期。
ファーストリテイリング <9983> [終値78880円]傘下のユニクロ、9/17に予定していた衣料品の発売が遅延。
TOTO <5332> [終値5330円]LIXIL <5938> [終値3255円]納品遅延。
パナソニック <6752> [終値1426.0円]生産拠点の新設に影響が出ている。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

週末は【銘柄研究】配信中⇒ http://www.koronoasa.com/info/

2021年 週末の【銘柄研究】検証(2021年9/20現在)
http://www.koronoasa.com/?p=53765

10/2(土) 【コロ朝セミナー】10月特別篇 相場の福の神参上(東京・八丁堀)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=406133f168070bc

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

公募・売り出し価格

Appier Group <4180> [終値1683円]海外売り出し1112万5200株

タカショー <7590> [終値914円]886円 申込み9/28-29 払込日10/1

新規公開株

銘柄 コード  市場   発行株数  公募価格  主幹事証券 注目度

2021/9/28 ジィ・シィ企画 4073 マザーズ 情報・通信業 公開株数 460,000 公開価格 1,890円 引受証券 岡三他 注目度 B
事業内容:クレジットカードなどのキャッシュレス決済に係るシステム開発
および導入後の保守運用ならびにクラウド型の決済ASP(Application Service Provider)サービスの提供

2021/9/28 ROBOT PAYMENT 4374 マザーズ 情報・通信業 公開株数 253,000 公開価格 1,860円 引受証券 SBI他 注目度 B
事業内容:インターネット決済代行サービスおよび請求関連業務の自動化・効率化クラウドサービス(請求管理ロボ)の提供

2021/9/28 デジタリフト9244 マザーズ サービス業 公開株数 490,200 公開価格 1,570円 引受証券 みずほ他 注目度 B
事業内容:トレーディングデスク事業

2021/9/28 リベロ 9245 マザーズ サービス業 公開株数 549,700 公開価格 1,400円 引受証券 日興他 注目度 B
事業内容:新生活サービスプラットフォームの構築と提供による部屋探し、引っ越し、電気・ガスなどのライフラインの手配、
クラウド賃貸契約サービスの提供など

—————————————————————————————

(今日の一言)

海外NY株式市場は、まちまち。
ダウ工業株30種平均は小幅ながら4日続伸、S&P500種株価指数は小反落、
ナスダック総合株価指数は4日続落で終了。
米債利回りの上昇を背景にハイテク株が売られ、指数の重しとなり、一方、バリュー株は買われる展開に。

フィラデルフィア半導体指数(SOX)は小幅ながらも2日続落。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場は新規の手掛かり材料難の中、
米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の議会証言を翌日に控えて様子見ムードが広がり、ほぼ横ばい。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は世界的な供給逼迫(ひっぱく)への懸念から買いが優勢となり、5営業日続伸。

アップル(-1.05%)グーグル(-0.79%)フェイスブック(+0.18%)アリババ(+3.52%)エヌビディア(-1.91%)
ネットフリックス(+0.04%)アマゾン・ドット・コム(-0.58%)バイオジェン(-1.74%)バークシャー(+0.67%)
マイクロソフト (-1.73%)ズーム(+0.19%)テスラ(+2.19%)ラッセル2000(+1.46%)HTG(ハイイールドファンド)(-0.09%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約103.2億株、過去20日間平均約101.9億株。

欧州株式市場の主要3指数は反発。

27日の東京株式市場で日経平均(-0.03%)は2日ぶり反落。
東証株価指数(TOPIX)(-0.14%)も2日ぶり反落。

東証マザーズ(-0.42%)は2日ぶり反落、日経ジャスダック平均(+0.20%)は2日ぶり反落、東証2部(+0.34%)は2日続伸で終了。

東証1部出来高は12億9346万株、売買代金は3兆2582億円。
東証1部騰落数は値上がり736(33%)銘柄、値下がり1,355(61%)銘柄、変わらず96(4%)銘柄に。

マザーズ出来高は7438万株、売買代金は1169億円。
マザーズ騰落数は値上がり176(45%)銘柄、値下がり194(50%)銘柄、変わらず15(3%)銘柄に。

東証1部業種別ランキングでは18業種上昇、15業種下落に。
値上がり上位は、鉱業、空運業、陸運業、銀行業、石油石炭製品、その他金融業、輸送用機器、証券商品先物、・・・
値下がり上位は、海運業、機械、倉庫運輸関連、化学、医薬品、情報・通信業、繊維製品、食料品、・・・

東証1部値上がり上位は、井筒屋 <8260> [現在384円 +80円]東邦システム <4333> [現在1257円 +195円]
ノリタケ <5331> [現在5340円 +675円]シンプレクスHD <4373> [現在2240円 +280円]

値下がり上位は、サカイオーべ <3408> [現在4380円 -1000円]OKK <6205> [現在288円 -40円]
ピックルス <2925> [現在2053円 -212円]オーケストラHD <6533> [現在4235円 -415円]

三菱UFJ <8306> [現在676.5円 +8.2円]みずほ <8411> [現在1652.5円 +38.5円]三井住友 <8316> [現在4116円 +96円]

野村 <8604> [現在577.8円 +6.9円]大和 <8601> [現在682.1円 +2.9円]
ソフトバンクグループ <9984> [現在6624円 -3円]トヨタ <7203> [現在10330円 +230円]

日経平均株価は、小反落。
前週末の米国株式は小幅に高安まちまちながら、時間外取引(日本時間27日朝方)での米株価指数先物高もあり、朝方は買いが先行。
政府は緊急事態宣言を30日の期限をもって全面解除する方針と報じられ、経済正常化への期待感も支えとなった。
前週末の大幅高の反動もあり、いったん小安くなったが、先物買いに盛り返し、前場3万0414円(前週末比165円高)まで上昇。
一巡後は、上値が重くなり、後場入り後には再度マイナス圏、一時3万0197円(同51円安)まで軟化。
大引けにかけては前週末終値近辺で推移した。

マザーズ指数は、小反落。
高く始まったが東証1部市場が上値の重い展開となったこともあり、軟化した。

本日は9月のっ最終売買日となり、明日は配当分(180円前後)落ちることになります。
優待取りの最終日でもあり、怖い怖い「水星の逆行(9/27~10/19)」もあり、
新規株式公開(IPO)も本日は4銘柄といろいろ材料のある一日になります。

『相場の福の神』財産ネットの藤本誠之さんの日刊ゲンダイのコラム
『荒れ相場に負けない底力株』
HCSホールディングス <4200> [終値円]が載っておりました。
企業のデジタル・トランスフォーメーション(DX)化を加速で恩恵。

2021年 週末の【銘柄研究】検証(2021年9/20現在)
http://www.koronoasa.com/?p=53765

続きの個別銘柄等は【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

10/2(土) 【コロ朝セミナー】10月特別篇 相場の福の神参上(東京・八丁堀)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=406133f168070bc

そして明日は配当権利落ちで、自民党総裁選でもあり、優待取りだけの一日になってしまうところでも・・・

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】特別講演会 櫻井英明氏のWEB独演会(9/24収録・ダウンロード)

2021年9月25日(土)配信(収録24日夕刻)

『総裁選後からの年末相場』

株式市場相場の焦点と輝く有望個別材料銘柄群。

櫻井英明さんの取材力と推理・想像の合わせ技、ご期待ください。

ダウンロード(料金後払い)ですぐご覧いただけます。

申し込み・詳細⇒ https://www.directform.jp/form/f.do?id=8614e6e30e54b8
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】2021年10月特別篇 藤本誠之氏登壇(東京・八丁堀)

2021年10月2日(土)開催 14:20~16:50(開場 14:10)

10月の相場展望と有望注目銘柄 企業訪問強化中

有望銘柄見つけます!!

会場 東京都中央区八丁堀3-17-16 セントラル京橋三立ビル別館703

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.jp/form/f.do?id=406133f168070bc
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して朝8時前後に
配信しております。
ディトレード、スイングトレードの種があなたのピックアップを
待っております。
詳細はこちらまで⇒ http://www.koronoasa.com/info/

【コロ朝プレミアム】銀行振込みフォーム
https://www.directform.jp/form/f.do?id=1845

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

2021年 週末の【銘柄研究】検証(2021年9/20現在)
http://www.koronoasa.com/?p=53765
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝NEWS】をメール(無料)にてお届けいたします。
https://www.directform.info/form/f.do?id=308
『コロ朝メールマガジン登録』で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ヘッジファンド運用助言会社の
ミョウジョウ・アセット・マネジメント
インターネットを通じた新サービスを開始。
http://www.myojoam.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから