ペルセウス座流星群が見ごろ


2018年8月10日(金)くもり

・米国をけん引役に、世界の企業業績が拡大。
米主要企業2018年4-6月期純利益(金融含む全産業)前年同期比2割強増加。
大型減税や好景気を両輪に、資源や金融など幅広い業績が稼ぐ。
4-6月期は日本やアジア、欧州も1~2割の増益に。
米中貿易摩擦で18年後半は予断許さない状況とも。

・2018年4-6月期の純利益が大きい世界の主要企業
1位バークシャー・ハザウエイ(米)純利益120億ドル 増減率2.8倍
2位アップル(米)115億ドル 32%
3位サムスン電子(韓)102億ドル 32%
4位東芝 <6502> [終値333円]93億ドル 微減
5位マイクロソフト(米)88億ドル 20.2倍
10位トヨタ <7203> [終値6990円]60億ドル 7%

・日経新聞社集計、国内上場企業の4-6月期の純利益(金融含む)増益率、2割超。
半導体子会社の巨額の売却益得た東芝 <6502> [終値333円]除くベースでも1割を上回る。
ソニー <6758> [終値6153円]最高益更新。
キーエンス <6861> [終値63720円]画像処理センサーなど伸び、17%増益。

・東京ガス <9531> [終値2676.5円]九州電力 <9508> [終値1245円]千葉県袖ケ浦市で新設計画している
火力発電所の燃料について、これまでの石炭から液化天然ガス(LNG)に転換する検討へ入る。
LNGは石炭に比べて燃料価格が高くなるため、経済性と温暖化対策の兼ね合いを慎重に判断する。

・政府、アジアやアフリカ諸国を支援し、途上国で経済関連の公的統計整備へ。
まず2019年までにネパールとエジプトで、日本の専門家を派遣し企業業績や家計に関する先進国並みの精度の統計を構築。
アジア・アフリカでは中国がインフラ開発で存在感発揮する。

・経済産業省と国土交通省、送電線や鉄塔を点検するドローン(小型無人機)の開発と運用の環境整える。
大手電力11社も持つ点検ノウハウをまとめ、ドローン開発会社と共有。
将来は人工知能(AI)を使い、送電線の点検や改修を無人化目標。

・景気をけん引してきた設備投資の伸びがやや緩やかに。
日本工作機械工業会(日工会)9日、7月の工作機械受注実績(速報値)前年同月比13.0%増、1510億円。
20カ月連続前年上回る。ただ、2018年1月まで5カ月続いた4割台の伸びに比べやや鈍る。
内閣府同日発表、機会受注見通しも7-9月期は前期下回る。
高水準は続くが、一部で貿易戦争の影響心配する声も。

・サウジアラビアの人権状況をカナダが批判したことをきっかけに両国の対立が深まっている。
サウジはカナダと新たな貿易や投資の取引停止を決め、前面対立も辞さない構え。
外国企業の間で、サウジの強硬な外交姿勢に「サウジ・リスク」を心配する声が広がる。
実験握るムハンマド皇太子が旗を振る改革に悪影響及ぼしかねず。

・スズキ <7269> [終値6944円]マツダ <7261> [終値1327.0円]ヤマハ発 <7272> [終値2820円]3社は9日、
新車の出荷前の品質管理検査でルール逸脱する不適切対応していたと発表。
乗用車メーカー8社のうち5社で不適切問題表面化。「高品質」信頼揺らぐ。
トヨタ <7203> [終値6990円]ホンダ <7267> [終値3381.0円]ダイハツ(トヨタ傘下)今のところ問題なし。

・国土交通省、自動車メーカーの相次ぐ不適切な検査の発覚受け、
メーカーに対し、検査記録の保存や、記録の書き換え防ぐシステムの導入など対策求める方針。

・日米両政府は9日午後(日本時間10日未明)閣僚級の貿易協議(FFR)の初会合開く。
米は日本の農産品の市場開放念頭に自由貿易協定(FTA)交渉入り主張するとみられる。
日本は環太平洋経済連携協定(TPP)復帰促すが、協議は難航も予想される。
9月に開く見込みの首脳会談までに一定の合意目指す。

・厚生労働省9日、2017年の雇用動向調査、転職に伴って賃金が増加した人の比率が36.2%となり、前年比0.9ポイント上昇。
04年以降で2番目に高い水準。「1割以上増加した」が2.6ポイント増、25.7%と4人に1人。

・世界の仮想通貨交換業者が2018年に入り、地中海の島国マルタ共和国に相次ぎ拠点を移し始めた。
税率が低い租税回避地であり、国を挙げて仮想通貨業の育成・誘致する方針であることが理由。
今や一日当たりの取引量は世界最大。規制網から外れた世界が急拡大。

・スルガ銀 <8358> [終値927円]個人向け融資に急ブレーキ。
2018年4-6月期個人ローン実行額は162億円となり、前年同期比で85%減。
シェアハウス投資トラブルで新規融資抑えた。不良債権額は6月末で3月末比2倍近くに増加。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

2018年週末の【銘柄研究】検証(2018年7/12)
http://www.koronoasa.com/?p=42837

・高校や中学のクラブ活動中に熱中症で死亡する生徒の4人に1人が野球部員との調査結果、全体の25.44%の37人。
特に高1に被害が多く。ついでラグビー部17人、柔道部16人、サッカー部14人、剣道部11人、山岳部9人。

・8日の外国為替市場で、ロシア通貨ルーブルが一時、1ドル=65.4ルーブルまで下落。
2016年11月以来1年9カ月ぶりの安値水準。
対ユーロでも1ユーロ=76ルーブル台まで売られた。
米国で対ロシア制裁強化する法案の準備が進んでいることが要因。

・真夏の夜を彩る「ペルセウス座流星群」が見ごろ迎える。
11~14日は月明かりの影響がなく観察のチャンス。条件が揃えば1時間に40個ほどみられる可能性も。
13日未明が観測のピーク、12日夜と13日夜、14日未明も適している。

 

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

株式分割

日本ドライケミカル <1909> [終値2319円]9/30  1株→2株

GMO-PG <3769> [終値12530円] 9/30  1株→2株

フジマック <5965> [終値2002円]9/30   1株→2株

鎌倉新書 <6184> [終値3635円]8/31   1株→4株

—————————————————————————————

(今日の一言)

海外NY株式市場は、
好決算を好感する買い物と、貿易摩擦を巡る懸念が重荷となって、綱引きしてるような展開。

アップル(+0.79%)グーグル(+0.28%)フェイスブック(-1.13%)アリババ(-0.19%)エヌビディア(-0.76%)
ネットフリックス(+0.50%)アマゾン・ドット・コム(+0.64%)バイオジェン(-0.91%)バークシャー(+0.08%)
ラッセル2000(+0.24%)HTG(ハイイールドファンド)(-0.07%)NBI(バイオテクノロジー株指数)(-0.13%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約59億株、過去20日間平均約63億株を下回る。

欧州株式市場の主要3指数はまちまち。
独仏株価は2営業日ぶり反発。
ギリシャ(アテネ総合)株価指数(-0.45%)、イタリア(MIB)株価指数(-0.72%)と続落。

9日の東京株式市場で日経平均(-0.20%)は2日続落。
東証株価指数(TOPIX)(-0.26%)も2日続落。

東証マザーズ(+0.08%)は3日続伸、
日経ジャスダック平均(-0.11%)、東証2部(-0.74%)はそれぞれ2日ぶり反落で終了。

日米通商協議控え、商いも少なめで、模様眺めてきな展開。
決算が好感されたような銘柄も多いながらも、朝方高くて値を消す銘柄も多く・・・

東証1部出来高は13億1009万株、売買代金は2兆1833億円。
東証1部騰落数は値上がり849(40%)銘柄、値下がり1,157(54%)銘柄、変わらず98(4%)銘柄に。

業種別ランキングでは9業種上昇、24業種下落に。
値上がり上位は、化学、水産・農林、空運、パルプ・紙、その他製品、ゴム、サービス業、・・・
値下がり上位は、石油石炭、建設、非鉄、輸送用機器、鉱業、その他金融、不動産、証券商品、・・・

東証1部値上がり上位は、T&Gニーズ <4331> [現在2008円 +372円]テイカ <4027> [現在2821円 +499円]
ゲオHD <2681> [現在1717円 +300円]宮地エンジ <3431> [現在2340円 +400円]

値下がり上位は、ニチイ学館 <9792> [現在1003円 -258円]オリジン電 <6513> [現在1861円 -469円]
新晃工 <6458> [現在1607円 -300円]イソライト <5358> [現在627円 -99円]

3メガバンク三菱UFJ <8306> [現在676.7円 -3.3円]みずほ <8411> [現在197.0円 -0.2円]
三井住友 <8316> [現在4426円 -1円]

経済産業省と国土交通省、送電線や鉄塔を点検するドローン(小型無人機)の開発と運用の環境整える。
大手電力11社も持つ点検ノウハウをまとめ、ドローン開発会社と共有。
将来は人工知能(AI)を使い、送電線の点検や改修を無人化目標。

オプティム <3694> [終値3340円]も絡んできそうな・・・

続きの個別銘柄等は【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

本日は、午後から出かけますので、お昼からの配信は出来なくなります。
大変申し訳ございません。
その後の配信は、12日の日曜日からになります。
どうぞよろしくお願いいたします。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】2018年

8/18(土) 岡本昌巳氏VS大魔神氏 大阪夏の陣 (大阪・新大阪)
https://www.directform.info/form/detail.do?id=4547

8/25(土) 【コロ朝セミナー】坂本慎太郎(Bコミ)氏 独演会 (東京・日本橋室町)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4561

9/8(土)  【コロ朝セミナー】hinaさん初見参 (東京・日本橋室町)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4564

9/15(土)  【コロ朝セミナー】9月特別篇 相場の福の神参上(東京・茅場町駅前)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4575

9/22(土) 【コロ朝セミナー】馬渕治好氏 特別講演会(東京・日本橋室町)
https://www.directform.info/form/f.do?id=4576

10/6(土)  【コロ朝セミナー】10月特別篇 相場の福の神参上(東京・茅場町駅前予定)

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
岡本昌巳氏 渾身の執筆
新刊「40年稼ぎ続ける投資のプロの 株で勝つ習慣」ダイヤモンド社
https://honto.jp/netstore/pd-book_28530556.html
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。
また株式・債券等の有価証券の投資には<<手数料等およびリスクについて>>
記載したとおり、株価・債券価格等の有価証券価格等の下落や
発行者の信用状況の悪化等により、投資元本を割り込むおそれがあります。
銘柄の選択、投資判断の最終決定は、お客様自身の判断で行なうようにお願いいたします。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから