扉を開いて ニッポン大修繕時代


2022年1月16日(日)晴れ

・ニッポン大修繕時代 老いるインフラ、蘇らせる企業・技術は
「国土強靭化の必要性は切迫している。この追い風を受けられるショーボンドHD <1414> [終値4920円]には10年以上投資しており、
長期的な投資先だ」レオス・キャピタルワークス渡辺庄太運用本部長は話す。
世界最大の年金基金でもあるノルウェー政府年金基金も、ショーボンドHDの発行済み株式の1.56%(20年末時点)保有する。
野村証券 <8604> [終値531.6円]建設業界担当アナリスト前川健太郎氏
「欧州を中心に、長期投資家が日本の国土強靭化に関連するインフラ企業に注目しつつある」と。
老朽インフラの急増が背景。

・ニッポン大修繕時代 老いるインフラ、蘇らせる企業・技術は
高度経済成長期に集中整備された日本のインフラは、その多くが今後10年で耐久年数を超える。
建設から50年以上経過した道路・橋は現時点で約3割とみられるが、国土交通省によると29年には52%に達する。
政府もインフラ整備を予算面で後押しする。21年度から25年度までの5カ年計画では、国土強靭化計画として15兆円の予算盛り込む。
この計画は、岸田文雄首相が推し進める「予算単年度主義からの脱却」という狙いもある。

・ニッポン大修繕時代 老いるインフラ、蘇らせる企業・技術は
国土強靭化について「即効性のある経済対策ではない」という批判が根強い。
ただ京大藤井聡教授は「長期的視点に立った計画に基づき維持管理費用を拡大することで、
災害復興費用など将来生じるコストは抑えられる。長期的な財政健全化効果は大きい」との意義を強調。

・ニッポン大修繕時代 老いるインフラ、蘇らせる企業・技術は
ゼネコンにとって、インフラ更新関連の強化は待ったなし。
大成建設 <1801> [終値3575円]インフラ更新需要の大きさに期待。
けん引するのは高速道路関連の工事。同社は21年4-9月期に中日本高速道路や阪神高速道路から橋梁の耐震補強や更新工事受注。

・ニッポン大修繕時代 老いるインフラ、蘇らせる企業・技術は
人工知能(AI)や先端技術を駆使し、インフラ補修を効率化する「保守テック」を成長ドライバーに据える企業も。
上下水道コンサルティングなど手掛けるNJS <2325> [終値1922円]下水道管の中を飛行する検査用ドローンを開発。

・ニッポン大修繕時代 工期は短く、好機は長く
2020年代の巨大商機の一つが国土強靭化ビジネス。
インフラ老朽化に対応した新技術が続々登場
【更新】大林組 <1802> [終値905円]※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/
【診断】東亜道路 <1882> [終値4920円]※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/
【その他】横河ブリッジ <5911> [終値2194円]※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・ニッポン大修繕時代 強靭化銘柄に群がる海外マネー
ノルウェー政府年金基金が投資する主なインフラ関連企業
岡部 <5959> [終値737円]保有比率1.92% 時価総額378億円
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・ニッポン大修繕時代 欧米も公共事業拡大、補修・更新に本腰
米バイデン政権、1兆ドル計画、関連銘柄急騰
老朽化インフラの補修が投資テーマになっているのは欧米も同様。
第2次世界大戦前後につくられた道路や橋の多くが耐用年数を迎える中、公共事業を増額し国土強靭化に動く動きは日本より強い。

・ロシアリスクは終わらない。
ロシアという「手負いの熊」が勢力圏の縮小でますますいきり立っており、
国際社会はそんなロシアと今後も向き合い続けなければならないという厄介な現実がある。

・プロが選んだディール・オブ・ザ・イヤー2021
新規株式公開(IPO)ベスト1位ビジョナル <4194> [終値7260円]
2位シンプレクスHD <4373> [終値2328円]3位ココナラ <4176> [終値1200円]
4位テスHD <5074> [終値1605円]5位サイバートラスト <4498> [終値2892円]

・プロが選んだディール・オブ・ザ・イヤー2021
新規株式公開(IPO)ワースト1位PHCHD <6523> [終値1969円]
2位Photosynth <4379> [終値622円]3位ペイロール <4489> [終値960円]
4位ジェイフロンティア <2934> [終値1700円]5位ドリームベッド <7791> [終値739円]

・プロが選んだディール・オブ・ザ・イヤー2021
エクティ(公募増資、売り出し=PO、および新株予約権付社債)ベスト 1位SUMCO <3436> [終値2450円]
2位JR西日本 <9021> [終値4689円]3位ルネサスエレク <6723> [終値1434円]
4位アンビスHD <7071> [終値4960円]5位大和ハウスリート投資法人 <8984> [終値343000円]日本電子 <6951> [終値7170円]

・プロが選んだディール・オブ・ザ・イヤー2021
エクティ(公募増資、売り出し=PO、および新株予約権付社債)ワースト 1位出前館 <2484> [終値838円]
2位JR西日本 <9021> [終値4689円]積水ハウスリート投資法人 <3309> [終値84300円]
4位ANAHD <9202> [終値2384.0円]5位GA TECHNOLOGIES <3491> [終値1017円]

・企業分析 絶好調の郵船 <9101> [終値9770円] なお上振れ余地。
2021年9月に10年来高値を付けた株価は一時下落したものの、再び上昇し22年1月以降は9000円を上回る水準で推移。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・イノベ企業ファイリング ココナラ <4176> [終値1200円]
専門知識や得意なこと、趣味に関するノウハウなど「個人のスキル」をネットを通じて売買する。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して
朝8時前後に配信しております。

ディトレード、スイングトレードの種が
あなたのピックアップを待っております。
詳細はこちらまで⇒ http://www.koronoasa.com/info/

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

2021年 週末の【銘柄研究】検証(2021年9/20現在)
http://www.koronoasa.com/?p=53765
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから