ファイティングポーズ!!

2021年12月1日(水)雨のち晴れ

・総務省は30日、2020年国勢調査の確定値公表。
経済活動の主な担い手となる生産年齢人口(15~64歳)は7508万7865人となり、5年前の前回調査から226万6232人減った。
ピークだった1995年の8716万4721人に比べ13.9%少ない。
人口減時代の成長は一人ひとりの能力を高め、規制緩和にも取り組んで生産性をどう押し上げるかにかかる。

・総務省はターゲティング広告など利用者のデータ提供に関するルール整備に乗り出す。
ネットの閲覧履歴のデータが第三者に提供される状況を利用者が止める仕組みをサイト運営者に義務づける。
ネット広告のビジネスモデルの転換につながる可能性がある。

・政府は30日、新型コロナウイルスの新たな変異型「オミクロン型」の感染例が日本で初めて確認された。
現在医療機関で隔離中で同行家族2人は陰性という。

・立憲民主党は30日投開票の代表選で泉健太氏(47)を新代表に選出した。
1回目の投票で過半数を得た候補がおらず、上位2人による決選投票で泉氏が逢坂誠二氏(62)に勝利。

・米議会が対中強硬姿勢を強めている。
超党派の米中経済安全保障最高委員会(USCC)が11月中旬にまとめた提言集には、金融分野の規制強化案が並ぶ。
米中の覇権争いは貿易・テクノロジー分野から、資本市場にも広がってきた。
中国共産党と良好な関係を築いてきた米金融界にも戦略見直し迫っている。

・米大手金融機関は中国本土市場を欧米に次ぐ成長の柱にしようとしている。
中国共産党はウォール街に海外マネーの呼び込みと、ワシントンとの「仲介役」を期待していたが、
バイデン政権や米議会は来中国強硬姿勢を一段と強めている。
テクノロジー分野に加え、金融でもデカップリング(分断)が進めば、対立の歯止めが利きにくくなる恐れがある。

・2022年の春季労使交渉(春闘)に臨む経団連の方針が30日判明。
新型コロナウイルス禍による企業業績のばらつき拡大を踏まえ、一律の賃上げは見送る。

・世界で感染確認が相次ぐ新型コロナウイルスのオミクロン型に対し、水際対策に加え、欧米各国が追加のワクチン接種を急いでいる。
専門家の間では、オミクロン型に対する既存ワクチンの有効性は低下するとの指摘がある一方、
重症化を防ぐのに一定の効果はあるとの見解もある。

・金融市場では新型コロナウイルスのオミクロン型に対する警戒から高まった。
30日の東京株式市場で日経平均株価は3日続落し、前日比462円安の2万7821円で取引を終えた。
終値が2万8000円を下回るのは約2カ月ぶり。
米製薬大手モデルナの最高経営責任者(CEO)が英紙フィナンシャル・タイムズのインタビューで
既存ワクチンの有効性が低いと発言し、市場でリスク回避の動きが広がった。

・外国為替市場では円を買う動きが強まった。
円相場は30日午前は1ドル=113円台後半で推移していたが、FTの報道受け一時1ドル=112円台まで円高・ドル安が進んだ。
WTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物の期近物は日本時間30日の時間外取引で1バレル67ドル強まで下落。

・新型コロナウイルスワクチンの3回目の接種が12/1に日本でも始まる。
1~2回目と同様に医療従事者から開始し、高齢者に広げていく。
政府は原則として2回目接種から8カ月後に接種していく方針を明らかにしている。
クラスター発生時などの例外事例として6カ月感覚を容認する考えを示している。

・欧州連合(EU)統計局は30日、11月の消費者物価指数(速報値)が前年同月比で4.9%上昇。
統計を遡れる1997年1月以降で最大の伸び。
サプライチェーン(供給網)の乱れが物価全体を押し上げた。

・政府は子ども政策の司令塔となる「子ども庁」の設置に向けて年末までに策定する基本方針の原案が分かった。
創設は「2023年度の出来る限り早い時期」と明記し、各省庁への「勧告権」を持つ専任の閣僚を設置する方針掲げる。

・資金需要の変化や実情を踏まえ、
日銀 <8301> [終値26000円]は早ければ12/16~17の金融政策決定会合でコロナ禍に対応した資金繰り支援策の修正の是非を判断する。
日銀の支援策は、1.CP・社債を計20兆円上限に買い入れる
2.金融機関に有利な条件で貸し出しの原資を供給する特別オペ(公開市場操作)の2本柱。

・日本政策金融公庫が30日発表、2021年4-9月期決算、最終損益が2555億円の赤字に。
新型コロナウイルス禍に伴う金融支援で膨らんだ関連コストが減り、前年同期(6631億円の赤字)から損益が改善。
すでに56%の融資先が元本の返済を始めており、返済条件の変更や追加融資など資金繰りに苦しんでいるのは8%に。

・石油輸出機構(OPEC)とロシアなど非加盟の主要産油国でつくる「OPECプラス」は12/2に会合を開き、年明けの原油増産ペースを協議する。
米国などの備蓄放出に新型コロナウイルスワクチンの新たな変異型「オミクロン型」の拡大が広がり、需給の緩みへ警戒感が強まっている。
継続してきた毎月の増産を停止すべきだとの論調も浮上。

・自動車の排ガス浄化に使う貴金属のパラジウム価格が下落。
26日のニューヨーク先物市場では取引時間中に一時1トロイオンス1700ドルを下回り、2020年3月以来ほぼ1年8カ月ぶりの安値に。
「オミクロン型」の拡大で自動車向けの需要に不安が高まった。
・中国政府は30日、企業や国家の競争力を左右するビッグデータ産業の5カ年計画発表。
データに関する先端技術やデータ取引市場の育成を進め、国家のデータ安全保障上重要なを確実に保障することを骨子に。
2025年を20年の3倍に相当する3兆元(約53兆円)に引き上げる。

・トルコ統計局は11/30、2021年7-9月期の実質国内総生産(GDP)が前年同期比7.4%増。
通貨安で製造業や輸出が好調。一方、急激なインフレで庶民は困窮し輸入品の供給網にも影響が出ている。

・インド政府30日、7-9月期実質国内総生産(GDP)は前年同期比8.4%増と4四半期連続のプラスに。
インドは新型コロナウイルスの新規感染sにゃが足元で減少し、景気の現状示す一致指数がと前月比ポイント上昇持ち直しが進んでいる。

・中国国家統計局30日、11月の製造業購買担当者景気指数(PMI)は50.1と、3カ月ぶりに好不況の境目である50を上回る。
石炭価格上昇の一服などが景況感を押し上げたが、肝心の新規受注は国内外で伸び悩む。
需要不足による「先行きへの懸念は残っている。

・世界各国・地域の新型コロナ感染者数前日比(死者数)11/30午後4時現在、米ジョンズ・ホプキンズ大まとめ 世界全体69.7万人(7902人)
米国208807(1962)インド6990(190)ブラジル3843(98)英国42874(35)ロシア33170(1178)トルコ24317(189)
フランス8319(122)イラン4310(82)ドイツ50745(390)アルゼンチン1968(25)スペイン22911(53)コロンビア1975(36)

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

12/4(土)【コロ朝セミナー】12月特別篇 相場の福の神参上(東京・茅場町)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=526186ff22348fa

12/11(土)【コロ朝セミナー】アポロ&白い鹿の怪しい銘柄セミナー (東京・茅場町)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=716190a67435dde

・英政府29日、新型コロナウイルスワクチンの3回目の追加接種について、2回目との間隔を6カ月以上から3カ月以上に短縮する。
対象も40歳以上から18歳以上に広げる。

・塩野義製薬 <4507> [終値7923円]30日、「オミクロン株」に対応するワクチンの開発検討。
同社は新型コロナワクチンの今年度中の実用化目指し、最終段階の臨床試験(治験)実施中。
第一三共 <4568> [終値2824.5円]も来年中の実用化目指して開発中のワクチンに対し、オミクロン株にも効果があるかを検証する計画。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

11/27(土)【コロ朝セミナー】岡本昌巳氏 秋の陣 (ダウンロード)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=6561a2b171dcd8a

12/4(土)【コロ朝セミナー】12月特別篇 相場の福の神参上(東京・茅場町)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=526186ff22348fa

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

株式分割

三ツ知 <3439> [終値2747円]12/31  1株→2株

Geolocation Technology <4018> [終値500円]12/31  1株→2株

立会外分売

テクノスジャパン <3666> [終値520円]12/7-9 70万4000株

ダブルスタンダード <3925> [終値3745円]12/8-10 40万株

イトーヨーギョー <5287> [終値807円]12/1 783円 17万株

公募・売り出し価格

SIGグループ <4386> [終値621円]47万2000株

ギフティ <4449> [終値2592円]海外募集の発行価格2630円

TOB(公開市場買い付け)

日本精線 <5659> [終値4375円]買い手大同特殊鋼 買い付け価格 5300円 期間 12/1~2022年1/18

—————————————————————————————

(今日の一言)

海外NY株式市場は、主要株価3指数が軒並み下落。
米連邦準備理事会(FRB)のパウエル議長が次回の政策会合で大規模な債券買い入れプログラムの縮小加速を検討する可能性を示唆し、
新型コロナウイルスの新たな変異株を巡り神経質になっている市場がさらに圧迫された。

パウエル議長は上院銀行委員会での証言で、インフレの高まりが「一過性」という表現について、
現在の高水準にあるインフレ率を説明する上でもはや正確でないとし、
2週間後に開かれる次回の米連邦公開市場委員会(FOMC)で債券買い入れプログラムの縮小加速を検討すべきと述べた。

パウエル議長の発言を受け、一部の投資家の間では利上げが前倒しされるとの観測も高まった。

旅行・娯楽関連株も売られ、S&Pホテル・レストラン・レジャー指数は2%超、航空指数は0.6%、それぞれ下落。

小型株で構成されるラッセル2000指数は1.9%安。

フィラデルフィア半導体指数(SOX)は反落。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金塊先物相場はパウエルFRB議長の議会証言を受け早期の米利上げ観測の強まりなどを背景に続落。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は新型コロナウイルスの変異株「オミクロン株」に対する
予防・治療効果は限定的とする医薬品メーカーの見解を受けて売りが活発化し、大幅反落。

アップル(+3.16%)グーグル(-2.51%)フェイスブック(-4.01%)アリババ(-3.10%)エヌビディア(-2.10%)
ネットフリックス(-3.31%)アマゾン・ドット・コム(-1.53%)バイオジェン(-0.16%)バークシャー(-1.92%)
マイクロソフト (-1.79%)ズーム(-3.46%)テスラ(+0.68%)ラッセル2000(-1.92%)HTG(ハイイールドファンド)(-0.42%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約161.3億株、過去20日間平均約111.2億株。

欧州株式市場の主要3指数は下落。オミクロン株への懸念が重しに。

30日月末の東京株式市場で日経平均(-1.63%)は3日続落。
東証株価指数(TOPIX)(-1.03%)も3日続落。

東証マザーズ(-2.26%)、日経ジャスダック平均(-0.20%)、東証2部(-0.13%)はそれぞれ5日続落で終了。

東証1部出来高は25億4576万株、売買代金は5兆4893億円。
大引けだけで2兆4000億円。MSCIの入れ替え。月末安のアノマリー。

東証1部騰落数は値上がり572(26%)銘柄、値下がり1,533(70%)銘柄、変わらず79(3%)銘柄に。

マザーズ出来高は1億0915万株、売買代金は2106億円。
マザーズ騰落数は値上がり99(25%)銘柄、値下がり284(71%)銘柄、変わらず12(3%)銘柄に。

東証1部業種別ランキングでは3業種上昇、30業種下落に。
値上がり上位は、陸運業、鉱業、石油石炭製品。
値下がり上位は、鉄鋼、海運業、非鉄金属、医薬品、その他製品、小売業、食料品、情報・通信業、・・・

東証1部値上がり上位は、マネックスG <8698> [現在931円 +83円]戸田工 <4100> [現在3440円 +270円]
恵和 <4251> [現在6130円 +440円]ユナイテッド <8960> [現在144600円 +8800円]

値下がり上位は、LINK&M <2170> [現在707円 -141円]マーケットエンター <3135> [現在755円 -102円]
A&D <7745> [現在1118円 -146円]ギフティ <4449> [現在2592円 -284円]

三菱UFJ <8306> [現在601.4円 -8.7円]みずほ <8411> [現在1402.0円 -23.0円]三井住友 <8316> [現在3703円 -78円]

野村 <8604> [現在477.4円 -0.2円]大和 <8601> [現在630.9円 -2.4円]
ソフトバンクグループ <9984> [現在6030円 -178円]トヨタ <7203> [現在2001.0円 -11.0円]

日経平均株価は大幅3日続落。
朝方は、29日の欧米株高や、2日間の大幅続落の反動で買い優勢で始まり、2万8718円(前日比434円高)まで上昇。
いったん上げ幅を縮めた後、持ち直す場面もあったが、買い進む動きにはつながらず、その後は前引けにかけて伸び悩む。

後場は一段と上げ幅縮小で始まり、14時ごろからマイナスに沈み、あれやれよと2万8000円割れ。
終値での2万8000円割れは10/7(安値2万7678円)以来。

マザーズ指数は、5日続落。
東京市場全般の反発地合いに乗って買い先行で始まったが、後場に入り売り直された。

日経平均株価は11/22(2万9774円)から5営業日で、1952円(6.6%)下落。

さすがに昨日は反転すると思いましたが、続落となって投資家の投資意欲は減退したところも・・・

それでも、月初めは上昇する日が多く、3日間で1000円上げて、11月の売買最終日のある週は週間で高いアノマリーを期待したいところ。

続きは【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

12/4(土)【コロ朝セミナー】12月特別篇 相場の福の神参上(東京・茅場町)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=526186ff22348fa

12/11(土)【コロ朝セミナー】アポロ氏と仲間たちの株式セミナー(東京・茅場町)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=716190a67435dde

底値圏の指標が点灯。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
師走の「餅つき相場」は、この銘柄!!

【コロ朝セミナー】2021年12月特別篇 藤本誠之氏登壇(東京・茅場町)

2021年12月4日(土)開催 14:20~16:50(開場14:10)

会場 東京都中央区日本橋兜町12-7  兜町第3ビル 5F

https://onl.tw/3itTE9V

たっぷりとお時間をお取りいたしました。

12月の相場展望と有望注目銘柄 企業訪問強化中

有望銘柄見つけます!!

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.jp/form/f.do?id=526186ff22348fa
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】アポロ&白い鹿の怪しい銘柄セミナー (東京・茅場町)

2021年12月11日(土)14:30~16:45(開場14:10)

東京都中央区日本橋兜町12-7 兜町第3ビル 2F

NATULUCK茅場町新館 2階大会議室

テクニカルを駆使して、厳選注目銘柄の詳しい解説

また怪しい銘柄も飛び出すか?!

前回はマーチャント・バンカーがなんと135.6%上昇

お申し込み・ご詳細⇒  https://www.directform.jp/form/f.do?id=716190a67435dde
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】アポロ氏と仲間たちの株式セミナー (東京・茅場町)

2021年12月11日(土)14:30~16:45(開場14:10)

東京都中央区日本橋兜町12-7 兜町第3ビル 2F

NATULUCK茅場町新館 2階大会議室

テクニカルを駆使して、厳選注目銘柄の詳しい解説

また怪しい銘柄も飛び出すか?!

前回はマーチャント・バンカーがなんと135.6%上昇

お申し込み・ご詳細⇒  https://www.directform.jp/form/f.do?id=716190a67435dde
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して朝8時前後に
配信しております。
ディトレード、スイングトレードの種があなたのピックアップを
待っております。
詳細はこちらまで⇒ http://www.koronoasa.com/info/

【コロ朝プレミアム】銀行振込みフォーム
https://www.directform.jp/form/f.do?id=1845

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

2021年 週末の【銘柄研究】検証(2021年9/20現在)
http://www.koronoasa.com/?p=53765
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝NEWS】をメール(無料)にてお届けいたします。
https://www.directform.info/form/f.do?id=308
『コロ朝メールマガジン登録』で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ヘッジファンド運用助言会社の
ミョウジョウ・アセット・マネジメント
インターネットを通じた新サービスを開始。
http://www.myojoam.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから