北朝鮮新型コロナ爆発

2022年5月16日(月)小雨 満月 水星逆行(5/10~6/3)

・世界最大級のサイバー攻撃集団でロシアとつながりが深い「Conti(コンティ)」の活動実態が判明。
「ランサムウエア」と呼ぶウイルスで企業などのシステムを攻撃し回収させることと引き換えに
1年半で100億円相当の暗号資産(仮想通貨)を奪取。
645の仮想通貨口座で複雑に資金を移動させて追跡を逃れていた。
人事や交渉など大企業並みに機能分化した組織で攻撃を実行、サイバー犯罪が「ビジネス」化しつつある状況。

・主要7カ国(G7)はインドネシアなどの途上国の脱石炭を支援する枠組みを新設する。
途上国で主力の石炭火力発電を再生可能エネルギーに転換できるよう資金や技術面で支援する。
まずインドネシア、ベトナム、インド、ゼネガル対象にそれぞれ支援の枠組みを作る。

・沖縄県は15日、戦後の米国統治下から日本に復帰して50年を迎えた。
岸田文雄首相は宜野湾市の記念式典で「沖縄の潜在力を最大限に引き出し『強い沖縄経済』を実現する」と表明。
在日米軍基地の負担軽減に「引き続き全力で取り組む」と強調。

・スウェーデンの政権与党、社会民主労働党は15日、北大西洋条約機構(NATO)加盟への態度を表明する。
ロシアによるウクライナ侵攻で、同国の軍事的な中立路線を転換して加盟する方向に傾いている。

・日本や米国、韓国、台湾など7カ国・地域は、個人データの移転ルールを
現在のアジア太平洋経済協力会議(APEC)の枠組みから独立させることで合意。
APECにはロシアと中国が加盟しており、データが流れることへの懸念があった。
中ロを外し、一定の信頼関係のある国・地域の枠組みを新たにつくり、APEC非加盟の南米などにも広げる。

・ウクライナ軍が同国北東部で攻勢。
北東部ハリコフ州知事は14日、ロシア軍が占拠した同州のイジュームが最大の激戦地だとした上で、
「わが軍は反撃を開始し、敵が後退している方面もある」と明らかに。
米シンクタンク「戦争研究所」は14日「ロシア軍がハリコフ州からの撤退を続けた」と指摘。
英国防省は15日の分析で、ウクライナ東部ドンバス地方へのロシア軍の侵略が
「勢いを失い、予定より大幅に遅れている」とした。

・東欧各国が防衛装備の更新を急いでいる。
保有していた旧ソ連製の戦車などをウクライナ支援として供与する代わりに、
米国や西欧諸国の協力を得て新型兵器などの配備を進める。
米欧各国はウクライナへの武器供与も続ける方針で、軍事関連企業は増産体制に入った。

・北朝鮮の朝鮮中央通信は15日、新型コロナウイルスの感染が疑われる新たな発熱者が、
13日夜以降の1日で約29万6180人に上ったと報じた。
15人死亡、死者は累計で42人。検査や治療の体制が整っておらず、指導部の切迫した状況がうかがえる。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

週末は【銘柄研究】配信中⇒ http://www.koronoasa.com/info/

5/21(土)日本テクニカルアナリスト協会理事のテクニカルセミナー(東京・八丁堀)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=996243ff1feabe4

5/28(土)【コロ朝セミナー】岡本昌巳氏 東京・新緑の陣 2022(東京・八丁堀)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=6862383448bd31f

・生活に身近な商品の値上げラッシュが止まらない。
食品や外食で値上げ表明が続出、他の分野でも同様な動きが広がっている。
消費全体に冷え込む恐れもある。

・都市封鎖(ロックダウン)が続く中国・上海市当局、16日から段階的に再開させると発表。

・フィンランド大統領府は14日、ニーニスト大統領がロシアのプーチン大統領と電話会談し、
フィンランドの北大西洋条約機構(NATO)加盟申請の意思を伝えたと発表。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

週末は【銘柄研究】配信中⇒ http://www.koronoasa.com/info/

5/21(土)日本テクニカルアナリスト協会理事のテクニカルセミナー(東京・八丁堀)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=996243ff1feabe4

5/28(土)【コロ朝セミナー】岡本昌巳氏 東京・新緑の陣 2022(東京・八丁堀)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=6862383448bd31f

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

第三者割当

ガーラ <4777> [終値189円]97万8400株 184円 5/30 割当先 Megazone Cloudなど計2先

自己株式消却

ワコールHD <3591> [終値1849円]108万9042株 5/23

インフロニアHD <5076> [終値988円]1622万5478株 5/23

オカモト <5122> [終値3770円]50万株 5/31

セガサミーHD <6460> [終値2250円]2500万株 5/24

TPR <6463> [終値1221円]100万株 5/31

アズビル <6845> [終値3805円]150万株 5/31

日本光電工 <6849> [終値3175円]50万株 6/10

中国銀行 <8382> [終値943円]900万株 5/20

三井不動産 <8801> [終値2710.5円]588万2600株 5/31

TOB(公開市場買い付け)

近鉄エクスプレス <9375> [終値2896円]買い手近鉄GHD 買い付け価格 4175円 期間 5/16~7/5

カプコン <9697> [終値3545円]買い手自社 買い付け価格3110円 期間 5/16~6/13

—————————————————————————————

(今日の一言)

週末の海外NY株式市場は、上昇。
インフレがピークアウトした兆候に安心感が広がる一方、
連邦準備理事会(FRB)による金融政策引き締めで米経済がリセッション(景気後退)に陥るとの懸念もくすぶる。
13日はここ数日で売られていた大型ハイテク株などが上昇を主導。

米労働省は過去6営業日で賃金の伸び、消費者物価指数(CPI)、卸売物価指数(PPI)、輸入物価を発表し、
インフレが3月にピークに達したことを示唆。
FRBがインフレ対応で利上げすることにより米経済がリセッションに陥ると懸念していた市場参加者にとって
歓迎すべきニュースとなった。

S&P500種構成銘柄のうち458社が第1・四半期決算を発表。
リフィニティブによると、そのうち78%が市場予想を上回った。

アナリストによる第1・四半期の増益率見通しは前年同期比11.1%増。
第1・四半期末時点では6.4%増だった。

フィラデルフィア半導体指数(SOX)は大幅(5.06%)続伸。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物相場は米金利の上昇やドルの堅調な値動きを眺めて売りが優勢となり続落。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は欧州を中心とした根強いエネルギーの供給不安に加え、
ガソリン先物や米国株の上昇を追い風に3日続伸

アップル(+3.19%)グーグル(+2.96%)メタ(旧フェイスブック)(+3.86%)アリババ(+8.51%)エヌビディア(+9.47%)
ネットフリックス(+7.65%)アマゾン・ドット・コム(+5.73%)バイオジェン(+2.47%)バークシャー(+0.75%)
マイクロソフト (+2.26%)ズーム(+11.62%)テスラ(+5.71%)ラッセル2000(+3.06%)HTG(ハイイールドファンド)(+0.12%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約133.2億株、過去20日間平均約131.7億株。

週間ではS&P500種株価指数とナスダック総合株価指数は6週連続安。
S&P500は2012年秋以来、ナスダックは11年春以来の最長の下げとなった。

ダウ工業株30種平均は7週連続安と、1980年冬以降で最長となった。

週間ベースでは、ダウは2.1%安、7週続落(累計7.6%下落)、
ナスダック総合指数は2.8%安、6週続落(同17.2%下落)、S&P500種指数は2.4%安 6週続落(同11.5%下落)で取引を終えた。

欧州株式市場の主要3指数は2日ぶり大幅反発。
3指数とも2.1~2.5%の上昇率となった。
前日の下落で割安感の出た銘柄が物色された。

週末13日の金曜日の東京株式市場はグロース(成長)株が逆襲。
日経平均株価(+2.64%)は2日ぶり反発。
東証株価指数(TOPIX)(+1.91%)も5日ぶり反発。

東証マザーズ(+4.51%)は2日ぶり反発、
東証スタンダード市場TOP20(+4.51%)は7日ぶり反発、
東証グロース市場Core指数(+6.54%)は9日ぶり反発で終了。

東証プライム出来高は16億4818万株、売買代金は3兆5923億円。
東証プライム騰落数は値上がり1,557(84%)銘柄、値下がり259(14%)銘柄、変わらず21(1%)銘柄に。

東証スタンダード出来高は1億7913万株、売買代金は757億円。
東証スタンダード騰落数は値上がり884(63%)銘柄、値下がり358(25%)銘柄、変わらず106(7%)銘柄に。

東証グロース出来高は1億2888万株、売買代金は1215億円。
東証グロース騰落数は値上がり368(78%)銘柄、値下がり87(18%)銘柄、変わらず9(1%)銘柄に。

東証プライム業種別ランキングでは30業種上昇、3業種下落に。
値上がり上位は、石油石炭製品、精密機器、金属製品、電気機器、情報・通信業、建設業、サービス業・・・
値下がり上位は、パルプ・紙、鉱業、電気・ガス業。

東証プライム値上がり上位は、T&Gニーズ <4331> [現在1454円 +282円]日揮HD <1963> [現在1765円 +300円]
トプコン <7732> [現在1922円 +324円]アステリア <3853> [現在967円 +150円]

値下がり上位は、メドピア <6095> [現在1905円 -428円]オイシックス・ラ・大地 <3182> [現在1904円 -427円]
エン・ジャパン <4849> [現在2453円 -500円]KADOKAWA <9468> [現在2571円 -499円]

三菱UFJ <8306> [現在730.8円 +1.4円]みずほ <8411> [現在1531.0円 +4.5円]三井住友 <8316> [現在3856円 +36円]

野村 <8604> [現在474.7円 +6.3円]大和 <8601> [現在615.1円 +6.0円]

ソフトバンクグループ <9984> [現在5040円 +549円]トヨタ <7203> [現在2055.0円 +5.0円]

日経平均株価は大幅反発。
朝方は、前日に大幅反落した反動で、自律反発狙いの買いが先行。
時間外取引での米株価指数先物高や円安歩調も支えとなり、先物買いを交えて上げ幅を拡大、2万6430円(前日比681円高)まで上伸。

その後も高値圏で推移、グロース(成長)株中心に高く、指数を押し上げた。

米国市場でも大幅に売られていた銘柄などが、大幅反発しているところで、
いったん下値を示現したんではないかとの観測が相場を支えた。

後場入り直後には2万6479円(前日比731円高)まで上伸。
一巡後は戻り売りにいったん上値が重くなったが、下値は限定され、引けにかけて2万6400円近辺でもみ合った。

日本株の割安さに注目し始めた海外投資家との声も・・・

マザーズ指数は、急反発。
ここまで大幅な調整を経ていた銘柄に自律反発狙いの下値買いが入った。

大幅な赤字決算発表したソフトバンクグループ <9984> [現在5040円 +549円]が
寄り付きからプラス(4526円)で始まり、ほぼ高値圏で終了。
大きく売られ続けたグロース(成長)株の逆襲ののろしになったようなところも。

週間ベースでは、日経平均株価は、2.1%安、2週ぶり反落、東証株価指数(TOPIX)は2.7%安、2週ぶり反落。
東証プライム市場指数は2.7%安、2週ぶり反落。
東証マザーズ指数は3.8%安、6週続落(累計18.2%下落)、東証スタンダード市場指数は1.9%安、2週ぶり反落、
東証グロース指数は3.8%安、5週続落(同17.7%下落)、東証REIT指数は1.1%安、2週ぶり反落で終了。

マザーズ、グロース指数の続落が厳しいですが、「コツン」と聞こえたような・・・(妄想・空耳)。

続きの個別銘柄等は【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

【コロ朝プレミアム】銀行振込みフォーム
https://www.directform.jp/form/f.do?id=1845

週末は【銘柄研究】配信中⇒ http://www.koronoasa.com/blog/?p=10293

5/14(土)【コロ朝セミナー】馬渕治好氏 株式セミナー(ビデオダウンロード)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=43628024be6ad5e

5/21(土)日本テクニカルアナリスト協会理事のテクニカルセミナー(東京・八丁堀)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=996243ff1feabe4

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
岡本昌巳氏 渾身の執筆
新刊「40年稼ぎ続ける投資のプロの 株で勝つ習慣」ダイヤモンド社
https://honto.jp/netstore/pd-book_28530556.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬渕治好の世界から見た株式金融市場(ダウンロード)

2022年5月14日(土) 収録

今後の世界経済・市場展望

『減速すれども後退せず』

講師:馬渕治好 (ブーケ・ド・フルーレット代表)

ビデオ・ダウンロード(後払い可能)ですぐご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.jp/form/f.do?id=43628024be6ad5e
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本テクニカルアナリスト協会理事のテクニカルセミナー(東京・八丁堀)

2022年5月21日(土)14:30~16:50開催(開場14:15)

『移動平均線分析の実践的な活用方法』

投資家心理と個別有望注目銘柄解説。

会場 東京都中央区八丁堀3-17-16 セントラル京橋三立ビル別館703

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.jp/form/f.do?id=996243ff1feabe4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】岡本昌巳氏 東京・新緑の陣 2022(東京・八丁堀)

2022年5月28日(土)収録

ようやく新しい相場が始まった

<相場は暴落、底入れ、上昇の繰り返し>

リアル価値のある企業に投資する時代に!

みなさん友だち銘柄を解説

会場:東京都中央区八丁堀3-17-16 セントラル京橋三立ビル別館 703

ビデオ・ダウンロード(後払い可能)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.jp/form/f.do?id=6862383448bd31f
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】2022年6月特別篇 藤本誠之氏登壇(東京・八丁堀)

2022年6月4日(土)開催 14:20~16:50(開場 14:10)

6月の特別講演会

米株市場の波乱はどこまで・・・

株式市場相場展望と有望注目銘柄 企業訪問強化中

厳しい中でも有望銘柄見つけます!!

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.jp/form/f.do?id=936275dbe705694
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
夢の南の島 石垣島での株式セミナー 2022

2022年6月17日(金)~20日(月)2泊3日もしくは3泊4日

講師 岡本昌巳氏 藤本誠之氏

豪華賞品争奪 コロ。1グランプリ開催

1等商品 約25万円相当

2等商品 約13万円相当 3等商品 約6万円相当 その他アリ

詳細・お申し込み⇒https://www.directform.jp/form/f.do?id=8562318c82288a6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して朝8時前後に
配信しております。
ディトレード、スイングトレードの種があなたのピックアップを
待っております。
詳細はこちらまで⇒ http://www.koronoasa.com/info/

【コロ朝プレミアム】銀行振込みフォーム
https://www.directform.jp/form/f.do?id=1845

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

2021年 週末の【銘柄研究】検証(2021年9/20現在)
http://www.koronoasa.com/?p=53765
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝NEWS】をメール(無料)にてお届けいたします。
https://www.directform.info/form/f.do?id=308
『コロ朝メールマガジン登録』で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ヘッジファンド運用助言会社の
ミョウジョウ・アセット・マネジメント
インターネットを通じた新サービスを開始。
http://www.myojoam.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゴールデンウィークキャンペーン
ビデオダウンロード(2022年5/22まで)
2021年~22年2月までのセミナービデオ、
1本500円で、まとめて見放題は3000円

http://www.koronoasa.com/?p=55555
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから