コロ朝プレミアム月額2,940円が年間契約だと10ヶ月分の料金29,400円!!2ヶ月分もお得に♪詳細はこちら

大豆の国際価格が急落

2022年8月17日(水)曇り一時雨

・旭化成 <3407> [終値1035.5円]
2024年度までにデータ分析などの専門知識を持つデジタル人材を21年度の10倍の2500人に増やす。
JFEスチール <5411> [終値1476円]24年度までに21年度より5割増やし600人体制に。
住友化学 <4005> [終値560円]24年度までに研究開発・製造部門のデジタル人材を330人と現状の2倍へ。
NEC <6701> [終値4900円]25年度に1万人と20年度比2倍へ増やす。
不足するデジタル人材は獲得競争が激しく、中途採用も難しい。
リスキリング(学び直し)を通じた自前の人材育成に本腰を入れる動きが広がり始めた。

・中国内陸部の四川省政府が20日まで大半の工場に生産の一時停止を命じる通知を出す。
猛暑で需要が急増した家庭用電力を確保するため計画停電を実施する。
米アップル製品やトヨタ <7203> [終値2121.0円]の工場も含まれ、世界的なサプライチェーン(供給網)に悪影響も。
江蘇省でも電力制限は広がっており、経済を下押しするのは避けられない。

・教育岩盤 漂流する入試(3)公立高に塾が「出前」学校、問われる存在意義
総合型と推薦型が拡大する中、志望理由書の書き方講座など提供する塾・予備校が急増。
「校内予備校」は効率私立問わず増加中。
リソー教育 <4714> [終値312円]10年から事業として始め減z内は子会社が82校に講師らを派遣。
以前は中堅校が多かったが上位校の導入例も出始めた。
安易な外注化が進めば学校の必要性が揺らぐ。学校は自らが責任を負う範囲を主体的に決めなくてはならない。

・政府は新型コロナウイルス対応を巡り、感染者の全数把握を見直す方向で検討。
医師は診断した感染者をすべて保健所に報告、感染者の急増で負担重くなっている。
感染拡大「第7波」のなか、早急に対応策を練る。8月中にも具体的な方向性を決める。

・投資ファンドサード・ポイントが米ウォルト・ディズニーへの攻勢を強めている。
3月までに手放した同社株を改めて取得し、事業再編を求めた。
インターネット動画配信サービスが転機を迎えていることが浮かび上がる。
ディズニーにコスト削減による収益改善を迫っている。
収益性が高い北米で事業基盤を固めることを求めた。

・みずほ銀行 <8411> [終値1578.5円]
日銀 <8301> [終値25300円]に預けている当座預金の一部にマイナス金利が適用されていた。
メガバンクでは半年ぶり。
みずほ銀は市場での運用を減らし、日銀に預け入れる資金を増やしたため、マイナス金利が課せられる。

・中国の製造業大手が米国への輸出拠点としてメキシコへの投資に乗り出している。
中国によるメキシコへの直接投資は2021年に6億630万ドル(約800億円)と前年比76%増、過去最高を更新。
米国と貿易協定を結ぶメキシコに進出することで、米国のトランプ前政権が引き揚げた対中関税を回避するという思惑も。

・政府は新型コロナウイルス対応の見直しを始めた。
医療現場の負担軽減と社会経済活動との両立に向け、季節性インフルエンザ並みの運用に近づける方策を探る。

・中国とロシアが独自の決済網づくりを進めている。
ロシア、プーチン大統領は中国、インドなどと構成する新興5カ国(BRICS)の通貨バスケットを創設する考えを示唆。
ウクライナ危機や米中の緊張が高まる中、
「脱ドル」の取り組みは経済制裁の抜け穴になりかねず、通貨秩序を揺らす可能性もある。

・米投資ファンドの間で未公開株の存在感が低下。
ブラックストーンなど上場大手4社では運用資産に占める割合が2022年6月末時点で平均3割強まで下がる。
年初からの金利上昇や株安で未公開株の価値が目減りし、新規株式公開(IPO)などの「出口」が決まり新規投資を抑えたため。
各社は不動産や保険事業などで収益の分散を急いでいる。

・米有力アクティビスト(物言う株主)のエリオット・マネジメント、
保有するソフトバンクグループ(SBG)<9984> [終値5749円]の株式をほぼ全て売却すると決める。
エリオットがSBG株の保有が判明したのは2020年2月で、当初25億ドル(約3300億円)投じ、21年に大部分を売却。
エリオットはSBGの株価上昇が当面期待しにくいと判断。

・米長期金利は6月をピークに安定した推移が続いている。
税収の上振れなどに伴う国債の発行減に加え、米国外の投資家が米国債を積極的に積み増しているため。
米長期金利の伸び悩みが、世界の株式市場などの好転にもつながっている。

・大豆の国際価格が急落。
15日のシカゴ商品取引所で大豆先物(中心限月)は一時1ブッシェル13.86ドルと前週末比で4.7%下落。
主要消費国である中国で景気減速の懸念が高まり、需要が減少するとの見方が広がった。
米産地で不作への警戒がやや後退したのも売りにつながった。

・原油の国際価格が下落基調を強めている。
指標となるニューヨーク市場のWTI(ウエスト・テキサス・インターミディエート)原油先物の期近物は15日、
1バレル89.41ドルと前週末比3%下落。一時88ドル台後半まで売られ、2月上旬以来の安値を付けた。
中国や米国の景気懸念が改めて強まり、原油需要が抑制されるとの見方が強まった。

・中国で生鮮品の電子商取引(EC)ビジネスが転換期迎える。
5年で5倍という市場拡大受け、約1万4000社が乱立、値下げによる過当競争や配達員不足で参入企業が急減、
テンセント(騰訊控股)が出資する大手は主力サービスの停止に追い込まれた。
一方、アリババ集団傘下のフーマー鮮生は利用者で他社を引き離し、企業の優勝劣敗が鮮明になりつつある。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

8/13(土)【コロ朝セミナー】馬渕治好氏 金融セミナー(ダウンロード)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=2562f809d3e70ff

8/27(土)【コロ朝セミナー】高野恭壽氏&岡本昌巳氏 大阪・夏の陣 2022 (大阪・新大阪)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=562d8fd4768972

9/3(土)【コロ朝セミナー】2022年9月特別編 相場の福の神参上(東京・八丁堀)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=1562eed9fe5499b

・防衛省は来年度から、これまで新領域と位置付けていた宇宙、サイバー、電磁波に
新たに「認知領域」を加え、これらの戦力を組み合わせた「領域横断作戦能力」の構築を目指す方針。
情報収集・発信態勢を強化する。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

8/13(土)【コロ朝セミナー】馬渕治好氏 金融セミナー(ダウンロード)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=2562f809d3e70ff

8/27(土)【コロ朝セミナー】高野恭壽氏&岡本昌巳氏 大阪・夏の陣 2022 (大阪・新大阪)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=562d8fd4768972

9/3(土)【コロ朝セミナー】2022年9月特別編 相場の福の神参上(東京・八丁堀)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=1562eed9fe5499b

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

自己株式消却

シュッピン <3179> [終値1268円]30万株 8/24

シンプレクス・ファイナンシャル・HD <7176> [終値8840円]33万株 8/30

立会外分売

モリト <9837> [終値745円]8/23-26 35万株

—————————————————————————————
(今日の一言)

海外NY株式市場は、まちまち。
好決算を発表した小売大手ウォルマートと住宅用品販売のホーム・デポに買いが入り、
ダウ工業株30種平均とS&P500種株価指数が上昇。
ナスダック総合はハイテク株の下落が重しになった。

上期に大幅下落したS&P500種は、予想以上に好調な米企業決算などを背景に7月から14%近く上昇している。
投資家の間では、金融引き締めを進める米連邦準備理事会(FRB)が
米経済を軟着陸(ソフトランディング)させられるとの見方が広がっている。

フィラデルフィア半導体指数(SOX)は3日ぶり反落。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物相場は米連邦公開市場委員会(FOMC)議事要旨の公表を控えて
様子見気分が広がる中、長期金利の上昇などを背景に続落。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は世界的なリセッション(景気後退)懸念を背景に売りが膨らみ、3日続落。

アップル(-0.09%)グーグル(-0.30%)メタ(旧フェイスブック)(-0.79%)アリババ(-1.65%)エヌビディア(-0.80%)
ネットフリックス(-1.37%)アマゾン・ドット・コム(+1.12%)バイオジェン(-1.23%)バークシャー(+1.26%)
マイクロソフト (-0.26%)ズーム(-3.57%)テスラ(-0.89%)ラッセル2000(-0.04%)HTG(ハイイールドファンド)(-0.47%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約109.2億株、過去20日間平均約109.6億株。

欧州株式市場の主要3指数は上昇。
英独指数は3日続伸、仏株価指数は5日続伸。

16日の東京株式市場で日経平均(-0.01%)はほぼ変わらずながらも3日ぶり反落。
東証株価指数(TOPIX)(-0.15%)も3日ぶり反落。

東証マザーズ(+2.69%)は3日続伸、東証スタンダード市場指数(-0.09%)は3日ぶり反落、
東証グロース市場指数(+2.69%)は3日続伸で終了。

東証プライム出来高は9億6965万株、売買代金は2兆4062億円。

東証プライム騰落数は値上がり790(42%)銘柄、値下がり953(51%)銘柄、変わらず95(5%)銘柄に。

東証スタンダード出来高は2億2120万株、売買代金は1031億円。

東証スタンダード騰落数は値上がり548(39%)銘柄、値下がり651(46%)銘柄、変わらず164(11%)銘柄に。

東証グロース出来高は1億3670万株、売買代金は1722億円。

東証グロース騰落数は値上がり342(71%)銘柄、値下がり116(24%)銘柄、変わらず22(4%)銘柄に。

東証プライム業種別ランキングでは12業種上昇、21業種下落に。
値上がり上位は、その他製品、空運業、サービス業、精密機器、パルプ・紙、不動産業、小売業、食料品、・・・
値下がり上位は、海運業、石油石炭製品、鉱業、非鉄金属、金属製品、保険業、倉庫運輸関連、ガラス土石製品、・・・

東証プライム値上がり上位は、アイスタイル <3660> [現在373円 +80円]レアジョブ <6096> [現在684円 +100円]
リブセンス <6054> [現在247円 +123円]日機装 <6376> [現在1034円 +123円]

値下がり上位は、UMCエレク <6615> [現在463円 -52円]テスHD <5074> [現在1207円 -135円]
ペッパー <3053> [現在278円 -28円]ダイヤHD <6699> [現在1426円 -116円]

三菱UFJ <8306> [現在725.3円 -1.8円]みずほ <8411> [現在1578.5円 -4.0円]三井住友 <8316> [現在4145円 -1円]

野村 <8604> [現在507.1円 -0.5円]大和 <8601> [現在602.8円 -4.2円]

ソフトバンクグループ <9984> [現在5749円 -151円]トヨタ <7203> [現在2121.0円 -11.0円]

日経平均株価はほぼ変わらず。
朝方は、2日間で日経平均が大幅続伸(合計1050円強上昇)したことで短期的な過熱感への警戒から利益確定売りが先行。
前場に2万8752円(前日比118円安)まで値を下げた。
一巡後は、15日の米国株高もあり、先物も買われ、上げに転じて一時2万8928円(同56円高)まで上昇。
その後は売買交錯状態となり、引けにかけて前日終値近辺でもみ合った。

マザーズ指数は、3日続伸。
グロース市場への資金流入が加速しており、時価総額上位銘柄が一斉高。

続きの個別銘柄等は【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

8/27(土)【コロ朝セミナー】高野恭壽氏&岡本昌巳氏 大阪・夏の陣 2022 (大阪・新大阪)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=562d8fd4768972

9/3(土)【コロ朝セミナー】2022年9月特別編 相場の福の神参上(東京・八丁堀)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=1562eed9fe5499b

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】2022年

8/27(土)【コロ朝セミナー】高野恭壽氏&岡本昌巳氏 大阪・夏の陣 2022 (大阪・新大阪)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=562d8fd4768972

9/3(土)【コロ朝セミナー】2022年9月特別編 相場の福の神参上(東京・八丁堀)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=1562eed9fe5499b

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
デイトレード 必勝のソフトウエア

『LINEチャットで銘柄作戦会議』

LINEチャットでデイトレの実践をお見せいたします。

ご自身の投資に何らかの変化があるような気がいたします。

見える景色が変わります!!

感覚が研ぎ澄まされるような・・・

最大5日間「お試し特典」(コロ。の紹介で優遇)

8:30~9:30に相場に貼りつける方は特に有利です

とにかく「すごい!!」です。

異次元の高速回転を「お試し特典」にて確かめてみてください。

詳細・お申し込み⇒ http://www.koronoasa.com/?p=55695
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ヘッジファンド運用助言会社の
ミョウジョウ・アセット・マネジメント
インターネットを通じた新サービスを開始。
http://www.myojoam.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから