ロシア対ドイツ戦勝記念日

2022年5月9日(月)曇りのち雨 新聞休刊日 水星逆行(5/10~6/3)

・米連邦準備理事会(FRB)が22年ぶりに0.5%の大幅利上げに踏み切った。
「量的引き締め」も開始して、大慌てでインフレ退治に挑む。
米国では複合要因で物価が上昇しており、金融政策は特効薬ではない。
それでも引き締め加速に動くのは、3兆ドル(約390兆円)規模の過剰マネーを早期回収して
「銀行システムの過熱」を防ぐ必要があるからだ。

・FRBは3月にゼロ金利を解除して、5月4日の米連邦公開市場委員会(FOMC)では0.5%の利上げを決断した。
政策金利の引き上げ幅は0.25%が一般的。
パウエル議長は次回会合でも0.5%の利上げに踏み切ると示唆し、異例の「倍速利上げ」でインフレ退治を急ぐ。

・米欧日など主要7カ国(G7)の首脳は8日、ウクライナのゼレンスキー大統領を招き、
同国への支援やロシアへの追加経済制裁についてオンラインで協議した。
共同声明でG7としてロシア産石油の輸入禁止に取り組むと表明した。
米国は取引禁止や輸出規制などの経済制裁を強化する。

・ロシアが第2次世界大戦の対ドイツ戦勝記念日を9日に迎えるのにあたり、
一定の「戦果」を示そうと攻勢を強めている可能性がある。
節目の日を前にG7として結束を示す狙いがある。
議長国ドイツのショルツ首相は8日公表の談話で「侵略者と戦うウクライナを支援する」と強調し、ロシアへの圧力を強めた。

・共同声明は「ロシア産石油の段階的な輸入停止か禁止など、ロシア産エネルギーへの段階的な依存脱却に取り組む」と明記。
欧州連合(EU)のフォンデアライエン欧州委員長は4日、年内に停止する案を公表した。
米国や英国、カナダは表明済みで、G7として明確に打ち出す。

・トヨタ <7203> [終値2276.0円]のインド法人であるトヨタ・キルロスカ・モーターは7日、
同国での脱炭素対応にグループ合計で480億ルピー(約810億円)を投じると発表。
インド政府がEV(電気自動車)の普及を図るなか、
すでに生産拠点のある南部カルナタカ州で電動車部品の製造などに取り組んでいくという。

・ANAホールディングス(HD) <9202> [終値2585.5円]2023年3月期に3期ぶりの最終黒字転換を目指す。
国内線需要の回復と並んで業績改善を支えるのは新型コロナウイルス下で進めたコスト削減。
原油高などの逆風下で同社は欧米の大手と比べてコストの再膨張を抑えている。
一方、身をかがめながらコロナ後の需要を機動的に獲得できるかという課題も浮かぶ。

・米テスラ最高経営責任者(CEO)のイーロン・マスク氏は7日、ツイッターへの投稿で
「当たり前のことをいうようかもしれないが、出生率が死亡率を上回るような変化がない限り、
日本はいずれ存在しなくなるだろう」と述べた。
かねて世界の出生率の低下傾向に警鐘を鳴らしてきた同氏だが、日本に言及するのは珍しい。
テスラは電気自動車(EV)向けの電池でパナソニック <6752> [終値1167.0円]と提携するなど、日本との関わりが深い。
マスク氏は「世界にとって大きな損失となるだろう」と付け加えた。

・米連邦準備理事会(FRB)の金融引き締めで米長期金利の上昇が加速。
長年、金利の天井となってきた経済の実力に見合う「中立金利」の上限を突破し、
米株式をはじめ世界の市場を巻き込んで混乱を生んでいる。
6日の米債券市場では4月の雇用統計がインフレ懸念を誘い10年物国債利回りは3.14%台と2018年11月以来の高さになった。
30年債も3.2%台と同年12月以来の水準をつけた。

– ロシアのプーチン大統領は、第2次世界大戦の対ナチス・ドイツ勝利を祝う5月9日の戦勝記念日に西側諸国に対し
「終末の日」を示唆する警告を発すると見込まれている。
対独戦勝記念日では首都モスクワにある赤の広場でプーチン氏が演説する予定。
その後、軍隊、戦車、ロケット、大陸間弾道ミサイルなどのパレードが実施される。

・米長期金利が5日のニューヨーク市場で一時、3.1%台に上昇。
米連邦準備理事会(FRB)の利上げ加速だけでなく、中国の厳しい新型コロナウイルス対応や
ロシアによるウクライナ侵攻の長期化など世界の供給サイドを制約する材料が目白押しになっていることが大きく影響。
このまま米長期金利がじりじりと上がれば、0.25%で日本の長期金利を抑え込んでいる日銀の金融政策と相まって
円安が一段と進展しそうだ。

・ロシアのプーチン大統領は8日、第2次大戦で当時のソ連がナチス・ドイツの侵略に打ち勝ったことを祝う9日の
対ドイツ戦勝記念日を前に旧ソ連諸国の首脳や国民にメッセージを送り、
「人々に戦争の災禍をもたらしたナチズムの復活を許さないことが共通の義務だ」と強調した。ロシア大統領府が発表。

・土日に行ったJNNの世論調査、新型コロナウイルスの水際対策について
「緩和すべき」と思う人が48%、「緩和すべきではない」と思う人が38%。
日本の水際対策をめぐっては岸田総理は6月には他の主要7カ国並みに円滑な入国が可能となるよう大幅に緩和する考えを表明。
全国18歳以上の男女2462人、有効回答1223人(49.7%) 。

ここから【コロ朝プレミアム】に掲載
http://www.koronoasa.com/info/

5/28(土)【コロ朝セミナー】岡本昌巳氏 東京・新緑の陣 2022(東京・八丁堀)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=6862383448bd31f

6/4(土)【コロ朝セミナー】2022年6月特別編 相場の福の神参上(東京・八丁堀)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=936275dbe705694

6/17(金)~20(月)石垣島株式セミナーツアー 2022 岡本昌巳氏
https://www.directform.jp/form/f.do?id=8562318c82288a6

※記事の後ろの記号は、◎(好材料大)〇(好材料)▲(悪材料)×(悪材料大)など。
ただし、好材料も目先買い物が強すぎるとか、織り込み済みの場合は寄り付き後売られたり、売り気配になる場合も。
同様に悪材料も同じような状況になる場合もございますので注意が必要です。

—————————————————————————————

第三者割当

日本電波工業 <6779> [終値1216円]10万2600株に確定

株式併合

オリエンタルコーポ <8585> [終値127円]10/1  10株→1株

スパークス・グループ <8739> [終値260円]10/1  5株→1株

自己株処分

ジョイフル本田 <3191> [終値1569円]333万8040株 処分日5/20

ヒロセ電機 <6806> [終値16690円]94万8853株 処分日5/11

—————————————————————————————

(今日の一言)

海外NY株式市場は、続落。
米連邦準備理事会(FRB)がインフレ抑制に一段と積極的な利上げを行わざるを得なくなるとの懸念が重しになっている。

ハイテク銘柄が多いナスダック総合株価指数は終値ベースで2020年以来の安値を更新。
週間ベースでの下落は5週連続と、12年第4・四半期以来最長となった。
S&P500種株価指数も5週連続で下落。11年第2・四半期以来最長となった。

労働省が発表した4月の雇用統計は、非農業部門雇用者数が前月比42万8000人増と市場予想を上回る堅調な伸びとなり、
米経済のファンダメンタルズが依然堅調である可能性が示された。

フィラデルフィア半導体指数(SOX)は続落。

ニューヨーク商品取引所(COMEX)の金先物相場は小幅続伸。

ニューヨーク商業取引所(NYMEX)の原油先物相場は続伸。

アップル(+0.47%)グーグル(-0.93%)メタ(旧フェイスブック)(-2.17%)アリババ(-4.85%)エヌビディア(-0.90%)
ネットフリックス(-3.90%)アマゾン・ドット・コム(-1.40%)バイオジェン(-3.76%)バークシャー(+0.06%)
マイクロソフト (-0.94%)ズーム(-4.42%)テスラ(-0.87%)ラッセル2000(-1.69%)HTG(ハイイールドファンド)(-0.56%)
(米国株の下落の予兆は小型株やハイイールドファンドからの資金流出から始まる傾向もあり価格追加)

3市場(NYSE、MKT、ナスダック取引所)出来高は約134.9億株、過去20日間平均約121億株。

週間ベースでは、ダウは0.2%安、6週続落(累計5.6%下落)、
ナスダック総合指数は1.5%安、5週続落(同14.8%下落)、S&P500種指数は0.2%安(同9.3%下落)で取引を終えた。

欧州株式市場の主要3指数は下落。
小売り株やテクノロジー銘柄が売られる。

6日の東京株式市場で日経平均(+0.69%)は2日ぶり反発。
東証株価指数(TOPIX)(+0.93%)も2日ぶり反発。

東証マザーズ(-2.48%)は4日続落、東証スタンダード市場TOP20(-0.19%)は2日続落、
東証グロース市場Core指数(-3.34%)は4日続落で終了。

東証プライム出来高は14億9856万株、売買代金は3兆4359億円。
東証プライム騰落数は値上がり1,279(69%)銘柄、値下がり510(27%)銘柄、変わらず49(2%)銘柄に。

東証スタンダード出来高は1億9880万株、売買代金は680億円。
東証スタンダード騰落数は値上がり722(51%)銘柄、値下がり490(34%)銘柄、変わらず141(10%)銘柄に。

東証グロース出来高は1億0288万株、売買代金は1069億円。
東証グロース騰落数は値上がり157(33%)銘柄、値下がり288(62%)銘柄、変わらず17(3%)銘柄に。

東証プライム業種別ランキングでは29業種上昇、4業種下落に。
値上がり上位は、鉱業、電気・ガス業、石油石炭製品、空運業、銀行業、陸運業、卸売業、機械、・・・
値下がり上位は、サービス業、情報・通信業、その他製品、証券商品先物。

東証プライム値上がり上位は、東電HD <9501> [現在530円 +74円]アドウェイズ <2489> [現在913円 +126円]
TOA <6809> [現在773円 +70円]NISSHA <7915> [現在1521円 +132円]

値下がり上位は、KeePer技研 <6036> [現在2417円 -280円]NFブラジル株 <1325> [現在208.8円 -21.9円]
資生堂 <4911> [現在5500円 -563円]マネーフォワード <3994> [現在3885円 -395円]

三菱UFJ <8306> [現在779.5円 +23.3円]みずほ <8411> [現在1591.5円 +24.5円]三井住友 <8316> [現在3972円 +102円]

野村 <8604> [現在497.9円 -2.9円]大和 <8601> [現在635.2円 +0.1円]

ソフトバンクグループ <9984> [現在5170円 -120円]トヨタ <7203> [現在2276.0円 +48.0円]

日経平均株価は2日ぶり反発。
朝方は、米インフレ懸念を背景に5日の米国株式市場で主要3指数が急落した流れを受け、売り優勢で始まった。
一時、2万6543円(前営業日比275円安)まで下落。
一巡後は円安を支えに切り返し、前引け近くに上げに転じ、高値で引けた。

後場も堅調で、高値2万7072円(同254円高)まで上昇。
引けも2万7000円を辛うじて維持。バリュー(割安)株中心に堅調だった。

マザーズ指数は、4日続落。メルカリ <4385> [現在2141円 -188円]が大きく売られ、指数を押し下げた。

東京市場は米国株安などを乗り越えてプラス浮上したが、グロース株人気は低迷を続けておリ、物色の蚊帳の外。

東証グロースcore指数は安値を更新。

週間ベースでは、日経平均株価は、0.6%高、2週ぶり反発、東証株価指数(TOPIX)は0.9%高、2週ぶり反発。
東証プライム市場指数は0.9%高、2週ぶり反発。
東証マザーズ指数は2.9%安、5週続落(累計15.0%下落)、東証スタンダード市場指数は0.4%高、2週ぶり反発、
東証グロース指数は2.8%安、4週続落(指数発表以降同14.1%下落)
東証REIT指数は0.9%高、2週ぶり反発で終了。

マザーズ指数とグロース指数といった成長(グロース)株の多い指数が下げ止まりませんが、
そろそろといったようなところにも・・・

今週は決算発表がピークの週となります。
2023年3月期の見通しが注目も、これだけ集中すると・・・

乱高下もありそうですが、徐々に落ち着いてくるのではないかとも思われます。

続きは【コロ朝プレミアム】に掲載済
http://www.koronoasa.com/info/

週末は【銘柄研究】配信中⇒ http://www.koronoasa.com/blog/?p=10293

5/7(土)【コロ朝セミナー】2022年5月特別編 相場の福の神参上(ビデオダウンロード)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=886276ea55d3f47

5/14(土)【コロ朝セミナー】馬渕治好氏 株式セミナー (東京・八丁堀)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=16237cdc5c18ad

5/21(土)日本テクニカルアナリスト協会理事のテクニカルセミナー(東京・八丁堀)
https://www.directform.jp/form/f.do?id=996243ff1feabe4

今週は決算発表で乱高下もありそうですが、頑張っていきましょう!!

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
馬渕治好の世界から見た株式金融市場(東京・八丁堀)

2022年5月14日(土) 開催

今後の世界経済・市場展望

講師:馬渕治好 (ブーケ・ド・フルーレット代表)

会場:東京都中央区八丁堀3-17-16 セントラル京橋三立ビル別館 703

ビデオ・ダウンロード(後払い可能)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.jp/form/f.do?id=16237cdc5c18ad
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
日本テクニカルアナリスト協会理事のテクニカルセミナー(東京・八丁堀)

2022年5月21日(土)14:30~16:50開催(開場14:15)

『移動平均線分析の実践的な活用方法』

投資家心理と個別有望注目銘柄解説。

会場 東京都中央区八丁堀3-17-16 セントラル京橋三立ビル別館703

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.jp/form/f.do?id=996243ff1feabe4
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】岡本昌巳氏 東京・新緑の陣 2022(東京・八丁堀)

2022年5月28日(土)収録

ようやく新しい相場が始まった

<相場は暴落、底入れ、上昇の繰り返し>

リアル価値のある企業に投資する時代に!

みなさん友だち銘柄を解説

会場:東京都中央区八丁堀3-17-16 セントラル京橋三立ビル別館 703

ビデオ・ダウンロード(後払い可能)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.jp/form/f.do?id=6862383448bd31f
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝セミナー】2022年6月特別篇 藤本誠之氏登壇(東京・八丁堀)

2022年6月4日(土)開催 14:20~16:50(開場 14:10)

6月の特別講演会

米株市場の波乱はどこまで・・・

株式市場相場展望と有望注目銘柄 企業訪問強化中

厳しい中でも有望銘柄見つけます!!

ダウンロード(料金後払い)でもご覧いただけます。

お申し込み・詳細⇒ https://www.directform.jp/form/f.do?id=936275dbe705694
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
夢の南の島 石垣島での株式セミナー 2022

2022年6月17日(金)~20日(月)2泊3日もしくは3泊4日

講師 岡本昌巳氏 藤本誠之氏

豪華賞品争奪 コロ。1グランプリ開催

1等商品 約25万円相当

2等商品 約13万円相当 3等商品 約6万円相当 その他アリ

詳細・お申し込み⇒https://www.directform.jp/form/f.do?id=8562318c82288a6
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
経済紙業界紙ベースの「キラッ!」と光る記事を探して朝8時前後に
配信しております。
ディトレード、スイングトレードの種があなたのピックアップを
待っております。
詳細はこちらまで⇒ http://www.koronoasa.com/info/

【コロ朝プレミアム】銀行振込みフォーム
https://www.directform.jp/form/f.do?id=1845

ザラ場の「独り言」始めました。
http://www.koronoasa.com/blog2/?p=361

2021年 週末の【銘柄研究】検証(2021年9/20現在)
http://www.koronoasa.com/?p=53765
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
【コロ朝NEWS】をメール(無料)にてお届けいたします。
https://www.directform.info/form/f.do?id=308
『コロ朝メールマガジン登録』で。
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
「ヘッジファンド運用助言会社の
ミョウジョウ・アセット・マネジメント
インターネットを通じた新サービスを開始。
http://www.myojoam.net
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
ゴールデンウィークキャンペーン
ビデオダウンロード(2022年5/22まで)
2021年~22年2月までのセミナービデオ、
1本500円で、まとめて見放題は3000円

http://www.koronoasa.com/?p=55555
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

<<(株)アスリーム免責事項>>
● 本資料は、投資判断の参考となる情報の提供を唯一の目的としており、
特定の銘柄について投資勧誘を目的にしたものではありません。
本資料言及した銘柄や投資戦略は、投資に関するご経験や知識、
財産の状況および投資目的が異なるすべてのお客様に、一律に適合するとは限りません。

———————————————————————–

株式会社アスリーム
INTERNET MEDIA OF INVESTMENT NEWS
〒169-0075 東京都新宿区高田馬場2-14-5

URL : http://koronoasa.com/
【問い合わせ】http://www.koronoasa.com/?page_id=30
———————————————————————–

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから

記事の続きはコロ朝プレミアムで!

コロ朝プレミアム入会はこちらから