富岳(ふがく)首位獲得

2020年6月23日(火)曇りのち晴れ  水星逆行(6/18~7/12)

・スーパーコンピューターの計算速度を競う最新の世界ランキング22日公表。
理化学研究所と富士通 <6702> [終値12110円]が開発した「富岳(ふがく)」が首位獲得。
世界一は日本として8年半ぶり。高速コンピューター開発を主導する米国と中国の2強体制に風穴を開けた。

・世界では次世代の高速計算機である量子コンピューターの開発も進む。
デジタル技術が社会を変えつつある中、日本として高速コンピューターの技術をどう開発し、活用していくか、
中長期の戦略を描くことも必要になる。

・日本取引所グループ(JPX)<8697> [終値2392円]22日、導入を検討してきたデリバティブ(金融派生商品)の祝日取引について詳細まとめた。
原則として土日と元日を除くすべての休業日を対象とし、株式・商品先物などの取引日数を欧米並みに引き上げる。
2022年秋か23年初めに開始し投資家の利便性を高める。

・全国人民代表大会(全人代、国会に相当)常務委員会「香港国家安全維持法案」が外国人にも適用される見通し示した。
「基礎や裁判が中国本土で行われる場合もあり得る」と明言。
香港はアジアの金融・ビジネスセンターとして外資系企業が多数進出しており、運用面で世界的に懸念が高まる可能性がでてきた。

・中国と欧州連合(EU)22日、テレビ電話で首脳会談開く。
EU側は中国政府が香港への統制強める「香港国家安全維持法案」に懸念表明。
李克強首相は制定方針は変わらないと伝えたとみられる。

・今後1年間の経済財政運営と改革の基本方針(骨太の方針)巡る議論が22日、本格的に始まった。
政府は骨子で社会や行政のデジタル化を進める考えを示し、対面や押印を求める規制と慣行の見直しを掲げた。
新型コロナウイルスの感染拡大受け、オンラインを使ったサービスや働き方の重要性が高まったため。
オンライン診療焦点に。

・新型コロナウイルスが医療機関の経営に深刻な影響を与えている。
院内感染への警戒感から受診が落ち込んだほか、手術を一部休止するなどした結果、収入が急減しているため。
大学病院だけで年5千億円の減収との試算もある。

・ドイツを代表するフィンテック企業で、
ドイツ主要30銘柄(DAX30)の一角をなすオンライン決済サービスのワイヤーカードが不正会計問題による経営危機に陥っている。
19億ユーロ(約2280億円)の現金が行方不明となり、過去の決算を取り下げる異例の事態となった。
銀行融資の頚竿くなどが今後の焦点に浮上。

・19日に都道府県境をまたぐ移動が全面解除され初の週末、各地の観光地でにぎわいが戻りつつある。
郊外ショッピングモールにも人が押し寄せ「制限経済」解除による反動買いがみられた。
多くの観光地で人手は元に戻ったわけではない。かつての賑わいにはなお遠い。

・中小企業救済する政府の新型コロナウイルス対策がもたついている。
2020年度補正予算の主な事業のうち、旅行需要の喚起策は8月にずれ込む見通し。
家賃給付も7月以降となる公算が大きく、いずれも業者への委託や制度設計で詰めの甘さを露呈、解消に一定の時間がかかっている。
個人事業者らにはいつまでたってもお金が届かない状態が続くことになる。

・2019年の日本の消費額に占めるキャッシュレス決済の割合は26.8%に。
クレジットカードやQRコードの利用が伸び、前年比2.7ポイント増えた。
政府のポイント還元が寄与したもよう。

・厚生労働省は2020年夏をめどに電子処方箋のシステム運用を開始する方針。
23年度の開始予定を前倒しし、デジタル化推進する。
処方箋をオンラインで管理でき、網の受け渡しが不要になる。
薬の重複投与の防止につながるほか、オンラインでの診療や服薬指導も円滑になる。

・日銀 <8301> [終値29000円]5月の国内銀行の預貸率は63.7%で2カ月連続で過去最低を更新。
新型コロナウイルスの感染拡大受け、政府が多額の給付金を支給したり企業が手元資金を厚くしたりしたため、預金急増。
銀行も貸し出しを増やすが、預金の増加額を下回る。

・横浜銀行など傘下に持つコンコルディア・フィナンシャルグループ(FG)<7186> [終値357円]22日、
SBIHD <8473> [終値2298円]つくる新会社「地方創生パートナーズ」に資本参加する。
5つの金融機関が連携して地方経済の活性化策を検討する。

・米連邦準備理事会(FRB)15日、新型コロナウイルスで苦戦する事業会社向けの融資「メインストリート融資制度(MSLP)」を開始。
一般企業に融資するのは1930年代の大恐慌時以来、約90年ぶり。
中央銀行として「未踏の領域」(パウエル議長)に立つが、そこには市場とトランプ政権と米議会の「3つの信認」を同時にエル壮大な目的がある。

・世界各国・地域の新型コロナ感染者数(死者数)6/22午後4時現在、米ジョンズ・ホプキンズ大まとめ 世界全体895.4万人(468375人)
米国2280969(119977)ブラジル1083341(50591)ロシア583879(8101)インド425282(13699)英国305803(42717)ペルー251338(7861)
スペイン246272(28323)チリ242355(4479)イタリア238499(34634)イラン204952(9623)フランス197008(29643)ドイツ191272(8895)

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

2019年週末の【銘柄研究】検証(2020年1/10現在)
パフォーマンス30%以上上昇は22.0% 3倍銘柄も!!
http://www.koronoasa.com/?p=48374

7/4(土)  【コロ朝セミナー】7月特別篇 相場の福の神参上(東京・飯田橋駅前)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5117

・政府22日、経済財政諮問会議開き、2021年度予算編成の指針となる「骨太方針」の骨子示す。
新型コロナウイルス対策と経済活動の両立に向けデジタル化に集中投資する「デジタル・ニューディール」が目玉。
7月半ばmの閣議決定を目指す。

・自民党の経済成長戦略本部22日、新型コロナウイルス感染拡大受けた新経済成長戦略をまとめた。
マスクや防護服の供給不足を例に「強靭なサプライチェーン(供給網)」の構想が急務とし、国内生産拠点整備の支援求めた。

・米国で、新型コロナウイルスの各州の封じ込め策の成否にばらつきが目立つ。
経済再開に慎重だったニューヨークなど北東部の州では改善傾向がみられるものの、
いち早く経済活動を再開し、ヒトの移動が急増したフロリダ、テキサス、カリフォルニアなど南部や西部の州で新規感染者が急増。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

7/4(土)  【コロ朝セミナー】7月特別篇 相場の福の神参上(東京・飯田橋駅前)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5117

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

自己株処分

FIG <4392> [終値305円]40万株 281円 処分日7/8 処分先 青木義行・プライムキャスト代表

立会外分売

コーア商事HD <9273> [終値2059円]6/23 1987円 25万3100株

公募・売り出し価格

グッドパッチ <7351> [IPO]690円

—————————————————————————————

(今日の一言)

海外NY株式市場は、上昇。
ダウ工業株30種平均は4営業日ぶりに反発。
新型コロナウイルス感染の再拡大への警戒感から売りが先行も、
業績がコロナの影響を受けにくい主力ハイテク株が成長期待の買いで上げると投資家心理が好転。

ハイテク比率が高いナスダック総合株価指数は7日続伸。終値で史上最高値更新。
マイクロクロソフト、ネットフリックスも上場来高値を更新。

アップル(+2.62%)グーグル(+1.41%)フェイスブック(+0.18%)アリババ(+0.35%)エヌビディア(+2.87%)
ネットフリックス(+3.15%)アマゾン・ドット・コム(+1.45%)バイオジェン(-2.48%)バークシャー(+0.25%)
マイクロソフト (+2.78%)ズーム(+3.20%)ラッセル2000(+1.05%)HTG(ハイイールドファンド)(-0.07%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約106.6億株、過去20日間平均約132.9億株を上回る。

欧州株式市場の主要3指数は3営業日ぶり反落。
ギリシャ(アテネ総合)株価指数(+0.30%)、イタリア(MIB)株価指数(-0.71%)とまちまち。

22日の東京株式市場で日経平均(-0.18%)は2日ぶり反落。
東証株価指数(TOPIX)(-0.23%)は4日続落。

東証マザーズ(+1.28%)、日経ジャスダック平均(+0.37%)、東証2部(+1.92%)はそれぞれ5日続伸で終了。

東証1部出来高は9億3621万株、売買代金は1兆6539億円。
東証1部騰落数は値上がり913(42%)銘柄、値下がり1,150(53%)銘柄、変わらず103(4%)銘柄に。

業種別ランキングでは9業種上昇、24業種下落に。
値上がり上位は、医薬品、繊維製品、情報・通信業、サービス業、鉄鋼、小売業、証券商品先物、・・・
値下がり上位は、陸運業、空運業、その他製品、建設業、電気・ガス業、鉱業、水産・農林業、・・・

東証1部値上がり上位は、ワイエイシイHD <6298> [現在562円 +80円]クミアイ化学 <4996> [現在1003円 +113円]
アイモバイル <6535> [現在824円 +87円]サンワテクノス <8137> [現在966円 +94円]

値下がり上位は、Olimpic <8289> [現在864円 -90円]CEHD <4320> [現在621円 -56円]
キャンディル <1446> [現在664円 -55円]日本電波工 <6779> [現在380円 -28円]

三菱UFJ <8306> [現在437.5円 -1.7円]みずほ <8411> [現在135.5円 -0.1円]三井住友 <8316> [現在3115.0円 -25.0円]

野村 <8604> [現在485.2円 +4.2円]大和 <8601> [現在459.7円 -3.8円]ソフトバンクグループ <9984> [現在5512円 +29円]

『相場の福の神』財産ネットの藤本誠之さんの日刊ゲンダイのコラム
『荒れ相場に負けない底力株』
アサックス <8772> [終値699円]が載っておりました。
20200622日刊ゲンダイ収録 – YouTube  http://bit.do/fF8af

2019年週末の【銘柄研究】検証(2020年1/10現在)
パフォーマンス30%以上上昇は22.0% 3倍銘柄も!!
http://www.koronoasa.com/?p=48374

続きの個別銘柄等は【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

7/4(土)  【コロ朝セミナー】7月特別篇 相場の福の神参上(東京・飯田橋駅前)
https://www.directform.info/form/f.do?id=5117

お休みいただきたいへん申し訳ございません。
本日より、平常配信となります。
今後ともどうぞよろしくおm願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】7月特別篇 藤本誠之氏登壇(東京・飯田橋駅前)

2020年7月4日(土)開催 14:20~16:50(開場 14:10)

7月の相場展望と有望注目銘柄。

アフターコロナの市場展望

ハロー貸会議室飯田橋駅前 第7田中ビル 9階 RoomA(会場に注意してください)

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細は⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=5117
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して朝8時前後に
配信しております。
ディトレード、スイングトレードの種があなたのピックアップを
待っております。
詳細はこちらまで⇒ http://www.koronoasa.com/info/

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

2019年週末の【銘柄研究】検証(2020年1/10現在)
パフォーマンス30%以上上昇は22.0% 3倍銘柄も!!
http://www.koronoasa.com/?p=48374
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝NEWS】をメール(無料)にてお届けいたします。
https://www.directform.info/form/f.do?id=308
『コロ朝メールマガジン登録』で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ヘッジファンド運用助言会社の
ミョウジョウ・アセット・マネジメント
インターネットを通じた新サービスを開始。
http://www.myojoam.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。
また株式・債券等の有価証券の投資には<<手数料等およびリスクについて>>
記載したとおり、株価・債券価格等の有価証券価格等の下落や
発行者の信用状況の悪化等により、投資元本を割り込むおそれがあります。
銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様自身の判断で行なうようにお願いいたします。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから