人手不足が生む成長銘柄

2019年12月1日(日)曇り

・人手不足が生む成長銘柄 プロ人材仲介・効率化支援・・・最前線を探る。
ライク <2462> [終値1708円]これまで携帯キャリア販売店向けの人材派遣に強みを持ち業績を伸ばしてきた。
次の成長策として狙いを定めるのは、外国人人材。
今年4月の改正出入国管理法の施行を受けて新たにできた在留資格「特定技能」を持つ外国人の受け入れを始めた。
来春以降は他の介護会社に人材を紹介できるよう体制を整える。
2月末から足元までのライクの株価上昇率は70%を超えた。

・人手不足が生む成長銘柄 プロ人材仲介・効率化支援・・・最前線を探る。
戦後最長の景気拡大と少子高齢化に伴い、日本の人手不足は慢性化という新局面に入っている。
総務省の人口推計によると、6/1時点で15~64歳の生産年齢人口は7517万人と、この10年間で7.9%減った。
将来人口推計では生産年齢人口は29年に7000万人を、56年には5000万人を下回る見込み。
30年には労働需要に対して644万人分の労働供給が不足する見通し。
特にサービス、医療福祉、小売り、製造業で大幅な人手不足が予想される。

・人手不足が生む成長銘柄 プロ人材仲介・効率化支援・・・最前線を探る。
人手不足をどう乗り越えるかという葛藤は、一方で新ビジネスを生む。
人材関連銘柄ンついて「成長基調にあり全体として買いだ」との声も。
単純な労働力ではなくプロの人材への需要も高まっている。
WDBホールディングス <2475> [終値2574円]再生医療などの市場が拡大するバイオ・化学産業向けの派遣に強い。
理化学研究所派遣では3割のシェアを持つ最大手で、大手企業のほか東京大学など学術研究機関とも取引しており、
20年3月期は6年連続で経常最高益となる見通し。

・人手不足が生む成長銘柄 プロ人材仲介・効率化支援・・・最前線を探る。
人材を意味するHuman Resource(ヒューマン・リソース)とテクノロジーを掛け合わせた「HRテック」企業も存在感を増す。
アトラエ <6194> [終値3735円]従業員のアンケートを基に働く環境を点数化するサービスを提供。
不満が生じている項目を浮かび上がらせることで、顧客企業は人材流出防止策を講じることができる。

・人手不足が生む成長銘柄 プロ人材仲介・効率化支援・・・最前線を探る。
製造現場の省人化支援も大きな商機。
安川f電機 <6506> [終値4020円]安全柵なしで人と並んで作業ができる「人協働ロボット」の開発に力を入れる。
自動車や機械関連部品など大きな製品を生産する工場での採用が期待できる。

・人手不足が生む成長銘柄 「労働力の提供+α」を競う。
人材ビジネスが労働市場で果たす役割は大きい。求職者と企業の橋渡しでなく、衰退分野から成長分野へ人の移動を促す。
人材各社は単純な労働力の提供から一歩踏み出し、専門人材や外国人の派遣などビジネスの高付加価値化を進めている。

・人手不足が生む成長銘柄 「労働力の提供+α」を競う。
市場関係者が注目する主な人材関連企業
メイテック <9744> [終値5790円]自動車・電子部品メーカー向けにハイエンド人材を派遣 年初来騰落率 29.7%
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済  http://www.koronoasa.com/info/

・人手不足が生む成長銘柄 「労働力の提供+α」を競う。
人材の活用 HRテックに期待
HRテックの主な銘柄
アトラエ <6194> [終値3735円]アンケートに答えることで従業員の熱意の度合いを点数化
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済  http://www.koronoasa.com/info/

・Focus 長期投資 同族企業がねらい目?
創業家は上位株主や取締役として経営に携わる「同族企業」。長期戦略と素早い経営判断による経営効率の高さが強み。
同族企業を対象にした投資信託も好成績を収めており、長期投資の対象として検討する価値がある。
サントリーBF <2587> [終値4750円]清涼飲料大手 10年前比株価上昇率 1.5倍
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済  http://www.koronoasa.com/info/

・イノベ企業ファイリング ホープ <6195> [終値8410円]
自らを「地方自治体に特化したサービス業」と称し、広告や無料情報誌など多様な「BtoG(行政)」サービスを提供。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済  http://www.koronoasa.com/info/

・昭和電工 <4004> [終値2923円]が大胆な賭けに出る。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済  http://www.koronoasa.com/info/

・MARKETS STOCK 出遅れ新興株に個人の買い 4カ月ぶりに日経平均の上昇率上回る。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済  http://www.koronoasa.com/info/

・MARKETS FOREX ドル円相場、米中にらみ膠着
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済  http://www.koronoasa.com/info/

・MARKETS COMMODITY 銅価格、上昇続かず
産業に幅広く用いる銅がおよそ3週ぶりの高値を付けた。
鉱石生産で世界最大のチリで反政府デモが長引き、これを手掛かりにした買いが優勢だった。
ただ、香港情勢をめぐり、米中が対立を強めると相場はたちまち下落。
軟調な相場が続いている。

・MARKETS 仮想通貨
インターネット上の暗号資産(仮想通貨)ビットコインの相場は下落。
情報サイトコインディスクによるとドル建て価格は日本時間11月29日時点で1ビットコイン=7500ドル近辺と、
前の週末(7600ドル程度)をやや下回る。
25日には6500ドル台と約半年ぶりの水準まで下げる場面があった。
中国当局による規制を警戒した売りも重荷だった。

・ランキング:12月期決算で予想配当利回りの高い好業績企業
1位ジェイエイシイ <2124> [終値2089円]予想配当利回り3.82% 専門職や幹部級人材の紹介事業が好調
2位アルプス技研 <4641> [終値1789円]3.74% 人材需要の拡大が追い風
3位日本エスコン <8892> [終値980円]3.57% 不動産好調
7位横浜ゴム <5101> [終値2255円]2.74% 本業の不振、不動産で補う
10位ヒューリック <3003> [終値1231円]2.47% 業績堅調で10期連続増配
19位大塚HD <4578> [終値4774円]2.09% 自社開発薬が販売好調

・読者が選ぶ注目企業 ここが知りたい 野村総研 <4307> [終値2309円]異業種と続々新会社
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済  http://www.koronoasa.com/info/

・世界株式番付:先週の世界の株式相場は主要25の株価指数のうち9指数が上昇。

上位1位オーストラリア週間騰落率1.93% 2位スイス1.19% 3位インド1.08% 4位日本0.78% 5位米国0.63% 13位中国▲0.46%
下位25位南アフリカ▲2.76% 24位マレーシア▲2.20% 23位メキシコ▲1.61% 22位インドネシア▲1.45% 21位ポーランド▲1.34%

・ソフトバンクグループ(SBG)<9984> [終値4253円]米シェアオフィス大手「ウィーワーク」の救済に取り組む中、信頼の危機に直面。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済  http://www.koronoasa.com/info/

日経ヴェリタスを含め、日経新聞、日経産業新聞、日刊工業新聞
そして産経新聞を元証券マンの目でいいとこ取り!?
ディトレード・スイングトレードの種が満載。市場の噂も好評です。
忙しい朝の時間と手間の短縮と費用の縮小に『コロ朝プレミアム』
こちらをクリック  http://www.koronoasa.com/info/

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから