コロ朝プレミアム月額2,940円が年間契約だと10ヶ月分の料金29,400円!!2ヶ月分もお得に♪詳細はこちら

【銘柄研究】


週末の海外NY株式市場は、上昇。
ダウ工業株30種平均は小幅高ながらも7連騰、終値では最高値更新。
ダウとS&P500種総合指数は、マイナスの時間長かった。

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約64億株、過去20日間平均約68億株を下回る。

週間ベースでは、ダウは1.7%高、2週続伸(累計2.7%上昇)、ナスダック総合指数は1.8%高、4週続伸(同5.1%上昇)、
S&P500種指数は1.5%高、4週続伸(同 …… 続きを読む

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

【銘柄研究】2/11号


週末(10日の)米国株式市場は、続伸。
主要3指数とも連日で史上最高値更新となっております。
石油輸出機構(OPEC)加盟国の減産が合意水準の9割以上になったデータ好感、
原油高でエネルギー株が上昇、S&P500種株価指数とナスダック総合指数は4営業日続伸。

週間ベースでは、ダウは1.0%高、2週ぶりの反発、ナスダック総合指数は1.2%高、3週続伸(累計3.2%上昇)、
S&P500種指数は0.8%高、3週続伸(同2.0%上昇) …… 続きを読む

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

【銘柄研究】


週末(2/3)の海外NY株式市場は、3指数とも上昇。
米雇用統計が非農業部門雇用者数が22万7000人増と市場予想(17万5000人増)を上回り堅調。
トランプ米大統領が金融規制改革法(ドット・フランク法)の見直しに関する大統領令に署名が追い風。
ナスダック総合指数とS&P500種株価指数は過去最高値に接近。
金融株上昇、JPモルガン・チェース(3.1%高)、SP銀行株は2.6%上昇となった。

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所 …… 続きを読む

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

【銘柄研究】


週末の海外NY株式市場は、もたもたほぼ横ばいに。
ダウ工業株30種平均はなんとか2万円維持し、週末を迎えた。

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約58.1億株、過去20日間平均約65.6億株を久しぶりに下回る。

週間ベースでは、ダウは1.3%高、3週ぶりの反発、
ナスダック総合指数は1.9%高、2週ぶりの反発、S&P500種指数は1.0%高、3週ぶりの反発で取引を終えた。

欧州株式市場の主要3指数は、まちまち。続きを読む

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

【コロ朝プレミアム】【銘柄研究】検証(2017/1/23)


注目した翌日の寄り値と3カ月後までの高値との比較です。

(分割等があった銘柄は修正値で比較しています)

2016年7/2 セレス (3696)1829円 2089円(7/7)14.2%

7/9 べステラ (1433)3380円 3700円(10/6)9.5%

7/16 スターティア (3393)558円 625円(7/25)12.0%

7/23 米アップル (AAPL)98.20ドル 118.69ドル(10/11)12.3%

< …… 続きを読む

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

【銘柄研究】


週末の海外NY株式市場は、反落。
中国海軍が南シナ海公海上で米国の無人水中探査機奪うとの報道で、投資家がリスク回避姿勢強めたと。
原油価格上昇も、全体は週末でもあり売り買い交錯、商いも増加。

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約108億株、過去20日間平均約75億株をと大幅に上回る。

週間ベースでは、ダウは0.4%高、6週続伸(累計10.9%上昇)、
ナスダック総合指数は0.1%安、2S&P500種指数は0.1%安、 …… 続きを読む

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

【銘柄研究】


海外NY株式市場は、続伸。
主要3指数とも連日の史上最高値の更新となっております。
海外株高を受けて米市場でも買いが優勢。
大統領選後の相場上昇局面で出遅れ感があった生活必需品関連などへの買いが午後に勢いを増し、ダウ平均は高値圏で終了。

週間ベースでは、ダウは3.1%高、5週続伸(累計10.4%上昇)ナスダック総合指数は3.6%高、2週ぶり反発、
S&P500種指数は3.1%高、2週ぶりの反発で取引を終えた。

週末9日(S …… 続きを読む

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

【銘柄研究】政府の成長戦略のテーマにも


週末(25日)の海外NY株式市場は、主要3指数そろって最高値更新。
中小型株指数ラッセル2000も最高値更新となっております。

年末商戦が本格化する感謝祭翌日「ブラックフライデー」(黒字の金曜日)で米東部時間午後1時までの短縮取引。
石油輸出国機構(OPEC)総会を来週に控え、減産合意の実現性の不透明感で原油価格が下落、エネルギー関連が売られる。

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は短縮取引のため約29.6億株、過去20日間平均約78億株 …… 続きを読む

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

【銘柄研究】テンバガー候補


週末の海外NY株式市場は反落。
週末でもあり、利益確定優先したとのこととも。
商いも一時から見ると減少してきた。
熱狂というか、混乱というか、売り方の買い戻しというか大騒ぎから、少し冷静になってきたところとも。

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約67億株、過去20日間平均約80億株を下回る。

週間ベースでは、ダウは0.1%高、ナスダック総合指数は1.6%高、S&P500種指数は0.8%高 ともに2週続伸で取引を終え …… 続きを読む

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について

【銘柄研究】


週末の海外NY株式市場は、続落。
ダウ工業株30種平均は7営業日続落、ナスダック総合指数とS&P総合株価指数は9営業日続落。
S&P500の9営業日続落は35年ぶりの続落最長のタイ記録。
1928年以降14度目の9連敗で、とりあえずここまでは来たという感覚も・・・
来週(8日)に迫った米大統領選控え、投資家はリスク回避姿勢続ける。

10月の米雇用統計は、非農業部門雇用者数が16.1万人増と市場予想(17.5万人増)をやや下回るも …… 続きを読む

このコンテンツを閲覧するにはログインが必要です。→ . 会員登録はお済みですか? 会員について