みずほ、米エアビーアンドビーと提携


2017年7月18日(火)くもり 本日新聞休刊日

・韓国国防省は17日、北朝鮮に南北軍事境界線がある板門店の北朝鮮側で軍事会談の21日開催を提案。

・台湾衛生福利部(厚生省)は17日、日本産牛肉の輸入を解禁する方針を明らかに。
生後30カ月以下の牛の肉に限定、特定部位除く。

・17日のロンドン外国為替市場で円相場は反落。
英国時間16時時点では、前週末14日の同時点と比べて10銭円安・ドル高の1ドル=112円70~80銭に。
午後遅くにかけてドルの買いが強まり、円売り・ドル買いに転じた。
朝方は米利上げ観測の後退などで円買い・ドル売りが優勢で始まった。
米国勢が参加した午後遅くになってドルを買い戻す動きが活発になった。
円の対ユーロ相場は反落。
同50銭円安・ユーロ高の1ユーロ=129円30~40銭だった。対ドルでの円売りの流れが対ユーロにも波及。

・岸田文雄外相は17日、国連本部で開かれている「持続可能な開発目標(SDGs)」に関するハイレベル政治フォーラムに出席。
「教育、保健、防災、ジェンダー分野を中心とした国際協力に、2018年までに10億ドル(約1130億円)規模の支援を実施する」

・米連邦準備理事会(FRB)は17日、BNPパリバと同社の米関連会社に2億4600万ドル(約275億円)の制裁金を科すと発表。
外国為替関連の取引で「危険で不健全な慣行があった」とした。

・米ニューヨーク連邦準備銀行が17日発表した7月の製造業景況指数は前月より10.0ポイント低下、9.80に。
2年9カ月ぶりの高水準となった前月(19.8)から揺り戻し、ダウ・ジョーンズ市場予測(15.0程度)を下回る。

・みずほ銀行 <8411> [終値201.0円]民泊仲介大手の米エアビーアンドビーと業務提携。
みずほ銀の取引先で地方に社宅などを多く持つ企業を紹介し、民泊の受け皿拡大を支援。
空き家解消と地方経済の活性化につなげる。
みずほ銀が出資するIT(情報技術)新会社のブルーラボ(東京・港)とエアビーアンドビーの3社で決済分野でも協力を模索。

・農林中央金庫が今夏、投資信託などを通じた個人向けの資産運用ビジネスをテコ入れする。
JAグループ全体の貯金は100兆円の大台を突破し「日本最大のヘッジファンド」の異名も取るが、
世界的な金利低下で従来型の運用に限界があり、投信を通じた資産運用で手数料を稼ぐ。
グループの農林中金全共連アセットマネジメントや農中信託銀行などと連携し、
長期運用を目的とした新商品の早期投入を目指す。
目標に掲げてきた貯金100兆円を達成したJAにとって、5%の資金が投信に振り替わるだけでも5兆円のマネーが動く。
公募投信全体の残高は100兆円で、農業マネーのインパクトに期待する声もある。

・欧州連合(EU)統計局が発表した6月のユーロ圏消費者物価指数(CPI)改定値は前年比1.3%上昇し、
速報値および市場予想と一致。伸びは4月の1.9%、5月の1.4%から鈍化。

・中国国家統計局、第2・四半期の国内総生産(GDP)は、前年同期比6.9%増と予想をわずかに上回った。
伸び率は第1・四半期と同じ。鉱工業生産と消費が上向いたほか、投資が引き続き堅調となった。

・米連邦準備理事会(FRB)が発表した6月の鉱工業生産指数は前月比0.4%上昇し、上昇率は予想の0.3%を上回った。
上昇は5カ月連続。鉱業が堅調だったことに加え、製造業がプラスに転じたことが押し上げ要因に。

・欧州連合(EU)は17日、ブリュッセルで外相理事会を開き、
北朝鮮が4日に大陸間弾道ミサイル(ICBM)を発射したことを強く非難する総括文書を採択。

・トルコ国会は17日、昨年7月のクーデター未遂事件を受けて発令された非常事態宣言を19日から3カ月延長することを承認。
延長は今回で4回目。
同国では非常事態宣言下で、これまでに公務員ら5万人以上が逮捕され、15万人以上が解雇・一時停職処分を受けた。

 

ここから【コロ朝プレミアム】
詳細はこちらまで⇒  http://info.koronoasa.com/

・政府が4月以降、中国政府に対し複数回にわたり北朝鮮に対する原油やガソリンなど石油製品の輸出規制求めていたことが判る。
中国側から明確な回答はなかったという。

・共同通信社15、16両日に実施した全国電話調査、安倍晋三内閣支持率は続落、前回6月比9.1ポイント減の35.8%に。
2012年第2次安倍政権発足後で最低を記録。不支持率は10ポイント増、53.1%。支持と不支持が逆転した。

・東京電力HD <9501> [終値464円]ダイキン工 <6367> [終値11820円]大阪大などの研究チームが、
人工知能(AI)を使って24時間態勢でインフラ施設点検できる技術を開発している。
2020年度に世界初の実用化目指す。

・東芝 <6502> [終値231.6円]進める半導体子会社「東芝メモリ」の売却について、
工場の共同運営する米ウエスタンデジタル(WD)が差し止めを求めている訴訟で、
米カリフォルニア州の上級裁判所は14日、初の審問開く。
結論持ち越し、次回の審問は28日に開かれる。
東芝は「28日の審問までに売却決めないことに同意する」と発表。

 

・放射性物質を使った核テロを防ぐため、空港の手荷物検査で核物質を検知する装置や、
結晶構造などが個々に異なっている核物質の「指紋」(特徴)をデータ登録して不正な拡散防ぐ技術を、
日本原子力研究開発機構(茨城県)開発へ。

・上院共和党13日、トランプ大統領が公約する医療保険制度改革(オバマケア)改廃に向けた法案の新たな素案発表。
素案には早くも党内から異論噴出し、先行きは不透明。

・環境省14日、南米原産の強毒アリ「ヒアリ」が横浜港で700匹超見つかる。
500匹が働きアリ、さなぎと幼虫もそれぞれ100匹超確認され、女王アリもいるとみられる。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
詳細はこちらまで⇒  http://info.koronoasa.com/

週末の【銘柄研究】の検証(2017.6.11)です。
http://blog.livedoor.jp/kabucoro/archives/52086168.html

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり売り気配になる場合も
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

第三者割当

ジャパン・フード&リカ― <2538> [終値49円]4255万3200株 47円 8/1 割当先 アスラポート・ダイニング

株式分割

ライク <2462> [終値3220円]8/31  1株→2株

富士山マガジン <3138> [終値2682円]8/31  1株→2株

ファーストブラザーズ <3454> [終値1671円]8/31   1株→2株

シーティーエス <4345> [終値1430円]7/31  1株→2株

立会外分売

日宣 <6543> [終値2519円]7/21-24 3万1400株

新規公開株

銘柄  コード  市場   発行株数  公募価格 主幹事証券 注目度

7/19 ユニフォームネクスト 3566 マザ―ズ  230,000株 2,800円  野村他 注目度 B

事業内容:業務用ユニホームの通信販売

7/20 ジェイ・エス・ビー 3480  東2  518,300株 3,200円 三菱UFJ他 注目度 B

事業内容:学生向け物件を中心とした不動産賃貸管理事業、高齢者住宅事業およびその他の事業
7/20クロスフォー 7810  JQS  1,725,000株 730円 みずほ他 注目度 B

事業内容:ジュエリー・アクセサリーの開発・製造・販売

—————————————————————————————

(今日の一言)

17日の米株式市場はほぼ横ばい。
ダウ工業株30種平均は5営業日ぶりに反落。

ダウとS&P500種株価指数は一時最高値更新。
ナスダック総合株価指数は小幅ながら7日続伸。
材料不足の1日だったとも・・・

週末からの2日間では、ダウは76.63高、ナスダックは40.00高、S&P総合500種は11.31高となっております。

アップル(+0.35%)グーグル(-0.27%)フェイスブック(-0.15%)アリババ(-0.40%)エヌビディア(-0.42%)
ネットフリックス(+0.36%)アマゾン・ドット・コム(+0.82%)バイオジェン(+0.66%)ドイツ銀(-0.12%)
ラッセル2000(+0.19%)HTG(ハイイールドファンド)(+0.03%)NBI(バイオテクノロジー株指数)(-0.37%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約51.6億株、過去20日間平均約65.1億株を下回る。

欧州株式市場の主要3指数はまちまち。
英国FT100種株価指数は3営業日ぶり反発、独仏株価指数は2営業日続落。
ギリシャ(アテネ総合)株価指数(+0.19%)、イタリア(MIB)株価指数(-0.03%)で終了。

週末14日の東京株式市場で日経平均株価は2日続伸。
東証株価指数(TOPIX)は3日ぶり反発。
東証1部出来高は20億4329万株、売買代金は1兆9963億円。
東証1部騰落数は値上がり1,241(61%)銘柄、値下がり635(31%)銘柄、変わらず147(7%)銘柄に。

東証マザーズは3日続落、日経ジャスダック平均は8日ぶり反落、東証2部は2日続落で終了。

週間ベースでは、日経平均株価は1.0%高、東証株価指数(TOPIX)1.1%高、ともに3週ぶり反発。
東証マザーズ指数は1.0%高、2週ぶり反発、日経ジャスダック平均は0.9%高、4週続伸(累計2.3%上昇)、
東証2部指数は0.4%高、4週続伸(同3.2%上昇)で終了。

日経平均株価は日足で見ると、アイランドリバーサルが続いています。

アイランドリバーサルとは、株価のテクニカルチャート(ケイ線、ローソク足)において、
ギャップ(窓)を空けるように株価が上(または下)にジャンプした後に再度、
下(または上)側にギャップを空けジャンプして戻る値動きをすることでき、離れ小島のように見える部分のこと。
一般に、下落トレンドからの底入れや上昇トレンドでの天井にあたる相場の転換点を示唆する動きとして捉えられることが多い。

上げきれず、かといって下落には下支えが入っているような展開が続いています。
ただ、下値は切り上がっていますので、今の状況では上げに多少優位性があるようにも見えます。
7/7の安値1万9856円を下回らないことが注目も・・・

一方マザーズ指数は週間ベースでは2週ぶり反発も、上値が重たいような絵面にもなっております。

続きの個別銘柄等は【コロ朝プレミアム】に掲載済
詳細はこちらまで⇒  http://info.koronoasa.com/

週末の【銘柄研究】は【コロ朝プレミアム】に掲載済
詳細はこちらまで⇒  http://info.koronoasa.com/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝プレミアム】価格改定のお知らせ
現行1カ月2940円(税込み)1ヵ年29400円(同)
http://www.koronoasa.com/?p=38228
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬渕治好の世界から見た株式金融市場

2018年に向けての世界経済・市場展望。

国内株式市場は、全体論から個別論へ

ビデオダウンロード(後払い)ですぐにご覧いただけます。

講師:馬渕治好 (ブーケ・ド・フルーレット代表)

2017年7月15日(土)開催

https://www.directform.info/form/f.do?id=4327
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】8月特別篇 株式セミナー

2017年7月29日(土)開催14:30~15:50(開場14:20)

ハロー貸会議室日本橋室町 相場の福の神参上

8月の相場展望と有望注目銘柄。

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

https://www.directform.info/form/f.do?id=4311
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
岡本昌巳氏VS大魔神氏 株式セミナー 恒例の大阪夏の陣 2017

『20年連続!? 8月に開催 日本で最も長く続いている大阪株式セミナー』

「秋相場、みんなで宝物を掘り出すぞ」

2017年8月19日(土)開催 14:10~15:50(開場14:00)

ビデオダウンロード(後払い可能)でもご覧いただけます。

詳細・お申込み⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4292
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して朝8時前後に配信しております。
ディトレード、スイングトレードの種があなたのピックアップを待っております。
詳細はこちらまで⇒  http://info.koronoasa.com/

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

週末の【銘柄研究】の検証(2017.6.11)です。
http://blog.livedoor.jp/kabucoro/archives/52086168.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝NEWS】をメール(無料)にてお届けいたします。
https://www.directform.info/form/f.do?id=308
『コロ朝メールマガジン登録』で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。
また株式・債券等の有価証券の投資には<<手数料等およびリスクについて>>
記載したとおり、株価・債券価格等の有価証券価格等の下落や
発行者の信用状況の悪化等により、投資元本を割り込むおそれがあります。
銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様自身の判断で行なうようにお願いいたします。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
———————————————————————–