外国為替市場でドル独歩高


2018年7月14日(土)晴れ 酷暑 坂本彰氏株式セミナー開催

・西日本を襲った記録的豪雨から13日で1週間。
専門家は今後も同規模水害が起こるリスク指摘。国や自治体は、事前の避難で被害を最小化する「ソフト防災」掲げるが、
気象庁の「大雨特別警報」は浸透していなかったことが判明、住民への情報伝達に課題残す。

・厚生労働省、2019年春から導入する残業時間の上限規制で、
原則上限である月45時間超えて残業させる場合、社員の健康守る対策を定めることを企業に義務付ける。

・金融庁13日、顧客に負担強いる不適切な融資繰り返したとして、
コンコルディアFG <7186> [終値504円]傘下の東日本銀行に対し業務改善命令出す。
経営責任の明確化や内部管理体制の抜本的な強化など求める。

・総務省13日、2017年の就業構造基本調査、25~39歳の女性のうち働く割合が75.7%と過去最高更新した。
人手不足に拍車がかかる中、企業が短時間勤務など多様な働き方認めて、育児世代の女性採用。
ただ非正規で働く女性の3割超は、税優遇の縮小など意識して働く時間調整している実態も浮き彫りになった。

・世界に大大国の米国と中国が6日、
お互いに340億ドル(約3.8兆円)相当の輸入品に高関税かけあい、貿易戦争の火ぶた切られて1週間。
10日にはトランプ米政権はさらに2000億ドル分の関税リスト公表。
世界経済に悪影響もたらす兆しも。
米車直撃、テスラモデルS「在庫切れたら、約14万元(約240万円)値上げ」。「中国で売れない」。
中国労働者「仕事させろ」専門家は250万人の雇用に悪影響が出ると試算。

・日米両政府は16日、満30年の期限迎えた日米原子力協定を自動延長する。
延長後は日米いずれかが通告すれば6カ月後に破棄できる「非常に不安定」(河野太郎外相)な状態となる。
期限定めた協定改定ではなく自動延長選んだのは、自国にも再処理認めるよう求める韓国など国際社会への配慮が透ける。

・中国企業の本土市場での新規株式公開(IPO)が急減。
上海・深圳市場への上場社数は2018年1-6月に前年同期比で75%減と大幅に落ち込んだ。
米国との貿易摩擦による景気悪化懸念から株式相場が急落するなか、
当局が市場の需給悪化などを避ける狙いでIPOを抑制した公算が大きい。

・外国為替市場でドル独歩高の様相強まっている。
米国発の貿易摩擦は当初、「米景気の下押し要因となる」としてドル売り誘っていたが、市場の動きは反対になってきた。
関税引き上げで安い中国製品の輸入が細り、「米国の国内物価には上昇圧力がかかる」との説。
そうなると、米連邦準備理事会(FRB)は利上げペースを加速させ、ドル高を促す要因となる。
貿易上の力関係も注目。制裁合戦になれば輸入量で上回る米国の方が「攻め手」は豊富。
「最後は米国が貿易戦争に勝ち、ドルの優位性が高まる」とも。
日本が本格的に巻き込まれた際の影響も材料視されている可能性がある。
日本の輸出に大きな打撃となり、貿易収支の悪化が避けられない。
この結果、日米間のマネーフローが大きく変化し、円売り要因になるとの見立てだ。
「いったん円買い・ドル売りに動いたものの、予想外の値動きを受けてドルの買い戻しを迫られたトレーダーも多い」と。
米中貿易摩擦の行方や経済への影響はまだ見通し切れず、市場も不安定な動きが続く可能性がある。

・東急電鉄 <9005> [終値1835円]やゆうちょ銀 <7182> [終値1270円]、横浜銀 <7186> [終値504円]などは13日、
駅の自動販売機から現金を引き出せる日本初のサービス始めると発表。
スマートフォン(スマホ)の画面を券売機にかざすと利用でき、2019年春にも東急線の各駅での提供開始目指す。
横浜銀行がGMO-PG <3769> [終値13760円]と共同開発したスマホ決済サービス「銀行Pay」の仕組み活用。

・トランプ米大統領は13日、ロンドン郊外英首相別荘でメイ首相と会談。
両首脳は新たな2国間通商協定の締結目指すことで一致、通常の同盟よりも深い「特別な関係」の強化で一致した。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年7/12)
http://www.koronoasa.com/?p=42837

・花王 <4452> [終値8329円]13日、グループの化粧品事業で、2025年12月期に4千億円以上の売上高目指す方針明らかに。
17年12月期の事業売上高は約2700億円、ブランドの選択と集中進め、年5%以上の成長持続する。

・ホンダ <7267> [終値3292.0円]パナソニック <6752> [終値1427.5円]13日、
インドネシアで12月から、電動二輪車使用した着脱式蓄電池のシェアサービスを試験的に始める。
利用者は電池の残量が少なくなると最寄りの充電ステーションで充電済みの電池と交換する仕組み。

・13日の東京株式市場は、外国為替市場の円相場が約半年ぶりの円安・ドル高好感して、日経平均株価は大幅続伸。
約3週間ぶりの高値で、終値(2万2597円35銭)の上げ幅(409円39銭)は今年4番目。一時500円を超える場面もあった。

・中国税関総署13日、
貿易統計で今年上半期(1-6月)の対米貿易黒字は1337億ドル(約15兆円)となり、前年同期比13.8%増加。
対米黒字の増加傾向に歯止めかからず、貿易不均衡の是正求めるトランプ米政権との通商摩擦が一層過熱する恐れも。

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年7/12)
http://www.koronoasa.com/?p=42837

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

第三者割当

ユナイテッド&コレクト <3557> [終値3165円]13万6900株 2920円 7/31 割当先 アサヒビール 宝酒造

株式分割

大和コンピューター <3816> [終値1253円]7/31  1株→1.1株

ファイバーゲート <9450> [終値3345円]8/31  1株→2株

公募・売り出し価格

ケネディクス・レジデンシャル <3278> [終値170400円]8万2100口

GA technologies <3491> [IPO]2510円

バンク・オブ・イノベーション <4393> [IPO]960円

—————————————————————————————

(今日の一言)

週末の海外NY株式市場は、小幅ながらも続伸。
ナスダック総合指数は伸び悩みも最高値を連日の更新。
S&P500種指数は終値で2/1以来、5カ月ぶりの高値水準に(年初来で4.8%上昇)。
米銀大手はさえなかったものの、貿易摩擦激化懸念で売られたボーイングやキャタピラーなど上昇。
企業決算期待が下支えしているようなところも。

アップル(+0.16%)グーグル(+0.45%)フェイスブック(+0.19%)アリババ(-0.07%)エヌビディア(-0.76%)
ネットフリックス(-4.28%)アマゾン・ドット・コム(+0.91%)バイオジェン(+0.24%)バークシャー(+0.53%)
ラッセル2000(-0.19%)HTG(ハイイールドファンド)(+0.00%)NBI(バイオテクノロジー株指数)(+0.15%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約53億株、過去20日間平均約66億株を下回る。

週間ベースでは、ダウは2.3%高、2週続伸(累計3.1%上昇)、
ナスダック総合指数は1.8%高、2週続伸(同4.2%上昇)S&P500種指数は1.5%高、2週続伸(同3.1%上昇)で取引を終えた。

欧州株式市場の主要3指数は続伸。
企業決算期待が相場を押し上げた。
ギリシャ(アテネ総合)株価指数(+1.26%)、イタリア(MIB)株価指数(+0.47%)と上昇。

週末13日の東京株式市場で日経平均(+1.85%)は2日大幅続伸。
東証株価指数(TOPIX)(+1.19%)も2日続伸。
NT倍率が13.6となり、過去最大。ちょっと振れ過ぎのような感覚もあり、注意も必要なところも・・・

東証マザーズ(+0.66%)、日経ジャスダック平均(+0.23%)は2日続伸、東証2部(+0.70%)は3日ぶり反発で終了。

東証1部出来高は12億7836万株、売買代金は2兆5472億円。
東証1部騰落数は値上がり1,547(73%)銘柄、値下がり473(22%)銘柄、変わらず80(3%)銘柄に。

業種別ランキングでは業種上昇、業種下落に。
値上がり上位は、サービス業、繊維、精密機器、化学、ガラス土石、電気機器、その他製品、非鉄、・・・
値下がり上位は、石油石炭、電気・ガス。

東証1部値上がり上位は、Olympic <8289> [現在1257円 +237円]Gunosy <6047> [現在1726円 +300円]
古野電気 <6814> [現在964円 +150円]コスモス薬品 <3349> [現在25620円 +3860円]

値下がり上位は、トウキョウベース <3415> [現在701円 -150円]IDOM <7599> [現在506円 -100円]
セラク <6199> [現在751円 -102円]インテリックス <8940> [現在847円 -95円]

3メガバンク三菱UFJ <8306> [現在638.3円 +4.3円]みずほ <8411> [現在188.9円 +0.9円]
三井住友 <8316> [現在4287円 +11円]

週間ベースでは、日経平均株価は3.7%高、東証株価指数(TOPIX)2.3%高、ともに4週ぶりの反発。
東証マザーズ指数は2.1%高、日経ジャスダック平均は1.8%高、東証2部指数は1.4%高、それぞれ4週ぶりの反発で終了。

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年7/12)
http://www.koronoasa.com/?p=42837

週末の【銘柄研究】【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】坂本彰氏 独演会(東京・八重洲)

2018年7月14日(土)14:30~16:50開催(開場 14:15)

おかげさまで【満員御礼!!】

ビデオダウンロード(料金後払い)ではご覧いただけます。

「株で成功するための投資ノウハウ&有望株情報」

現物投資のみで億利人達成できます!!

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4528

前回セミナーを期間限定で無料ダウンロードできます。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式投資セミナー 大魔神氏&アポロ氏 2018年 7月

2018年7月21日(土)14:20~16:50 開催(開場 14:10)

『2018年夏は大相場も 波乱含みながら面白い!!』

チャート分析は一生ものです!!

ビデオダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細は⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4543
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】8月特別篇 藤本誠之氏登壇(東京・茅場町駅前)

2018年8月4日(土)開催14:30~16:50(開場 14:15)

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

8月の相場展望と有望注目銘柄。

お申し込み・詳細は⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4546
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
株式セミナー 岡本昌巳VS大魔神 大阪・夏の陣 2018(大阪・新大阪)

2018年8月18日(土)13:30~16:00開催(開場 13:15)

『20年連続!? 8月に開催 日本で最も長く続いている大阪株式セミナー』

「秋相場、みんなで宝物を掘り出すぞ」

新大阪 東口 丸ビル 新館 300号(35名限定)

ビデオダウンロードでもご覧いただけます。

お申し込み・詳細は⇒ https://www.directform.info/form/f.do?id=4547
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して朝8時前後に
配信しております。
ディトレード、スイングトレードの種があなたのピックアップを
待っております。
詳細はこちらまで⇒ http://www.koronoasa.com/info/

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年7/12)
http://www.koronoasa.com/?p=42837
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝NEWS】をメール(無料)にてお届けいたします。
https://www.directform.info/form/f.do?id=308
『コロ朝メールマガジン登録』で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。
また株式・債券等の有価証券の投資には<<手数料等およびリスクについて>>
記載したとおり、株価・債券価格等の有価証券価格等の下落や
発行者の信用状況の悪化等により、投資元本を割り込むおそれがあります。
銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様自身の判断で行なうようにお願いいたします。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから