コロ朝プレミアム月額2,940円が年間契約だと10ヶ月分の料金29,400円!!2ヶ月分もお得に♪詳細はこちら

【扉を開いて】電気が足りない 


━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
すぐにご覧いただけます!!

【コロ朝セミナー】特別講演 田代岳(円蔵)氏にアポロ氏参上(ダウンロード)

2022年7月30日(土)開催

FOMCの男 田代岳(円蔵)氏 アポロ氏 特別対談

『世界的に金利上昇局面での投資戦略』

金利動向は『ここ』を見ろ!!

大きなハリケーンの目の中にいるのかもしれません・・・

テクニカルを使い、有望銘柄解説

ビデオ・ダウンロード(後払い可能)ですぐご覧いただけます。

詳細・お申し込み⇒ https://www.directform.jp/form/f.do?id=8462e5acad63421
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

昨夜未明に、右足がこむらかえり。

かばっていたら左足も・・・

久しぶりにうずくまりました・・・

こむら返りになる時⇒「思ったようにいかないなぁ」と
仕事面で悩むときとも・・・

頑張っていきまする!!

◎電気が足りない

2022年7月31日(日)晴れ

・電気が足りない 安定供給・脱炭素に壁、資源小国に迫る転機
次世代の発電燃料として期待の高い水素は、マイナス253℃以下で液化して貯蔵・運搬するのが一般的。
だが、千代田化工 <6366> [終値408円]は水素とトルエンを結合させ常温の液体で運ぶ技術を持ち、
すでにブルネイと日本の間での輸送に成功。
ドイツはウクライナ危機でロシアから天然ガスの調達が危うくなる中でも、
世界各地から水素をかき集める中長期的なエネルギー戦略を描く。
翻って日本は、目先のエネルギーの台所事情をやりくりするのに精いっぱい。

・電気が足りない 安定供給・脱炭素に壁、資源小国に迫る転機
危機感を募らせる経済産業省は7/20、
総合資源エネルギー調査会(経産相の諮問機関)の小委員会を開き、休止中の火力発電所の再稼働を電力各社に求めた。
これらは老朽化しており、故障のリスクは高い。
二酸化炭素(CO2)の排出量も大きく、50年までに国内の温暖化ガスの排出量を実質ゼロにする政府方針に逆行する。

・電気が足りない 安定供給・脱炭素に壁、資源小国に迫る転機
資源高騰によるエネルギー価格上昇の打撃も徐々に大きくなっている。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・電気が足りない 安定供給・脱炭素に壁、資源小国に迫る転機
日本はこのままエネルギー危機に翻弄され続けるのか。
優れた技術はある。
官民で築いてきた国際協調関係もある。
現実を踏まえつつ脱炭素を諦めない。戦略を大転換するときだ。

・電気が足りない 天然ガス依存、脆弱さ露呈
7/1の東京株式市場。日経平均採用銘柄で値下がり率1位、2位は
東京ガス <9531> [終値2611円]大阪ガス <9532> [終値2391円]、それぞれ終値ベースで9.8%、6.9%の下落。
この日の商社株の一角である三井物産 <8031> [終値2925.5円]三菱商事 <8058> [終値3948円]も大きく下落。
売りの引き金になったのは、極東ロシアの資源開発プロジェクト「サハリン2」。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・電気が足りない 天然ガス依存、脆弱さ露呈
価格面でも液化天然ガス(LNG)は危機の様相を呈している。
日本の平均輸入価格は6月時点で100万BTU(英国熱量単位)当たり14.96ドル。
前年同月比65%も高くなっている。
アジアのLNGの先物価格は28日時点で100万BTU当たり40ドル前半と1年前の3倍近くに達している。

・電気が足りない 天然ガス依存、脆弱さ露呈
エネルギーを巡る環境変化に弱い日本の根本原因は大きくは2つ。
1つは資源小国であるという点。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/
2つ目は電源構成のアンバランスさ。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・電気が足りない 天然ガス依存、脆弱さ露呈
液化天然ガス(LNG)の価格が佐賀ry要素は今のところ見当たらない。
欧州諸国は消費量削減を進めつつも在庫枯渇を避けるために高水準のLNG輸入を続ける可能性が高い。
サハリン2の枠組みが「実際に変更される場合やウクライナ危機が長期化する場合、
日本勢のLNG調達は徐々に長期契約からスポット契約に移っていくと予想される。
先物やスポット契約による取引価格は需給を反映して激しく変動しがちだ。
つまりLNG火力の比率が高いということは、コスト上昇の打撃が大きくなり、かつ安定性が損なわれることを意味する。

・電気が足りない 安定の「火力・原発」に頼れない 目先のひっ迫は老朽設備で回避、遠のく脱炭素。
LNGは「原燃料の調達とコスト」の脆弱性を映しているが、日本は「設備」でも脆弱性を抱える。
夏場と冬場の冷暖房需要が高まる際に電力需給がひっ迫するのは、安定して電力を供給する設備(ベース電源)の不足が原因。
ベース電源が減ったのに対し、太陽光や風力など気象条件によって発電量が変動する再生可能エネルギーは増加。
全体として日本の電源構成は出力調整しにくい体質になっているため、予想外の寒暖や、
トラブルによる設備停止が重なると一気に電力需給がひっ迫し、停電リスクが高まる。
今冬を乗り切るといった目先の対処法としては休止中の火力発電所を再稼働させるとともに、
節電を広く呼び掛けるという方法にならざるを得ない。
原発稼働に反対する国民も少なくないため、高度な政治判断が必要となる。

・電気が足りない イノベーションで危機に挑む 地熱、蓄電池、核融合、水素・・・多様性が日本の力。
三菱商事 <8058> [終値3948円]秋田・千葉県沖で洋上風力の開発権を落札
INPEX <1605> [終値1508円]秋田県で27年に1万KW超の大型地熱発電を稼働
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・電気が足りない 苦境の新電力、卸電力頼みに限界 相次ぐ撤退・破綻、自前電力が生き残りのカギ。
ウエストHD <1407> [終値4080円]株価は今年1月に5000円台後半から3000円台前半に急落。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・インフレ抑制か景気下支えか 米連邦準備理事会(FRB)連続0.75%利上げ、国内総生産(GDP)は連続マイナス
FRBは7/26~27日開いた米連邦公開市場員会(FOMC)で、2会合連続となる0.75%の大幅な利上げを決めた。
今後の利上げの道筋についてFRBパウエル議長は、大幅利上げの継続もしくは利上げペースの鈍化の両方に含みを持たせた。
28日発表の4‐6月期の米実質国内総生産(GDP 速報値)は2四半期連続のマイナス成長となった。
金融引き締めでインフレを抑えつつ、景気後退を回避して「軟着陸」を実現できるか。
FRBの金融政策は今秋以降、最大の難局を迎える。

・企業分析 パナソニックHD <6752> [終値1094円]米カンザス州で電気自動車(EV)用電池の工場新設に乗り出す。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・発掘 滋味スゴ銘柄 カヤバ <7242> [終値3080円]油圧機器、電動車時代に挑む
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・ここが知りたい 凸版印刷 <7911> [終値2256円]デジタル・トランスフォーメーション(DX)関連事業へのシフト加速。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して
朝8時前後に配信しております。

ディトレード、スイングトレードの種が
あなたのピックアップを待っております。
詳細はこちらまで⇒ http://www.koronoasa.com/info/

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

2021年 週末の【銘柄研究】検証(2021年9/20現在)
http://www.koronoasa.com/?p=53765
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】特別講演 田代岳(円蔵)氏にアポロ氏参上(ダウンロード)

2022年7月30日(土)開催

FOMCの男 田代岳(円蔵)氏 アポロ氏 特別対談

『世界的に金利上昇局面での投資戦略』

金利動向は『ここ』を見ろ!!

大きなハリケーンの目の中にいるのかもしれません・・・

テクニカルを使い、有望銘柄解説

ビデオ・ダウンロード(後払い可能)ですぐご覧いただけます。

詳細・お申し込み⇒ https://www.directform.jp/form/f.do?id=8462e5acad63421
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから