膨張中国 マネー呑み込む


2021年3月28日(日)晴れ

・膨張中国 マネー呑み込む 米中逆転迫る、紅い市場との付き合い
「中国は今や消費やイノベーションで世界のリーダーだ」。米投資ファンド、カーライル・グループのキュー孫・リー最高経営責任者(CEO)1月、
約2800億ドル(約30兆円)を運用するカリフォルニア州教職員退職年金基金(カルスターズ)の委員会で断言。
同基金が長期的に年7%のリターンを実現するには「より高い成長が予想される世界に進出する以外に選択肢はない」として中国への投資拡大を訴えた。

・膨張中国 マネー呑み込む 米中逆転迫る、紅い市場との付き合い
国際通貨基金(IMF)、中国の2021年の経済成長率が8.1%に達し、米国(同5.1%)や日本(同3.1%)を大きく上回るとみる。
巨大な成長力という「磁力」は、世界の投資マネーを引き付けている。

・膨張中国 マネー呑み込む 米中逆転迫る、紅い市場との付き合い
中国が28年にも国内総生産(GDP)で米国を超える。
英シンクタンク経済ビジネス・リサーチ・センター(CEBR)は米中経済の逆転時期を5年前倒しした。
中国が「世界一の経済大国」になれば、投資マネーの流入は一過性でなく、息長く続く可能性もある。

・膨張中国 マネー呑み込む 米中逆転迫る、紅い市場との付き合い
「米中逆転」を先取りする動きもみられる。外国企業による工場新設や企業M&A(合併・買収)。
これらの金額を集計した体内直接投資額で、中国は20年に1630億ドルと前年比4%増え、1340億ドルと半減した米国を抜きトップに。
特に米国企業は、中国の「成長の果実」を手に入れようと必死。

・膨張中国 マネー呑み込む 米中逆転迫る、紅い市場との付き合い
「日本や欧米の機関投資家の対中投資への許容度は上がっている」との指摘。
拡大の一途をたどる中国投資だが、リスクは否めない。
昨年11月、アリババ集団傘下の金融会社アント・グループの香港国家安全維持法上場が土壇場で延期に。
アリババ、テンセント(騰訊控股)など大手IT(情報技術)企業は独占などを理由に、当局から圧力をかけられ続けている。
世界の市場を駆け巡る「昇り龍」に、投資家はどう対峙すればよいのか。

・膨張中国 マネー呑み込む  遠のく民主主義 近づく市場
香港の選挙制度の見直し、大手IT企業への規制強化・・・。
中国国内では反民主の風圧が強まっている。
一方、猛烈な勢いでっ成長する中国経済は2028年にも名目国内総生産(GDP)で米国を追い抜け可能性がある。
投資マネーは猛然と中国に流れ込むが、そこに危うさはないのか。
習近平国家主席、敵対なら圧力辞さず。アリババ馬氏を「粛清」、テンセント(騰訊控股)も規制の手。
貧困撲滅勝利宣言、今年は2ケタの見方も。

・膨張中国 マネー呑み込む  遠のく民主主義 近づく市場
リスクを摘もうとする姿勢も鮮明。
中長期の金利を高めに誘導し、海外からの資金流入を促すのは15年の人民元ショックから学んだ教訓。
1ドル=7元を大きく超える元安は習指導部にとってリスクに他ならない。
習氏が入念に用意した35年までのロードマップ。だが、その後については考えを避けているようにも見える。

・膨張中国 マネー呑み込む 金融市場、海外資金の流入加速 株式投資額20兆円、「持たざるリスク」意識
日米欧に先んじて、経済の正常化が進む中国の金融市場には、海外マネーの流入が加速。
海外投資家の多くは、香港と中国を結ぶ相互取引(ストックコネクト)を活用して中国本土株に投資する。
20年は2089億元(約3兆5000億円)の買越だった。
「段階的な投資規制の緩和を受けて、世界の投資家は成長が期待できる中国株の『持たざるリスク』を強く意識している」との指摘。
中国国内には複数の株式市場が存在し、それぞれ特徴が異なる。
代表的な株価指数である上海総合指数は国有銀行など金融の構成比率が3割弱に上るなど旧来型の業種が多い。
「科創板」や深セン証券取引所の「創業板」にはIT(情報技術)やヘルスケア関連の新興企業が上場。
投資家の注目を集め、深セン創業板指数は20年に6悪超も上昇。

・膨張中国 マネー呑み込む 再生エネ・酒造・AIに成長期待
中国株の上昇率ランキング
1位英科医療科技 上場市場深セン 医療用ゴム手袋など製造 株価上昇率1563.6%
2位無錫上機数控 上海 太陽光発電用設備・部品 587.2%
3位陽光電源 深セン 太陽光発電用設備・部品 584.6%
4位錦浪科技 深セン 太陽光発電用設備・部品 471.1%

・日銀 <8301> [終値38200円]の政策修正、値嵩株直撃。
上場投資信託(ETF)をはじめとした資産購入の方法を見直ししたことなどで、日経平均株価は19~24日の4営業日で約1800円下落。
25~26日の日経平均は反発し、市場の「初期反応」はひとまず収まったが、
市場における日銀の存在感が高まるなか、市場関係者は政策修正の影響に目を凝らしている。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・Focus 局所バブルの予兆 過去に学ぶ
米国株相場が依然、高値圏にある。大型財政出動と金融緩和による上げ潮ムードも根強い。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・Focus 局所バブルの予兆 過去に学ぶ
現在:ロビンフッド・レディット騒動 過去:財テク・住宅投資ブーム
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・Focus 局所バブルの予兆 過去に学ぶ
現在:英グリーンシル破綻 過去:サブプライムローン不良債権化
運用実態隠しリスク放散
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・Focus 局所バブルの予兆 過去に学ぶ
崩壊起きるパターンは?過度な楽観と引き金に焦点。
想定されるバブル崩壊のパターン
【インフレ】コロナ対応の財政拡大や金融緩和を背景に株式や不動産で資産インフレが加速。個人の財テクも過熱。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・米バイデン新政権はトランプ前大統領の厳しい対中路線を継続している。
中国海洋石油(CNOOC)に続き、米株式市場で上場廃止になる中国企業が増えそう。
トランプ前政権が制裁対象にした中国企業の大半は国有企業だが、小米(シャオミ)の例は民間企業でも対象になるリスクを示している。

・イノベ企業ファイリング そーせいグループ <4565> [終値1903円]新薬の開発を手掛ける創薬ベンチャー。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・ユーグレナ <2931> [終値1062円]ミドリムシ由来の夢のバイオジェット燃料で航空機が飛ぶ日が来る。
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・ここが知りたい メイテック <9744> [終値6170円]エンジニア派遣 人材争奪戦の勝算
※詳細はコロ朝プレミアムに掲載済 http://www.koronoasa.com/info/

・ランキング:日経平均株価3万円を付けた後も上昇した銘柄ランキング
1位セレス <3696> [終値4560円]期間騰落率 52.21% 時価総額578億円 PBR(株価純資産倍率)8.44倍
2位川崎汽船 <9107> [終値2558円]44.07% 2463億円 1.49倍 輸送量増→運賃急騰が追い風に
3位日立造船 <7004> [終値917円]41.82% 1593億円 1.33倍
10位楽天 <4755> [終値1332円]34.05% 2兆1346億円 3.33倍 郵政と提携 EC・携帯に相乗効果
12位コシダカHD <2157> [終値609円]29.49% 545億円 2.45倍 カラオケ店舗拡大に期待感

・MARKET 配当・優待狙いの売買活発
3月期末を目前に控え、配当や株主優待の権利取りを狙った売買が活発になっている。
日経平均株価は24日までの4営業日で1800円超下落したが、投資家の買い意欲は健在だった。
配当や優待の権利落ちを迎える30日以降も、
トヨタ <7203> [終値8359円]が4月に取得・消却する「第1回AA型種類株」の5000億円近くもも待機資金が相場を下支えするとの期待もある。
22~26日の週は期末配当の権利取りを狙った売買が活況だった。

日経ヴェリタスを含め、日経新聞、日経産業新聞、日刊工業新聞
そして産経新聞を元証券マンの目でいいとこ取り!?
ディトレード・スイングトレードの種が満載。市場の噂も好評です。
忙しい朝の時間と手間の短縮と費用の縮小に『コロ朝プレミアム』
こちらをクリック http://www.koronoasa.com/info/

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから