光GENJI赤阪容疑者覚せい剤再逮捕

2009年12月30日(水)大納会 西から下り坂。年末年始大荒れとも

・政府、家計の貯蓄に頼って借金を重ねる構図に限界。政府の負債残高膨張家計資産に対する割合は66%に上昇。
 2020年ごろの家計資産を逆転する可能性も。

・日航  <9205> [終値88円]再建巡り公的機関の企業再生支援機構が検討。
 一般取引全面的に保護しつつ会社更生法などの法的整理活用し支援。プレパッケージ(事前調整)型の再建手法。

・世界、不安抱えたまま年越し。

 経済対策7.2兆円策定、日銀10兆円の新たな資金供給応じる。2010年度中デフレ脱却難しい状況。財政健全化の道筋見えず。

 外交、5年間で最大50億ドルの追加支援策打ち出したアフガニスタン支援のみ。
 日米安保、北方領土、「東アジア共同体」北朝鮮問題など難題。

 温暖化、2020年までに1990年比25%減らす中期目標、思惑は空回り。産業界など反発「11年導入に向けて検討」

・新興株式市場の売買代金低迷。2009年国内不安国内主要3市場合計売買代金8兆円下回り、02年以降7年ぶりの低水準。
 金融危機で投資家がリスク取りつらく相対的に財務基盤の弱い新興企業株の売買見送られた。

・米紙ワシントンソフト、米政府当局者らの間で鳩山由紀夫首相「気まぐれ指導者」との見方広がる。

・中国、2010年の銀行融資残高の増加額の目標7兆5000億元(約100兆円)に設定。
 09年「5兆元以上」上回る目標。金融緩和継続する姿勢鮮明に。

・2009年、米国年末商戦での小売売上高、前年同期比3.6%増。日数調整した実質では約1%の微増に。

・住友化  <4005> [終値403円]豪州農薬最大手ニューファームと業務・資本提携に向けた協議始める。
 2010年4月にTOB(株式公開買い付け)など通じニューファームの株式20%取得。筆頭株主となる。 

・日立  <6501> [終値274円]川村会長兼社長「2011年3月期黒字へ」。
 環境・鉄道などの重点事業の強化が収益拡大に現れると強調。

・日立  <6501> [終値274円]カザフスタン、クリスタルマネジメント社からガスタービン3台を受注。受注額40億円。
 今後も受注拡大目指す。

・2009年日本企業がかかわったM&A(合併・買収、資本参加含む)金額ベースで昨年比43%減、約7兆円と6年ぶりに10兆円下回る。
 12月単月では22ヶ月ぶりに前年同月比プラスに転じる。

・正月相場、2009年までの30年間、日経平均の年初5営業日の騰落と年間騰落一致確率73%。
 米国でもS&P500種株価指数過去46年間一致は63%の確率。

・日経平均オプションの個人の取引高は年間で過去最高更新。総売買高も外国人投資家による利用者増で過去最高。

・信用買い残2週連続で減少。1兆4356億円。前週比520億円減。 (日経新聞)

・民主党小沢一郎幹事長資金管理団体「陸山会」2007年小沢氏本人に4億円支出。
 新たな政治資金規正法違反の疑い浮上。

・日航  <9205> [終値88円]再建、企業再生機構プリパッケージ(事前調整)型活用目指すもメガバンク3行法的整理に難色。
 政府内にも慎重論強く、法的整理適用は流動的。 

・日立  <274> [終値円]英国高速鉄道に新型車両を導入するプロジェクトで同国運輸省と年明けにも最終受注契約結ぶ。
 受注総額で最大で1兆円。日本の電車のビジネスチャンス広がる。

・東京海上HD  <8766> [終値2535円]2010年めどに開業インドでの生命保険事業、1万8千店規模の販売代理店網育成(産経新聞)

・デンソー  <6902> [終値2815円]2012年までに電動化対応部品の年間売上高現在の2倍の1000億円に拡大。
 開発要員11年まで煮現在の2倍の600-700人へ増やす。

・古河機械金属  <5715> [終値118円]2010年1月パナマに中南米地域の「開発機械事業」の拠点開設。
 ブラジル、ペルーなど新興国向けの販売強化へ乗り出す。

・氏ニー  <6758> [終値2685円]インターネット介入したサービス開始に向け、世界の直営販売店の運営テコ入れ。
 世界で統一。「新しい楽しみ」体験する場として販売店活用。 (日刊工業新聞) 

—————————————————————————————

(今日の一言)

海外NY株式市場は小幅反落。
ダウ工業株30種平均やナスダック総合指数など7日ぶりのマイナスとなった。
ダウは終日プラス圏になっていたものの引けにかけて下落しマイナスとなった。
とはいえ薄商いで上値下値の幅も36ドル強と小さかった。
寄り付きは続伸して始まっっていた。
年末で市場参加者が細り、株価を押し上げる要因も見当たらないとの声も。

東京市場は小幅続伸となっています。
年末にかけて急進しており、相場過熱感もあり利益確定の売りが出るものの欧米株の高値更新から確りした展開に。

本日は2009年の株式取引の最終日、大納会を迎えます。
今年のゲストはプロゴルファー石川遼くんです。
今年から大納会もシステムの経費上で終日商いとなり、2010年大発会も終日でいよいよ「アローヘッド」登場です。
いつもなら11時で取引終了となり、三々五々慰労会に突入でしたが、今年は「お疲れ様」って帰宅しちゃうんだろうな。
独特な慣習がまた一つ消えてゆきます。

今夜は6時ごろから北浜流一郎さんを囲んでもう10数年も続いている「乙な会」という最後の忘年会、望年会に出かけます。
来年の「出世株」などの語り合いもあります。
毎年「すっぽん」でしたが今回は酒肴を替えるとの事でまた楽しみです。
内容は年末年始にはプレミアムに入れておきます。

本年もありがとうございました。
明日も出かける前に出来たら入れておきますが、二日酔いで無理かもしれませんので本当に御覧いただき感謝しております。
2010年もよろしくお願いいたします。
元旦は身延山にて皆様の2010年大勝利を祈願してきます。

2009年日本企業がかかわったM&A(合併・買収、資本参加含む)金額ベースで昨年比43%減、約7兆円と6年ぶりに10兆円下回る。
12月単月では22ヶ月ぶりに前年同月比プラスに転じる。
日本M&Aセンター  <2127> [終値362000円]GCAサヴィアン  <2174> [終値99000円]2010年は注目されそうです。

乙な会、来年の出世株としての候補で、デジタルガレージ  <4819> [終値161800円]フルスピード  <2159> [終値46400円]
ユニバーサルエンターティンメント  <6425> [終値1152円](旧アルゼ)を挙げてこようかとおもっています・・・

ちなみに昨年は「株のおねぇさん」がお話したブイテクノロジー  <7717> [終値619000円]が2年連続優勝。
コロ。は大日本スクリーン  <7735> [終値415円]で三度目の2位でした。

本年中は本当にありがとうございました。
来年も是非ともよろしくお願いいたします。皆様のご健康も祈願してまいります。

新年は3日に年末年始版を配信する予定です。

  
コロ朝プレミアム記事検索
コード番号や気になる語句を記事ごとに検索してみてください。
 

2010年大岩川源太謹製「投資カレンダー

☆今日の岡本 
 魔界新聞 岡ちゃんの徒然日記。

「元カリスマ証券レディー 雨宮京子の『初心者の株セオリー
という番組を配信する運びとなりました。
「株DJ」を試み、毎回、8分聴けば、株についてはバッチリ!
まずは予告編を聴いてみて下さい。
番組の最後「今日のおまけ」のコーナーが・・・・

本資料は下記記載の<<利益相反に関する開示事項>>に記載のとおり、
株式会社アスリーム(以下(株)アスリーム)が作成しております。

■金融商品取引法に基づく表示事項
本資料をお客様にご提供する金融商品取引業者名等
商号:ニュース証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第138号
加入協会:日本証券業協会

睡眠不足に肥満リスク

<ご投資にかかる手数料等及びリスクについて>

ニュース証券(株)のホームページに記載の商品等にご投資いただく際には、
各商品等に所定の手数料や諸費用等をご負担いただく場合があります。
手数料およびリスクについては、ニュース証券(株)サイトの該当商品等の契約締結前交付書面、
目論見書またはお客様向け資料などを掲載しておりますので、
当該ページをお開きいただき、よくお読みください。
契約締結前交付書面
https://www.news-sec.co.jp/pdf/keiyaku-teiketsumae-shomen.pdf

商号等 ニュース証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第138号
本店所在地 〒150-0011 東京都渋谷区東3-11-10 恵比寿ビル
加入協会 日本証券業協会

<<執筆担当者による宣言>>
当資料の執筆担当者は、本調査資料に表明された(個別企業に関する)見解が、
対象企業が公表する資料及び見解を中立的な立場から要約したものであり、
私自身の分析評価および特定の見解を表明するものでないことをここに証明します。
また私は、本資料で特定内容の要約を行なうことに対する直接的または間接的な報酬は、
過去、現在ともに得ておらず、将来においても得ないことを証明いたします。

<<利益相反に関する開示表示>>
● (株)アスリームはニュース証券(株)との契約に基づき、
ニュース証券(株)への資料の提供を一定期間にわたって定期的・継続的に行なう
業務提携を交わしましたが
本資料に対して個別に対価を得ているものではありません。
また銘柄の選択も(株)アスリーム独自の判断で行なっており、
ニュース証券(株)を含む第三者から銘柄の指定は一切受けておりません。
● 執筆担当者または(株)アスリームと本資料の対象企業との間には、
重大な利益相反の関係はありません。

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。
また株式・債券等の有価証券の投資には<<手数料等およびリスクについて>>
記載したとおり、株価・債券価格等の有価証券価格等の下落や
発行者の信用状況の悪化等により、投資元本を割り込むおそれがあります。
銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様自身の判断で行なうようにお願いいたします。
● 本資料は、信頼できると考えられる情報に基づいて
(株)アスリームが作成したものですが、(株)アスリームは、その正確性、完全性を
保証するものではありません。
本資料に基づき投資を行った結果、お客様に何らかの損害が発生した場合でも、
(株)アスリームは理由の如何を問わず、責任を負いません。
● 本資料に記載された内容は、資料作成時点における判断であり、
予告なく変わる場合があります
本資料に関する一切の知的財産権は、(株)アスリームに帰属します。
お客様は、本資料をお客様自身のためにのみ、お客様限りでご利用ください。
お客様は電子的または機械的な方法を問わず、いかなる目的であれ、
無断で本資料の一部または全部の複製または転送等を行なわないようにお願いいたします。

<<リンクについて>>
●本メールマガジンにはリンク、バナー等によってニュース証券(株)
及び(株)アスリーム以外の第三者が運営するホームページに移動する、
あるいはニュース証券(株)及び(株)アスリーム以外の第三者が
運営するホームページが表示される場合がありますが、
ニュース証券(株)及び(株)アスリームは
これら第三者ホームページのアドレスおよび内容の正確性、信頼性等について
なんら保証するものではなく、
これら第三者ホームページの利用により生じたいかなる損害等に関しても、
ニュース証券(株)及び(株)アスリームは一切の責任を
負いかねますのでご了承ください。

———————————————————————–
ニュース証券株式会社 金融商品取引業者 関東財務局長(金商)第138号
 〒150-0011 東京都渋谷区東3-11-10 恵比寿ビル
mail: info@news-sec.co.jp
URL : http://www.news-sec.co.jp/

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS             
  〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5         
mail: office@koronoasa.com 
URL : http://koronoasa.com/
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから